集合!ネクサス2.0

「あの人に聞きたい!」と言われるライブラリアンを目指して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●レファレンス課題2「塩鮭」

2009-02-09 20:28:32 | ライブラリ・アカデミ
●ココロッテライブラリ様の「塩鮭の辛塩と甘塩、塩分の違いは数値で決まっているのですか。また、人気のある塩加減はどれくらいなのでしょうか?」について。
http://kokosizue.blog65.fc2.com/blog-entry-20.html
(○~該当情報あり  △~類似情報あり) 

○1.「知識検索から横断検索」:「塩鮭」+「塩分」で検索。
→『1.塩鮭の「甘口」「中辛」「辛口」の表示には公的な基準はありません。それぞれの水産加工業者によって独自に塩分濃度、漬け込み時間などの基準を設けています。
2.全国漁業協同組合連合会の調査によると、塩鮭の塩分濃度は加工業者に一任しているとしながらも、甘口が約2.8%、中辛が約3.8%、辛口が約4.8%を基準に設けている業者が多いようです。しかし中には甘口で1.2%のものや辛口で5%以上のものもあります。』と記載あり。「人気のある塩加減」については記載無し。
http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/shokuzai/447.html

△1.レファレンス協同データベース~「鮭」で検索。(「塩鮭」では該当無し)
類似情報:「鮭の塩引」についての参考文献あり。
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000017916
△2.Q&Aサイト横断検索(staff knows様もご指摘)~類似情報の記述あり。
→『本当の「塩鮭」は「塩味のついたサケ」ではない:昔の塩鮭の製法は、現在のように冷蔵設備が整っていなかったせいもあり、鮭を塩にまぶしてしばらく寝かせておくというものでした。鮭はこの間に熟成し鮭本来の味が引き出されるというわけです。(この意味では本来の塩鮭は、「鮭の漬物」と言えるかもしれません。)』
http://www.salmon.co.jp/Topics/Topics61-ShioNama.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●レファレンス課題2「茗荷谷... | トップ | ●レファレンス課題3「.「『自... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
塩鮭について (ココロッテ)
2009-02-17 23:23:18
回答ありがとうございました。デパ地下の老舗で買った塩鮭、値段が3倍ぐらいするのですが、朝食に出すと、おいしいと人気です。やはり訳があるのですね。とても面白く拝見しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL