my London days and...

ロンドンと旅行が
とっても好き♪
日々の楽しいこと
ワクワクすること
ちょっとずつ
時々つづります

七日町通りにて

2016年09月26日 | 東 北/ Tohoku
お城を後にして
次は遅めのランチへ。

とっても立派な店がまえ。

店内も日本家屋らしく、
とってもステキです。
少々歩き疲れていたので、
靴を脱いで座敷でほっこり。

お待ちかねのランチ登場
わっぱ飯と会津地元の料理。
「輪箱飯」と書いて“わっぱめし”
山菜もたっぷり入っていて、
熱々で美味しかったです。
そのほか、伝統料理の「こづゆ」や
「天ぷらまんじゅう」もいただきました。
会津には美味しい料理がいっぱい

ランチで元気を充電した後は、
駅の方へ向かいつつ、
レトロな建物が並ぶ通りへ。

会津若松の有名人と言えば、
この方も忘れてはいけません。
こちらは「野口英世青春通り」

ここ会津壱番館は、
野口英世が左手の手術を受けた
医院跡で、現在は一階が喫茶店に。
ぜひ店内でコーヒーを
いただきたかったけど、
先ほどのランチで満腹のため、
泣く泣くあきらめました。


その後、通りを歩いていると、
この和菓子店にいくつか遭遇。
上菓子司 会津葵
やはり歴史ある城下町ですからね、
老舗和菓子店もいくつかありますよね。
店内に入ってみたかったけど、
この外観ですでに圧倒されました(笑)


続いて訪れた立派な建物は
創業300年という、
会津塗りの白木屋漆器店
土蔵造りの洋館なので、
勝手に洋菓子店か何かと
思っていたのですが、
店内には古典的漆器が
並んでいて、ギャップ萌え。
観光客のツボをわしづかみです。

 
七日町通りは蔵がたくさんあって、
とってもノスタルジックな雰囲気。

洋館風の七日町駅舎も
とってもカワイイですね。
こんな駅なら通勤通学も楽しそう


復路の高速バスを待つ間、
こちらの喫茶店で休憩。

夕方にかけ雨も強くなり、
急にどんより暗くなってけど、
窓際はこんなイイ雰囲気。

滞在時間と往復の移動時間が
あまり変わらないという、
駆け足の会津若松観光でしたが、
なかなか楽しめました
いつか桜の時期に、
また訪れたいです。


人気ブログランキングへ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 茶室麟閣にて | トップ | 平泉に向けて »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。