my London days and...

ロンドンと旅行が
とっても好き♪
日々の楽しいこと
ワクワクすること
ちょっとずつ
時々つづります

毛越寺にて

2016年09月27日 | 東 北/ Tohoku
来たーっ毛越寺っ

さっそく入場してみましょう

世界遺産「毛越寺
毛越寺と書いて「モウツウジ」

連休の後だった為か、
観光客もワンサカおらず、

ゆっくり見学できそう。

最初に見えてきたのは「本堂」

南大門跡からチラっと
大泉が池を眺めました。
池の風景は後ほどゆっくりと。

次に見学したのは「開山堂」

1200年近くも前に
毛越寺を開いた円仁が
まつられています。


そして嘉祥寺跡

1000年もの昔には
どんな御堂が建っていたのだろう。

苔も力強く生えています。
苔好きには魅力的


こちらは金堂円隆寺跡

二代基衡が財を尽くして建立した
寺院で、毛越寺の中心的伽藍。
写真で見ると小さく見えますが、
実際にはなかなか広かったです。


曲水(ごくすい)の宴

五月の第4日曜日に
ここで平安時代と同じように
歌遊びが再現されるのだとか。
装束をまとった歌人たちが
遣水(やりみず)の水辺に座り、
浮かべた盃の流れに合わせて
和歌を詠むそうです。優雅ですね。
この周囲だけ紅葉が進んでいて、
ほんのり秋色になっていました。


その隣には「常行堂」

祭礼の正月20日には、
「延年の舞」がここで
奉納されるそうです。
その奥殿には、秘仏として
あがめられている守護神の
摩多羅神(またらじん)が
まつられていますが、
その扉が開くのは33年に一度。


敷地内をほぼ一周しました。
入場して全体をパっと見渡した時、
スグに見学が終わりそうな
気がしましたが、一つひとつが
とても興味深かったので、
気つけばアっという間に
一時間は軽く過ぎていました。

そして、クライマックスは

「出島と池中立石(ちちゅうたていし)」

毛越寺と言えば、この景観。
荒磯風の出島がカッコイイ
昔の人びとは、この景色を
眺めながら、極楽浄土の
想いを重ねていたのでしょうか。
「動」や「静」の心情が
たくさん詰まっている印象でした。

あんまりにも美しいので、
雪景色も見てみたいと思いました。
東北の寒さに耐えられるかな?


雪の前の紅葉もきっと美しい。


松尾芭蕉の句碑
「夏草や兵どもが夢の跡」
なんと、芭蕉の直筆。

学生のころに授業で習い、
テストや受験勉強のためにも
暗記した歌ではありますが、
この地で自害した義経一行を
偲んで作ったと想像すると、
一気に情感がわいてきますね。


見学は無事に終了し、
最後に記念スタンプもゲット。


ご朱印もいただきました。
東北旅行で初のご朱印。
感激もひとしおです


人気ブログランキングへ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 平泉に向けて | トップ | 中尊寺へ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。