目指せ田舎暮らし

都会のストレスに完全にめげて田舎を目指す中年男性。
最低限の仕事は残しつつ、現実的な半農半X生活を狙っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スローでロハスな生活、への批判ね

2016-10-31 00:51:45 | 農業
都市生活を無駄に?続けながらも
タイミングを図っているワタシからすれば、

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010005-jisin-ent

この記事はまぁ、一般の人が思うことなんだろうなと思う。

エコで自立的なナチュラリストなら何で家電使うんだよ、
飛行機乗るんだよ、て

都市で金稼いで立派にやってる人なら相当数の人はそう思うだろうなぁ。

俺も実際外資系で相当なギャラをもらってしまって勘違いしていた時なら
同じように考えただろう。


ワタシはナチュラリスト的な発想をしている人間ではあるが
何も全部を原始人のようにやろうとしてるわけではない。

あくまで都市の力に頼りすぎた生活に辟易としているわけで、
仮に天災などでインフラが遮断されても自立的に生きていけること、
なんらかの理由で収入が減ってもやっていける生活伸縮計画を立てること、
もっと言えば都市からの収入がゼロになっても自分が産み出す野菜や果実から
文化的生活の為の最低限の収入は確保できることを目指している。

生きていくためのベースは自分の力で確保しながら、
それをより効率的にしていくためには科学、文化の力は躊躇なく使う、
それが一番合理的な自給自足的生活だとワタシは考えている。

具体的に言えばそれはソーラーパネルによる自家発電、蓄電だったり
上下水道のない場所ならコンポストイレや湧き水の引き込みだろうし
ガソリン消費がイヤならソーラー施設を充実させての電気自動車導入だろうし、
効率化のためにはどんどん便利な技術は導入するつもり。

わざわざ、慣れた洋式便所を和式ボットン便所に換えることを目指してるわけではないのだ。


なんか間違ってますか、笑



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほぼ自給自足な人々 高樹沙... | トップ | 老齢による免許返上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。