カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

アメリカのパストラミビーフ・サンドイッチ

2017年04月23日 | 食べ物、グルメ
日本から20代の訪問者があった際

『アメリカのサンドイッチが食べたい』とのことで、近くの"ニューヨークデリ”へ。

"ニューヨーク・デリと"はレストラン程ではない、まあ日本の定食屋さんのような飲食店です。

そしてこれは”パストラミビーフ・サンドイッチ”
(パストラミビーフは、「香辛料をきかせた燻製ビーフ肩肉」のことです)

私にはこれは平らげることはできませんが、20代の訪問者はペロリと食べてしまいました。




実はこの他に手羽先のフライドチキンが20本ほどありましたが、残らず消えて無くなりました。

お店の壁一杯に、懐かしいハリウッドスターの写真が飾られています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ミツバチが絶滅したら人類は4年で滅ぶ」

2017年04月22日 | その他
「ミツバチが絶滅したら人類は4年で滅ぶ」アインシュタインの予言と言われている、でも実際は別人の言葉らしいが・・・・・

蜜蜂が農作物の受粉に重要な事は周知の事実ですが、ある調査ではハエ、蝶々、ハチドリ、コウモリ等も同じ働きをするようです。

昆虫が激減すれば人類の大量飢餓が起こりうるかと言えば、

幸いにして人類の多くが炭水化物の摂取源として依存する米や麦は
受粉の必要がなく、それらには影響はほとんどない。

トウモロコシは、昆虫などに頼ることなく風が花粉を運ぶ風媒で受粉しているし、ジャガイモや人参のように塊茎(かいけい)を植えることで育つ野菜もある。

しかし、国連食糧農業機関(FAO)の試算によれば、ミツバチが世界で生産される全作物の3分の1以上で受粉を行い、75%について生産性を高めているという事も確かなのです。

つまり、ミツバチが絶滅すると、少なくとも世界の作物の3分の1が失われる恐れがあることになる。

その上、綿もまたミツバチによって受粉する綿花から採れるものだ。
コットン生地の衣類が世界から消えたら、絹や麻、合成繊維の服を
着ることになる。

ハチ絶滅の原因は
ミツバチヘギイタダニ
殺虫剤や農薬、特にネオニコチノイド
遺伝子組換え品
単作農業
栄養不足
人間の行動によるストレス

未だに特定には至っていない・・・・・らしい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フリーウェイの有料車線、 FasTrack システム

2017年04月20日 | ロサンゼルスの今
フリーウエイに有るこのサインは有料車線を表しています。
(メトロ・エクスプレスレーン FasTrack システム)


元々この車線は"カープル優先車線"と言って一台の車に二人以上が乗車している場合に走る事ができる車線でした。
これは一台の車に多くの人が乗ってもらえば混雑が緩和されるとの趣旨からです。

いまでもカープールレーンを一人で走ると、違反キップ(確か300ドル以上)が切られます。

しかしI-110の南、I-10の東で設定された一部カープールレーンを混雑緩和の為に2階建てにした為に、
高額の工事費が掛かりました。その返済対策としてお金を払えば一人の場合でも優先車線を走れるようにしたのです。

当初は期間限定的と言われていたのですが、今だに続いています。

2枚目の写真に写っている黒い電光掲示板にはその時の通行料金が提示されるのです。
この有料車線は混み具合により料金が上下するのです。
交通量が増えると高くなる、朝早~~くとか、晩遅くの空いている時は安くなります。


管制センターでモニターしながら区間ごとの料金も変わります。

この有料車線を走る為には日本のETCのシステムと同じで、止まることなく、プリペイドで精算されていきます。


fastrack transponder



観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロサンゼルスのチャイナタウン

2017年04月20日 | 食べ物、グルメ
久々にチャイナタウンでの食事、

もしアメリカの田舎で見つけた’中華料理店で注文するとしたら失敗の少ない料理は、

・スパイシーソルト味のポークチョップ
・ガーリックとブラックビーン・ソースの貝柱




これはランチメニューなので、一品650円✕2=1300円+チップ

でもアメリカの内陸部でのシーフードはリスクが有るので、ブラックビーン・ソースの肉がいいでしょうね。

その他に
・ホットアンドサワースープ・「酸辣湯(サンラータン)」

長期に日本食から離れた時は、これらとお店で出される長粒米(インディカ米)でなんとか満足できます。


観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログの引継ぎです。

2017年04月19日 | その他
長らくお休み状態でしたが、やはり仕事が忙しくアップデートができないので
主人がこのブログを引き継ぐことになりました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ハンドルネーム”goldentroutjp"がこれからこのブログを引き継ぎ、釣りやアウトドアだけでなく

ロサンゼルスの日常や日米の政治ネタなども入れながらアップデートしていこうと思います。

FBの記事をこちらにも載せていこうと思います。

今日は夫婦で久々のチャイナタウン
25年前だと飲茶を食べに頻繁に来ていた。

ワイフがレーテックスのアレルギーが出てから、エビなどが食べれ無くなり、飲茶から遠ざかりました。

いつ出来たのか覚えていないが、街の入り口のドラゴンが煙を吐いている。




このチャイナタウンは、土日はすごい人で賑わいますが平日は歩行者が少なめです。





観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤシの木

2013年10月03日 | ロサンゼルスの今
ロサンゼルスといえば,抜けるような青空にヤシの木だと思いがちですが、これはロサンゼルスオリンピックのときに街の景観をよくするために、メキシコなどから大量に持ってきて植えたもので、人工的に作られた景観です、

最近は病気で枯れるヤシの木が多くなり、違う街路樹に変更されつつあります.

ロサンゼルスの郊外1時間も走れば、宅地造成された住宅地以外のところにヤシの木なんて残念ながら、全く生えていません。




観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨセミテ国立公園の近く

2013年04月18日 | フライフィッシング
標高3100mでの釣り

レインボー・トラウト、ブルック・トラウト、そしてゴールデン・トラウトなども・・・・・・




そしてゴールデン・トラウト




楽しいよ~~~。



観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ロサンゼルスに旅行

2013年04月04日 | ロサンゼルスの今
かなりお休みしていましたが、主人の新しいビジネスに協力しようと考えて、また書き始めようかと思います。

日本の景気がよくなりそうなニュースが聞こえてきます。

西海岸への旅行者も増えてきているとか・・・・・・・・・・。



今注目されているのは・・・・・・・滞在型の旅行、そこの住民感覚になって、日々の生活を体験する・・・・・そんな旅行がだんだん注目されています。

そこで家族皆さんでで来て、旦那さんは釣り、奥さんや娘さんはアミューズメントパーク、ビバリーヒルズや郊外型大型ショッピングモールで楽しんで、最後はラスベガスで合流・・・・・・・・そんな旅行はいかがでしょうか?


観光にはコーディネーターが24時間同伴します。

釣りのガイド:夢のカリフォルニアでフライフィッシング
ロサンゼルスのガイド:さあアメリカの大冒険・LA-Pan Adventures

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「電子渡航認証システム(ESTA)について」

2008年12月10日 | ロサンゼルスの今
既にホームページ等ではお知らせしていますが、2009年1月12日から米国の入国制度が大きく変更されますのでご注意下さい。観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合は、査証(ビザ)が免除されており、米国の査証を取得する必要はありませんが、米国行きの航空機等への搭乗や米国入国前に電子渡航認証システム(ESTA)に従って申請を行い、認証を受けることが必要となりました。
 査証を取得していない場合とは、米国にて乗り継ぎするケース等も含まれます。また、ESTAは査証免除者を対象としていますから、既に留学や就労の米国査証をお持ちの方は、ESTAへの申請は必要ありません。

 詳しくは、外務省ホームページを御参照ください。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html

 また、在京米国大使館のホームページ(日本語)や米国国土安全保障省のホームページ(英語)も随時更新され、新しい情報が掲載されていますので、詳細は下記ホームページを御参照ください。
 http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
 http://www.cbp.gov/xp/cgov/travel/id_visa/esta/
 
 また、既に各国語(日本語含む)ホームページが立ち上がっておりますので、詳しくはこちら(https://esta.cbp.dhs.gov/)をご覧下さい。2009年1月12日以降義務化するという日程には変更はないということです。

(追加情報)
1.ESTA申請に当たっての入力項目に、必須項目と任意項目を設けました。同必須項目には赤い印がついています。任意項目(例えば米国での住所や便名等)は、情報が更新されていなくても、ペナルティが課されることはありません。
2.ESTAはリアルタイムのシステムですから、出発前72時間以内であっても申請自体は可能ですが、米国政府としては72時間前までの申請を「推奨」しております。
3.カナダやメキシコに住む日本人が陸路で米国に入国する場合、認証の取得は必要ありません。ESTAは航空機又は船舶の利用者を対象としているからです(ただし、帰路に航空機を利用するのであれば、認証が必要となります。)。
4.グアムについては、グアムのみ15日以内の滞在であれば、ESTAに申請して渡航認証を受ける必要はありませんが、それを超える場合には、ESTAへの申請が必要になります。
サイパンを含む北マリアナ諸島は、現在はESTAに申請して渡航認証を受ける必要ありませんが、2009年6月1日以降はESTAへの申請が必要になります。
5.2009年1月12日の義務化以前の、任意申請期間中に、ESTAに申請し認証を受けた場合でも、その有効期限は認証を受けた日から2年間になります。

 米国政府は、米国へ渡航予定のある方はできるだけ早めにESTAに申請し、認証を受けることを推奨しています。在留邦人の皆様も、本件について留意されるようお願いいたします。 


(問い合わせ先)
○ 在ロサンゼルス総領事館
  住所:350 S.Grand Ave 1700 Los Angeles CA 90071
 電話:(代表)213-617-6700
  HP:http://www.la.us.emb-japan.go.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在ロサンゼルス日本国総領事館からのお知らせ  

2008年06月15日 | ロサンゼルスの今
在留邦人・旅行者の皆様へ

「メキシコ:北部国境地帯における治安悪化」

2008年6月13日

1.メキシコでは、北部国境地帯を中心に、麻薬組織等の犯罪組織の制圧に力を入れる軍・警察等治安当局とこれに抵抗する犯罪組織との間で衝突が起きており、これに、犯罪組織間の抗争も加わり、各地で治安機関・犯罪組織関係者が殺害される事件が繰り返されているほか、都市によっては、一般市民が巻き込まれる銃撃戦も発生しています。

2.治安の悪化は、特に、バハ・カリフォルニア州ティファナ市、チワワ州フアレス市、シナロア州クリアカン市等において顕著で、これら都市では、殺人事件の被害者が一週間で10人を超えることも珍しくなく、警察官等治安機関の被害者も多数出ています。これに伴い、一般治安も悪化し、これらの都市を中心に、誘拐、強盗、窃盗事件の被害も多発しています。

3.他の北部周辺都市でも、強盗、窃盗事件等が増加する傾向にあり、日本人の被害についても、自宅に夜間侵入されての強盗、空き巣、車上狙い等が確認されています。本年4月には、バハ・カリフォルニア州エンセナダ市で日本人が被害者となる殺人事件も発生しています。

4.つきましては、これらの地域に渡航・滞在を予定されている方は、銃撃事件に巻き込まれたり、犯罪の被害者とならないよう、その時々の治安状況に関する最新情報を入手し、危険な場所に立ち寄らないよう心掛けるとともに、夜間の外出は控える等の注意を払うようお願いします。また、外出時には、目立つ服装・恰好は避け、カメラ・ビデオ等の貴重品を外部からも分かるような形で身につけないよう、その管理には十分注意してください。

(問い合わせ先)
 ○ 外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○ 外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)3496
 ○ 外務省海外安全相談センター
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

○ 在ロサンゼルス総領事館
   住所:350 S.Grand Ave 1700 Los Angeles CA 90071
   電話:(代表)213-617-6700
   ホームページ:  http://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/home.htm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加