ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

公開シンポジウムのお知らせ

2016-10-11 | 
今度の土曜日、神奈川大学横浜キャンパスで行われる
公開シンポジウムのお知らせです。
希少種とノネコの問題を通して、身近のネコ問題も考えさせられる内容です。
猫ブームと言われる昨今、ノネコの供給源であるところのイエネコ(=ペット)の
適正飼養の実効性ある制度づくりが肝要と言われています。
私が、また、猫のこと言ってると思う方もいらっしゃると思いますが、
希少固有種だけでなく、私達の身近に住む小鳥、小動物が被る被害、
そして何より猫自信が被る危険を考えるなら、本当に猫を愛するなら
もっと真剣に考えるべき問題なのではないでしょうか?
一般公開ですので、どなたでも公聴出来ます。
ぜひ、行ってみて下さい。


■神奈川大学法学研究所 公開シンポジウム 
「生物多様性の保全をめぐる法と政策―奄美・琉球諸島を事例とし て」

登壇者
   ●番匠 克二 氏(環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室室長)
「全国各地の希少種生息地におけるノネコ問題」
   ●山田 文雄 氏(森林総合研究所特任研究員)
「希少固有種保全の最前線の奄美大島・徳之島で起きているイエネ コ問題と取組み」
   ●長嶺 隆 氏(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄理事長)
「そもそもネコ問題とは?-ネコが奪い続ける多くの命-」

日 時:2016年10月15日(土)14:00~17:30(13 :30開場)

場 所:神奈川大学横浜キャンパス3号館405講堂


ちょっと肌寒くなって、ニャンコ達が、ベタベタし始めました。
特に、半端ないのが≪花篝(ゆら)≫、スリスリ、ベッタリ、もう可愛いんだから




あ~あ、お風呂上りなのに、また毛だらけになるんですけど~


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワールドフェスタ・ヨコハマ | トップ | 寒い時期は、ここで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL