変人バンザイ!!

不思議が好きで、立体写真を作ったり、星占いをアレンジしちゃったりする変人。

23愛読書『はてしない物語』をもう一度読み直し、今までの知識と経験を加味し咀嚼する。

2017-07-12 00:33:35 |  はてしない物語
都議選から10日あまり過ぎました。
自民惨敗と都民ファーストの躍進はいまだ斬新さを失っていません。
あれほど強固な壁が、たった一人の力で崩されたのは、ある意味、驚きでした。
一人でも世の中を変えれるんだ。
求心力さえあれば・・・。



P412

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の412ページです。

「おまえたちは何者だ?・・・・いろいろな国からまいりました領主で・・・・自身の物語のお恵みに・・・・あとで力になってあげるけど・・・・君たちも一緒に・・・・いまやちょっとしたキャラバンほどになった。」
バスチアンの旅の一行に加わる人がどんどん増えて総勢100人ほどになり、エルフェンバイン塔に向かうことになる。

前に書いた「進行の相似」に重なる。
求心力のある人物のまわりに人が集まり、渦ができる。
進行とはおおむね、このように進む。
渦の中心か、それに引き寄せられる中ほどの動きの多い立場か、ゆったりした動きの渦の外周か、立ち位置の違いはあるものの、おのおのの人生が渦に巻き込まれて進行していく。
大きな渦の外側には影響を受けて、いくつもの小さな渦が必然的に発生する。
そのうちに、大きな渦に対抗できる逆回りの大渦ができる。
同じ回転の渦どうしは、重なるところは正面衝突になるので、弾き飛ばされる。
隣り合う大渦は逆回転しかありえない。
あたかも、男と女が隣り合うように…。
右回転の渦と、左回転の渦の重なるところに新しい渦が発生する。
3つの渦が固まって進行するが、いつかそれは分裂する。
細胞分裂だ。
おおむね、このように進行する。
身近な出来事と重ねてみるといい。

姉妹サイト全般で立体写真、立体動画を展開している。
とっかかりは20年以上前になる。
同じマッチを2つ横に並べ、マッチの中心に1円玉を置いた。
右側の1円玉をチョットだけ右にずらし、裸眼立体視の交差法で見ると、2つのマッチの中央に左右の重なり合った3つ目のマッチが見え、1円玉が浮かんで見えた。
それをヒントに1枚の絵を描いた。
コピーして右目用とし、元の絵を奥の方から塗りつぶしながら保存し、その塗りつぶしたところを透過して1ピクセルだけずらして次々と重ねた。
完成した絵を左目用とし、2枚を横に並べて手作り立体写真の出来上がりだ。
連写立体写真や、かんたん立体動画、兼用3D動画などと自然に流れて、現在は1画面に重ねた裸眼立体動画をユーチューブにアップしている。
進行そのままを応用してこうなった。

何か物を作り出す時、大いに役にたつのでお奨めします。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 22愛読書『はてしない物語... | トップ | 24愛読書『はてしない物語... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はてしない物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL