いつでも、どこでも一緒

介助犬イリとトイプードルのシャナを連れ、電動車いすでベビーと一緒に出歩くLakrispinkの海外生活

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなうちらは。。。

2006年10月28日 | Weblog
今日も、いつものように育児とわんこの散歩で時間が過ぎていきます。アパートを一歩でると、うちの目の前は、団地内でも大き目の公園があって、いつもちびっこ連れのママたちや暇をもてあます老人たちでにぎわっています。そんな場所にわんこと娘を連れてでていくと、顔見知りの人たちが寄ってきてくれるんです。小さい2kgサイズのトイプードルとはいっても、体力抜群のシャナは、うさぎのように2足とびをくりかえして、走っています。周囲の人たちにも、!!ああ、うさぎだあ!!とか黒い羊だあ!!とかいわれても、平気へっちゃら、いつものように明るく団地内を駆け回りました。もっちろん、わんこの散歩には娘も同伴で、時には私のひざにおぶ紐でしっかり縛り付けられながら、電動車いすをぶっ飛ばすんでっす。まだ9ヶ月だっていうのにすでに10kgもある娘の重みをずっしり感じながらいると、すでに自分で運転するんだと車椅子のジョイスティックを器用に動かし、突然曲がったり突進したりと、、、。キャー、あぶなあぃぃぃ!!すぐ横を歩いているシャナにはいい迷惑なんでするぅ。いつ、ひかれてしまうか分からないかも。
韓国の家族は、家の中そこらここらにでーーかい家族写真や結婚式の写真を飾るけれど、うちにはそういった写真は1枚もなく、代わりに愛犬の写真が壁には飾られています。いつか、もっと大きくなった娘に、!!なんでわんこたちの写真ばっかりなの?!!と聞かれるかもなあっと、それ前に、娘とわんこたちで一緒に写真を撮っておかなければならないなあ。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国での補助犬状況とは

2006年10月26日 | Weblog
韓国が大好きで興味がたくさんあるとしても、韓国での補助犬育成状況を把握されている方たちがどのくらいいらっしゃるでしょうか?
Lakrispinkは、10年くらい前に日本で話題を呼んだ介助犬第1頭目のテレビ番組をみて、興味を持ち始めました。でも、12年も住んでいた北欧では外国人である私でも無料アシスタントヘルパー制度を利用できていたため、必要介助はかなり満たされていたのです。だから、学生アパートで飼っていた大型犬は、心の友という存在でしかありませんでした。
ここ韓国に移住してきてから、福祉の遅滞状況に苦労させられ、本当に介助犬の必要性を感じたのです。その願いが叶い、2年間待った介助犬受け入れという日が、徐々に近ずいてきているのです。どきどっきわっくわっく。
介助犬イリスを受け入れるにあたり、韓国での認定試験を受けて合格した上で、晴れてデビューを飾れることになります。その認定試験を国から許可されているのが、国内で2つしかない育成団体のひとつイサク補助犬育成学校なのです。いままでの10年間に11頭の介助犬を提供してきたというイサク学校長が、私とイリスの試験管を勤めることになります。はたして、試験結果は。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

介助犬を受け入れることに

2006年10月26日 | Weblog
みなさま、お待たせいたしましたあ!!(待っててくれましたよねえ?))以前、ほかのブログで見に来てくださっていた方たちはご存知のとおり、去年の6月から、ぱったり休んでしまっていたんですぅ。6ヶ月目にはいるまで、つわりでふらふら0kgも体重が落ちてしまい、トマトのみを食べて命を繋いでいました。その妊娠での体調不良を理由に、ずっとずっと1年以上も止めていたブログを新たに立て直すことになったのです。これからは、根性を入れすぎず、欲張らない内容で、長く続けていくようにしていきます。みなさまには、またお時間のあるときに見に来て下さったら、うれしいでっす。そして、私たち家族を応援してくださいませ。
いつでも、どこでも一緒というタイトルで、今回新たにブログを作るにあたっては、内容の中心を私の応援団長として日本から飛行機で渡ってきてくれる介助犬のイリスにしたいと考えています。韓国人のおばさんベビーシッターを雇っているとはいえ、私の介助までには手も時間もなく、自由を制限された生活を送ってきたLakrispinkです。しかし、これからはイリスがいつでもどこでも私のスーパーアシスタントとして、活躍してくれるでしょう。宜しく!
Hejsan! Det var lange sedan jag slutade att fylla i min gamla hemsida. Har kan Du kolla min nya hemsida som ska handla om mina upplevelser i Korea och min servicehund. Hoppas att Du kollar den har hemsida nar du har tid.
コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加