arudenteな米

食と映画感想とその他もろもろ個人の趣味と主張のだらだら日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イーオン・フラックス

2006年03月02日 | 映画
劇場公開レベルでないと思う。

イーオン・フラックス(AEON FLUX)
http://www.aeonflux.jp/

≪ストーリー≫
2015年、品種改良による麦から発生したウィルスにより、人類の大半が死滅。科学者トレバー・グッドチャイルドの開発したワクチンによりかろうじて人類は滅亡の危機を回避できた。以降、人類は汚染された外界と壁で隔てた都市で、救世主の子孫トレバー8世を君主に、トレバーの弟オーレンと科学者たちで成り立つ政府に厳しく律されながら暮らしている。その体制に不満も持つものもおりイーオン・フラックスは反政府組織「モニカン」の優秀な戦士でもあった。そしてイーオンの妹ユナがモニカンの一員である事を理由に殺されてしまう。政府に対する激しい憎悪をもったイーオンに君主暗殺の指令が下る…


観て脱力する劇場で公開しなかった作品、ビデオスルーの作品は数多くある。特に設定にサイバーとかが売り文句の『マトリックス』以降に「それを超えた」という宣伝コピーの柳の下の泥鰌は何匹系SF作品や安直に『○○・オブ・ザ・デッド』とか『~のいけにえ』がつくホラー作品、『ドラゴン』や『○○・リー』の名前をつけた関係の無い功夫作品…
しかしある程度観る方も覚悟しているし低予算ならどう予算内で上手く表現しているかを観るのもすれた楽しみの一つだったりはするもの。

『イーオン・フラックス』は製作費6000万ドル! 主演シャーリーズ・セロン! 大々的なスタイリッシュムービー宣伝! おまけにちゃんと劇場公開作品(笑) 普通ならどう転んでも期待外れだったくらいのがっかりや自分の好みに合わない趣味・主義の相違しか想像しないものだが自分の過去の少なくない経験から言うと『ラスト・アクション・ヒーロー(1993)』とかちゃんと大作で外れあってこんな感じだったような気がして嫌な予感も本能レベルではありました。それを恐れていては映画は観てられませんが。 
そして個人的に「スタイリッシュ」って広告文字の入った映画で今まで面白いと思ったものがないのも趣味段階の不安要素だった。

最近のアメコミ原作映画は内容はともかく画面はCGの進歩もあってなかなか観れるし表現も多様になったから再現性はもちろんの事、それ以外のストーリーや映画としての演出、付属したテーマを語る感想が多くなった(と、自分では思う)

さて、『イーオン・フラックス』は劇場公開作品、大作に属するものとしては画面もストーリーもまとまってはいるが語るモノが無く非常に自分は落胆しました。音楽なんかまったく印象に残ってない。

正に自分にとっては苦痛な劇場『後悔』作品でした。



という人間が書いたネタバレまじる感想は下に








元は80年代のMTVのアニメだかアメコミらしいのですが正直に言いまして開始15分で飽きました。
だらだらと文字の説明が続いて「さあどんな未来像を見せてくれる?」と思ったらシノワズリー(中国被れの欧州人が考えるなんとなく中国やアジアっぽい芸術)の出来そこないのような世界。というか洋装に番傘とか変な日の丸とかガイジンの考えた未来ジャパンの安直なポンチ絵から1歩前にも出ていない。一時期はアジアと融合した世界観が流行ったがアメリカのような人種の坩堝な場所イメージで文化がアジアよりならともかくアジアな体型や顔立ちの一般人が街の中に殆ど見えず白人・一部黒人だらけでまったく様になっていない。

そこに異様に周りから浮いた「スタイリッシュ」にみせかけた黒服で装黒マスクのイーオンさんがのこのこと歩いてきた画で早速、脱力いたしました。
人前で濃厚なキスを交わして飲み難そうな錠剤を受け取り飲み下す…
ぶわーとCGで脳内の連絡する表現にしても胃から脳にいく画は頭痛薬のCMレベル。

これで製作費6000万ドル? 桁一つ水増ししていない?
もしかしたらシノワズリーな世界観は元の絵にあったのかもしれない。
が、しかしそれを再現した画面は劇場映画にしては異様に安っぽい。
舞台・小道具にいたるまでそこまで金が掛かっているようにまったく見えない。

建物の壁や書棚に樹齢100年の樹から採った高級木材でも使ったんだろうか?
植木や芝生も種から育てたのだろうか?
白い色の壁に大理石でも使って上からペンキでも塗ったのだろうか?
打ちっぱなしのコンクリート剥き出しみたいな壁も調和のとれていない家具も自分にはわからないのだが金がかかっているのだろうか?
それとも馬鹿正直に都市を一つイチから丸ごと作ってM・チミノやF・コッポラの真似でもしたのだろうか? 

金は使うためにあるが無駄に失う為にあるわけじゃない。
もっと良い未来世界を具現化して既存の建物や家具を効果的に映し出している映画なんて低予算TVMでもいくらでもある。


脳にたどり着いたら真っ白なイメージ、同じ白でも光りの陰影とか配分が区別されていればましだが外世界の他の白い場所(変な研究所とかのコンクリ壁)もまったく同じ白だし美術は仕事しているのだろうか?。

またどうゆう理屈かわからないがイーオンさん、夜忍びこむのに白い服、昼間忍ぶ込むのに黒い服って本当に優秀な戦士なんですしょうか?後半黒だけで活動するから着替えた理由もまったくわからなかった。

夜に忍びこむ時は壁が白いから服も白いかなって一瞬は思ったけど顔を隠してないから顔や髪の色が白の服から浮くのでまったく意味無いし。

昼間の忍びこみ場面、あれだけの防御システムがある庭なのに警報機鳴らないの?他の場所にはちゃんと機動隊みたいな黒尽くめの見回りがいたじゃない。
その前の夜だって見回りはいたし… そういえば夜は機械監視まったく無かった。

前半はまだしも後半になると登場人物が場面をワープしまくるのもまいった。
イーオンさんが飛行船に乗るのにあんなに苦労して飛び乗ったのにそこからの脱出シーンは省略、トレバーさんは直通でどうやったかわからないのに来るし時間差があるはずのイーオンにすぐに追いつくし最後の最後は飛行船爆破ではどうやって飛行船に乗ったかもわからないし、なんで降りられないかもまったく辻褄があわない。緊迫感や展開を優先しすぎて状況が繋がっていない。
東映の平成ライダーシリーズじゃないんだからポンポンワープさせるのは勘弁してください。

戦闘シーンも編集が細切れすぎて意味がある戦闘シーンが繋がっていないので緊迫感が薄い上にやっつけぽく感じられる。基本的に敵に会った→戦闘開始か敵から狙われた逃走的戦闘ばかりだし。

お話? 非常に陳腐で主人公の名前にもなっているタイトルの通り『クローンによる不死の「永遠の流れ(aeon flux)」に対する連鎖を断ち切る』っていう80年代ならいざ知らず2000年を超えたら時代遅れ過ぎて安いゲームしか最早使わない。
クローンや遺伝子工学による不死や種の保存なんてそのまま使っても時代遅れでしかない。

一番の欠点はお話設定が多少陳腐でも美術・CGが少々ダサくても演出に少し難があっても編集が上手でなく下手でもそれなりに完成したものが映画として面白ければマイナス要素も味になるのだがこの映画、まったく面白くないのが本当に致命的。

シャーリーズ・セロンの開脚ポーズやバック転、バレーみたいなジャンプ姿勢、銃の構えは見れたものだが取っ組み合い系は個人的には駄目だった。
ポーズは非常に決まっているがそれは止め絵・スローの美しさで動体としてのアクションの美しさが弱い。

いくら良い役者を使っても美術と脚本・演出・編集・センスがグズグズだとまったくどうしょうもない。
個人的には今年のワースト候補です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪霊のいけにえ | トップ | ひなまつりのちらし寿司 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2006-03-03 09:19:25
こんにちは☆TBありがとうございます。



これはワタシもダメでしたねー。。。。



ほんとに観ててつまらないんですもん。

シャーリーズは好きですが、

ワースト作品に入りそうです
Unknown (arudenteな米)
2006-03-03 19:35:16
・ mig 様



コメントありがとうございます。



金のかかった劇場公開作品で製作者の意図とは外れた部分でも楽しむ事ができなかったのは久しぶりです。

かといって酷い描写が特にあるわけではなく、全てに置いて不足感を感じてしまいました

制作費の1/6 (にら)
2006-03-16 11:37:49
1千万ドルは、セロンのポッケに収まったらしいですよ。



あんなピッチピチ~なボンテージ服じゃ、どのポッケに入れても、札束のシルエットが丸見えのはずなんですけど、見当たりませんでした。目を皿のようにして舐めるようにセロンちゃんの全身を見てましたから間違いありません。



じゃあカネはどこに消えたかというと、セカンドユニットの監督が二人もいるのが怪しい。

どちらかひとりが、制作費を持ち逃げしてトンズラしたに違いない。

ついでに撮影済みのフィルムも持って行っちゃったんですよ、きっと。

そのおかげで、今作を見る苦痛はたった90分で済んだんですから、トンズラ監督さん、ありがとう。

と、ものすごく善意溢れる解釈をしてみました。



てなわけで、TBありがとうございました。
苦痛 (arudenteな米)
2006-03-16 21:49:17
・ にら 様



これでDVDでノーカットとかいってセロンの伸び縮み屈伸・股割りが1時間くらい入って膨らんだら泣きますね。



制作費と出演料のバランスがもう何年も悪い気がします。



見て損した、 (ningyo)
2006-03-19 22:53:11
とまではいかなかったのですが

「あひゃ~、これだけ~~?」という感想の

ヒロインの美しい肢体鑑賞以外にぜんぜん見せ場がない映画でした。
肢体鑑賞 (arudenteな米)
2006-03-20 01:13:06
・ ningyo 様



自分は役者で観るという観念が基本的にないのでお話としては駄目過ぎでした…



DVDでもガックシきたかもしれません。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イーオン・フラックス /AEON FLUX (我想一個人映画美的女人blog)
早くも出たかも?ワースト候補。。。 「キルビル」のユマサーマン、「チャーリーズエンジェル」の3人。 女性がカッコイイ映画は、大がつくほど好き! 期待ではないけど、シャーリーズがそーとーカッコイイんだろうな{/onpu/} と思って前から楽しみにしてただけに 観終わ
イーオン・フラックス (Aloha Days)
久しぶりに当たった試写会で観て来ました <ちょこっとネタバレあるのでご注意下さいね~> いやはや何とも・・・・・・試写会でよかった(笑) 「007/ダイ・アナザー・デイ」のように、予告編で見所シーンが全て出尽くしちゃった感じ もっとカッコいいシーンがあるに違い
イーオン・フラックス-今年34本目- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:カリン・クサマ 出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー 評価:75点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 「モンスター」でオスカーを獲ったシャーリーズ・セロンがアクションに挑んだ近
イーオン・フラックス (ネタバレ映画館)
 英会話スクールや、最近銀行業へ参入した巨大企業が協賛してるかと思っていましたが、関係なかったようです。
イーオン・フラックス (Akira\'s VOICE)
見所は,凝った映像と,しなやかなアクションだけ。
映画館「イーオン・フラックス」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
未来はなんだか日本的!和傘が流行するのでしょうかぁ~?? 内容は、どこかで観た作品を組み合わせたような感じを受けました。「アイランド」とかね。外の世界から隔離するのは、最近のゾンビ作品「ランド・オブ・ザ・デッド」とか「東京ゾンビ」とかねぇ。そんなんで...
【劇場鑑賞23】イーオン・フラックス(AEON FLUX) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
西暦2415年 反政府組織モニカンは 共産主義崩壊を目指し 一人の暗殺者を送り込んだ・・・ 全身武器の美しき忍び イーオン、君に泣いているヒマはない。
『イーオン・フラックス』 (京の昼寝~♪)
イーオン、君に泣いているヒマはない。   ■監督 カリン・クサマ■キャスト シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、ソフィー・オコネドー、フランシス・マクドーマンド□オフィシャルサイト  『イーオン・フラックス』 2015年、ウ
イーオン・フラックス (toe@cinematiclife)
3月1日にヤクルトホールで行われた試写会に行ってきた。 一昨年は主演女優賞を受賞し、今年も『スタンドアップ』でノミネートされているシャーリーズ・セロン最新作。 近未来を舞台にしたSF作品なんだけど、どうかなぁ・・。 つまらなくはなかったけどね~、『シャーリーズ・
『イーオン・フラックス』2006・3・12に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
? 『イーオン・フラックス』  公式HPはこちら ●あらすじ 人類は新種のウィルスにより99%が死滅。科学者トレバー・グッドチャイルドが開発したワクチンのおかげで500万人は汚染された外界から隔てられた都市で生活を送る。 科学者トレバーの子孫らが400年間
イーオン・フラックス 評価額・570円 (Blog・キネマ文化論)
●イーオン・フラックスを鑑賞。 西暦2045年、謎のウィルスが発生し、人類の99
『イーオン・フラックス』 (ねこのひたい~絵日記室)
「ドンキホーテ」による「オリジン東秀公開株式」獲得をめぐって繰り広げられる、ありとあらゆる手を使った「英語で書くと同じ綴りだし、そのロゴデザインもソックリなジャスコの親会
映画『イーオン・フラックス』 (音の鳴る木)
 CMでマチャマチャが出演していることでも有名な『イーオン・フラックス』を見てきました。見ようと思った動機は主役のイーオン役のシャーリーズ・セロンが”綺麗だなぁ~”と思っただけで、そうそう肌にフィットして体のラインが出るような今回の衣装にもちょっと弱いんで
★「イーオン・フラックス」 (ひらりん的映画ブログ)
オスカー女優、シャーリーズ・セロン主演のセクシー・アクション映画。 オスカー&ラジー女優、ハル・ベリーの「キャット・ウーマン」の二の舞にならねばいいが・・。
イーオン・フラックス  -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
   昨日記事を{/apple_up/}する直前にエラーで消えるという悲劇にみまわれました{/hiyo_shock1/}ブルーになったのですぐ書き直さず寝ました{/kaeru_cry/}  この映画を観た時本当はシリアナかウォーク・ザ・ラインが観たかったのですが、千尋御用達映画館ではどっちもレイ
「イーオン・フラックス」見てきました (よしなしごと)
 今日はちょっと疲れていることもあり、考えなくても楽しめるアクション映画でも見ようかと、イーオン・フラックスを見てきました。
イーオン・フラックス(映画館) (ひるめし。)
2415年、イーオン 君に泣いているヒマはない。 CAST:シャーリーズ・セロン/マートン・ソーカス/ジョニー・リー・ミラー/ソフィー・オコネドー/フランシス・マクドーマンド 他 ■アメリカ産 93分 全米ではアクション映画にも関わらずNo1をとれなかった作品。あまりい
イーオン・フラックス (2005/アメリカ) (虫干し映画MEMO)
AEON FLUX 監督: カリン・クサマ 出演: シャーリーズ・セロン    イーオン・フラックス     マートン・ソーカス    トレバー・グッドチャイルド     ジョニー・リー・ミラー     オーレン・グッドチャイルド     アメリア・ワーナー    ユー
イーオン・フラックス (まぁず、なにやってんだか)
「イーオン・フラックス」は迫力ある映像と音響で、「映画館で観てよかった」と思わせる映画でした。上映時間が短いので、こんなに面白いんだから、もうちょっと観たかったなって思います。 序盤はちょっと難解で、誰が味方なのか敵なのか判りづらく、脳みそフル回転で字
映画 イーオン・フラックス (☆We Love Happy Life☆)
一度きりの人生だから、思いっきり死んでいける。 一度きりの人生。でも、希望がある
【劇場映画】 イーオン・フラックス (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 2015年、ウィルスが発生。人類は絶滅の危機に陥り、98%が死滅。ワクチンでなんとか生きながらえた人類は、開発者トレバーの一族によって成り立つ政府の下、生活してきた。2415年、君主トレバー8世への暗殺指令が下る。圧政を憎む反政府組織“モニカン”が暗
イーオン・フラックス (オイラの妄想感想日記)
う~ん、微妙ですな。 なんかモッサリしすぎですな。 ネタバレ感想いくであります。
イーオン フラックス<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 めっちゃ普通やったわ。なんかもっと凄いことになると思ってたけど そうでもなかったな。ちょっと「アイランド」っぽいかな。クローン人間な。人間が妊娠出来なくなって クローン人間ばっかしになるって怖いなそれもトップにいる人らしか その事実知らんやん ...
イーオン・フラックス (Aeon Flux) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 カリン・クサマ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 93分 アクション 採点★★★ 「ミッキーさん、カッコイー!!」「オーウェン、かわいー!!」と、男優ばかり褒めちぎるブログではありますが、私個人は破壊的に女好きです。大好きです、えぇ。も ...
イーオン・フラックス 06年199本目 (猫姫じゃ)
イーオン・フラックス 2005年   カリン・クサマ 監督シャーリーズ・セロン , マートン・ソーカス , ジョニー・リー・ミラー , ソフィー・オコネドー Man Is Mortal ,,, まだかまだかと公開を待っていたのです。早く来ないかなぁ、、まだかなぁ、、、ま ...