徒然なるままに 

BGMはモダンジャズ、暇つぶしの自分史

iTunesからプレイリストが消えた

2017年04月20日 | 日記・エッセイ・コラム

上原ひろみの新譜「Spark」をiTunesのライブラリに追加した。
iPhoneにダウンロードするためプレイリストを編集しようとしたら、プレイリストがすべて消えていた。
ネットで調べると、よくある現象らしい。
致命的な不良にもかかわらず、原因も対策もはっきりしない。
プレイリストの回復方法が書かれたサイトも見つけたが、そのとおりやってみても回復できなかった。
途方にくれてしまった。

iPhoneには消えたプレイリストが残っている。
これを使って、iTunesのプレイリストを回復する方法を探した。
見つけたのが、CopyTransというツール。
iPhoneのバックアップツールだが、出力先をiTunesのフォルダにすれば、結果的に同期がとれる。
さっそく使って見た。
操作は簡単で、処理も速く、プレイリストも期待通り回復できた。
しかし、よくよく調べてみると、回復できたのはプレイリストだけで、フォルダーは回復されていなかった。

プレイリストは、次のように構造になっていた。
MP3(フォルダ-)-Jazz(フォルダ)-アーティスト名(フォルダ)-アルバム名(プレイリスト)
アルバム名には同名のものも多く、フォルダーは必須である。
ビル・エバンスとドン・フリードマンの「Walts for Debby」はフォルダーを分けるから混在できる。
フォルダーが回復されなかったため、「Walts for Debby」のプレイリストはひとつしか存在できない。
その中に、ビル・エバンスとドン・フリードマンの楽曲がマージされていた。

ここから先は手作業でやるしかない。
フォルダーを作ってから、そこに該当するプレイリストを移動していく。
マージされてしまったものは分離する。
うんざりする作業だ。
プレイリストが回復できただけでも幸運だったのかもしれない。



安易にiTunesのバージョンアップなどしないほうがよさそうだ。
でも、いずれiPhoneとバージョン不整合になって、ダウンロード自体ができなくなる恐れもある。
やっと回復したプレイリストを確実にバックアップ/リカバリできる方法はないのだろうか。

お気に入り名盤! 上原ひろみ:アナザー・マインド

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いまさらのドラクエ | トップ | 第62回大岡越前祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む