カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アレルギー体質

2005年07月13日 | その他
私は命にかかわるアレルギーを持っていますので、このブレスレッドは何処に行くにも肌身離さずしていなければなりません。
Medical Alertと呼ばれるものです。



このプレートの裏には、最も重要なアレルギーについてと、私の登録IDナンバー、そして電話番号が書かれてあります

これにより治療を施してくれる医療従事者に私の処置には注意が必要ですと知らせています

例えば、私はレイテックスにアレルギーがあるので、事故などでで救急車で運ばれる際、自分の意識がなかったり、付き添いがいなかったりして、救急隊員の方がレーテックスで出来た酸素吸入器や手袋を使われたら、私はそれだけでショック死にいたることになりますし、緊急手術用の用具でも同じ事がおきます。

また抗生物質にもアレルギーがあるので、緊急な治療を行うドクターは、プレートに書いてある電話番号と登録ID番号を知らせることで、私の掛かり付けの数人のドクターから、薬についての詳しいアレルギー情報を得られるようになっています。




どこかで一人で交通事故に遭った時でも、救急隊員がわかるように車のフロントガラスにも、この注意書きが貼ってあります

命を救うはずの医療で事故に遭わないように、私にとっては命を守る大事なブレスレッドです。

これにはブレスレッドやネックレスタイプがありますが、野暮ったいアクセサリーと思わないで下さいね。

コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレジットカードの個人情報盗難 | トップ | アレルギー体質#2(エピネ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アレルギー (septcandy)
2005-07-15 03:11:09
大変なアレルギーなんですね。。。びっくりしました。



そういう緊急事態にflyfisherさんが 遭わないでいますように、、。



でも ある意味しっかりしたバックアップなんですね。 安心できますね。

すごいなぁ~、、さすが医療先進国アメリカ。

子供の頃からのアレルギーなんですか? それとも ある日突然、、って感じで発症したんですか?

うちの旦さんのナッツアレルギーは ある日突然らしいです。

生の果物アレルギーは 生まれつきみたいで、、 昔 まだ物心がつくまえに チェリーを食べて 死にそうになったそうです。
家族が皆、アレルギー。 (hiro)
2005-07-15 17:27:07
こんにちは。

お久しぶりです、私もアレルギーいろいろ持ってますが。

家族も、ウチの実家の人間も、一人をのぞいて、全員アレルギー持ち。

アレルギーって、アナフィラキシーショックをおこすものもあるし、ホントに侮れない。。

これってその予防ですか? 



アメリカってこういうところ、すすんでますよね。

日本も、もっといろいろ、考えてくれるといいんですが。ニュースでも取り上げられているし、対策は進んでいるのかなあ。見習ってほしいかも。



体には気をつけてくださいねー。
Unknown (laflyfisher)
2005-07-17 05:26:24
septcandyさん



子供の頃はアトピーとかいった言葉が一般的ではなかったと思いますが、多分アトピー体質だったようです。



日本に住んでいた頃でも缶詰の物をを食べると反応が出ていて、薬を使っていました。



でも本格的にシリアスなアレルギーが出てきたのは医療関係に勤めて色々なケミカルなどに汚染されてからだと思います。最近は当時よりも良くはなって来ました。



アメリカは食べ物の内容物がはっきり書かれているし、レストランでも簡単にアレンジしてくれるので楽ですが、日本だと『そんなことできない』っていわれてレストランから出てくる羽目になった事もあります。



色んなアレルギーがあってビックリしますけど、果物は珍しいのでしょうね。

もっと珍しいのは、お水のアレルギーです。

エッ!!て思うでしょうけど本当です・・・・・私がそうですから、凄く大変ですけど、取り合えずお風呂には入れます。





hiroさん



これからは日本もアレルギーに関して注目されるはずです。

アメリカのアレルギー問題は多分日本の20年以上先をいっているでしょう。

やはり食品添加物などが大きな原因でしょうけど、お水の汚染や空気の汚染も大きな問題だと思います。



体内にたまった汚染物質を体の外に出す為、綺麗なお水をいっぱい飲む事をお薦めします(少しは助けになるんですて!)。



アナフィラキシーショックについては次のブログで書こうと思っていましたので、ちょっと待っててください。
メディックアラートの事 (しゃーく)
2006-08-17 15:12:33
始めまして!しゃーくと申します。



メディックアラートについて、ご利用者のお話を日本語で拝見する事ができて嬉しくてコメントさせていただきました。

参考になりました。ありがとうございます!



私もアレルギーではないのですが、近親者が医療情報を常に携帯すべき状況なのがきっかけで、MedicAlertを始めとしたMedical Alert Jewelryについて調べた事があります。

それから思うところがあって、今は日本語で刻印できる「Medical Alert Jewelry」を製造販売しています。

本当は日本でMedicAlert財団のような団体を作れれば一番良かったんですが「まずは出来ることから!」という事で。



ここでお願い&質問をさせてください。

私もブログを書いていまして、その中でメディックアラートについても記載しています。

もし宜しければですが、laflyfisherさんの記事とお写真を紹介させていただいても良いですか?

次に教えてください!の質問です。

車に張られているステッカーはブレスとは別売ですか?標準で付いています?

お時間のある時にお返事いただけると嬉しいです。

それでは
Unknown (laflyfisher)
2006-08-29 03:30:11
しやーくさん



日本でもこれが注目されて、実用化されるのはとってもいいことだと思います。



今後もご協力しますので、何かありましたら、ご連絡下さい。



しゃーくさんのブログにメールアド残しておきました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日本でも実現して欲しい…メディックアラート (i☆Letter)
すご~く久しぶりに覗かせていただいたlaflyfisherさんのブログ「カリフォ
Medic Alertの追記 - ”laflyfisher”さんのブログ (物を創ること。何かを大切にすること。)
「MEDIC INFO」を始めとしたMedical ID ~ 欧米のもの の後半で紹介していますが アメリカには 『Medic Alert財団』という財団があります。 この財団は、「Medical ID」を用いた 北米・ヨーロッパ等で緊急医療情報サービスを提供する非営利団体なのですが 残念なが ...