徒然なるままに 

BGMはモダンジャズ、暇つぶしの自分史

任天堂バブル

2017年06月15日 | 日記・エッセイ・コラム

6月15日、任天堂の株価が36,000円を超えた。
4月の中旬から約2ヵ月で、40%以上げたことになる。
この日も前日比1,490円高(+4.29%)と急騰し、出来高も490万株に達する大商い。
東証1部の売買代金は断トツのトップだ。
時価総額は約6兆円まで膨らみ、みずほフィナンシャルグループを上回り、ソニーに迫っている。
証券会社は4万まで行くと予想しているらしいが、数日で達成しそうな勢いである。

任天堂株価

それにしても、異常な値動きである。
人気の理由は、新ゲーム機「スイッチ」の販売が予想外に好調なことにあるらしい。
それは口実みたいなもので、基本的にはどうでもいいのだろう。
ほとんどが短期資金なので、秋までには急落する。
最近はサイクルが短くなってきているから、もっと早いかもしれない。
短期間で上げるだけ上げてから、暴力的に売リ込む。
いつものパターンだ。
潮目は突然変わる、それは明日かもしれない。
それにしても、任天堂のような銘柄が相場の主役に居続けるのは、実に品が悪い。


お気に入り名盤! 寺井尚子:Anthem

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかのZeny | トップ | 2017年春の「さかなの市」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む