変人バンザイ!!

不思議が好きで、立体写真を作ったり、星占いをアレンジしちゃったりする変人。

21愛読書『はてしない物語』をもう一度読み直し、今までの知識と経験を加味し咀嚼する。

2017-06-30 18:27:19 |  はてしない物語
2017年も半分過ぎました。
昨日と変わらない今日、先週と変わらない今週、先月と変わらない今月、半年で何も変わらない日々。
もし、寿命が定まっていたなら、明日への次の1日が、残りの人生を1日減らす同じ意味になる。
何も変わらない1歩でも、できればリレーのタスキのようなものを大事にしたい。
それも自分独自の色にして。
せめてそれぐらい誰かに引き継がないと、残りの日々が寂しい感じがする。
知ってることをすべて書き続け、ここに残そうと改めて決意しました。



P351

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の351ページです。

「アトレーユにそれほどの感銘を与えなくなった・・・・無条件に尊敬してもらいたかった。・・・・どんなに偉大な詩人か、アトレーユに見せてやらなくては!・・・・ぼくがつくった物語は、みんなあなたがたに・・・・アマルガントがファンタージエン中で最も美しい都につくりかえられるならば・・・・もっとも醜い生き物であるアッハライの力を借りて」
銀の都アマルガントの歴史やバスチアンのつくった物語が納められた図書館の物語、オグラマール姫に嫌われ嘆く勇士ヒンレックのために怪物に姫をさらわれた物語を次々と語るバスチアン。
その物語が次々と新しく生まれ出て実現していく。

ヒンレックを救おうとするバスチアン、姫を一途に慕うヒンレック、アトレーユに認めてもらいたい想い、ここにはいろんな愛の形がみえる。

国際救助隊があったらいいな?とずっと以前から思っていた。
今でも災害地に派遣することがあるが、手続きに手間取るみたいで手遅れになりやすい。
セォール号沈没事故のときにも感じていた。
近くにいながら許可がおりず、何もできなかったらしい。
悔しいじゃないか!
何の魂胆も見返りを求めようとも思わないのに、外交事情でみすみす若い命を犠牲にしてしまった。
そんな悲劇を繰り返さないために前もって協約のようなものをつくれないだろうか。
必要なら国籍をはずしても構わないんじゃないか?
アメリカの国連本部のように、尖閣に救助隊本部を置くのも一つの案かもしれない。
もちろん資金は日本持ち。
軍事費の何割かを回してほしい。
それが愛の力で日本を守る効果があるなら高くはないと考えるんですが、どうでしょうか?
たぶん反対意見が多いんでしょうね。

過去に武力で日本を守ることに失敗している。
同じことを繰り返しても能がないんじゃないか。
違う方法を試してみようよ。
まず試してみる。
それでダメだったら、また違う方法を試せばいい。
そうやって探求していけば、きっと最良の方法が見つかるはず。
明日への次の一歩、実証主義の探求方法と根本は同じ。
個人も国も人類も…。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひょっとして動画(濃know姫隊... | トップ | ひょっとして動画(濃know姫隊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL