シニア暮らしは風の吹くまま、気の向くまま

年金をもらいつつ、仕事は少し、遊びはたくさんの楽しい
シニア暮らしを目指して、極楽とんぼ的な老後を構築中

花火の写真は難しい

2016年11月01日 | 日々の風の吹くまま
11月1日(火曜日)。曇りのち晴れのち雨。きのうはとうとう10月の雨の日数が28日になっ
て新記録達成。1ミリも雨が降らなかった日はたったの3日で、それも私たちがいなかった
間。つまり、私たちがいた日は全部雨が降ったということで、まあ、何とも暗い月。でも、ハロ
ウィンの夜には雨が上がって、あっちこっちで花火や爆竹がバンバン。カメラをバルコニー
に持ち出したけど、カナダデイや大晦日の公式の花火と違って、家の庭や公園からてんで
に打ち上げられるもので、270度いつどこから上がるかわからない。東を向いて、あっ、あ
そこっ、とパチリ。南を向いて、あっ、あっちっ、とパチリ。西の方も、北の方も・・・。

気温は8度くらい。手がかじかんで来るは、体の中までずんずんと冷えて来るは。まあ、家
の中のTシャツ1枚だけのままで飛び出したからなんだけど、おかげでカメラがぶれて、ピン
ボケ写真の連続。しまいにジャケットを羽織ってみたけど、上がって来る花火を待っている
間は何とも寒い、寒い。新しいカメラの連続シャッター機能を試してみたりして、ゆうに100
枚以上撮ってまともな花火らしく写っていたのは20枚もあるかないか。プライベートな花火
はこの日1日だけ許可を取れば認められることに(一応)なっているせいか、9時半を回る頃
にはさすがに地平線のどこを見渡しても上がって来るのがまばらになったけど、爆竹の音
は夜中近くまでしつこく続いていた。

     
     
     
     
     ハロウィン的・・・
     
     じゃまっけな雨雲の名残・・・

さて、ハロウィンも終わって、今日から11月。2016年も残すところあと2ヵ月になってしまっ
た。お隣のアメリカではまだ「大統領選挙」という4年に1度の(オリンピックみたいな)お祭り
イベントが終わってないし、月末には民族大移動を引き起こす「感謝祭」という、もしかした
らアメリカ最大の年中行事が残っているけど、北のカナダは今日からもうクリスマスに向け
てまっしぐらかな。ほんと、時の足はますます俊足になるばかり・・・。

ま、ぼやいてみてもしょうがないから、今日からは気合を入れて普通の日常のリズムに乗ら
なくちゃ。ランチのアイリッシュシチューを仕込んで、ほこりを払って、掃き掃除をして、モップ
がけをして、夕食にフライにするカキを解凍して・・・ついでに怒りん坊のハロウィンかぼちゃ
もフライにして食べちゃおうっと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピーターバンたちの世界 | トップ | 豪邸に閉じこもって育つと »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モズライト)
2016-11-03 21:00:43
こんばんわ~
普通は花火を見上げるのに
見下ろしてますね 視界のいいこと
花火は難しく苦手。

隣の国の大統領選 酷いものですね
日本の隣国の大統領も酷い事になっています。
Unknown (lyra)
2016-11-04 14:42:00
モズライトさん、こんばんは。奥胎内の秋景色の写真、とってもきれいですね。

視野がほぼ270度あるのはこういうときに便利ですよね。一般人が買って打ち上げられるものなので、花火大会の大きな花火玉と違って、あまり高く上がらないんですよね。結果的に見下ろす感じになりました。

21世紀の選挙はどこでも子供の砂場のけんかともうあまり変わらないです。政策やビジョンなんかそっちのけですもの。困ったもんです。

コメントを投稿

日々の風の吹くまま」カテゴリの最新記事