川勝平太編 『海から見た歴史』

2017-06-16 13:51:06 | 歴史学

【PR】 食べたいモノを我慢せずに、美容に、お通じ改善に、ダイエットに燃えたいかたに、『マルチスリムワン』を!

このサイトに来ていただき感謝します。

好きなモノを食べるのに我慢しないで、ダイエットに美容にお通じ改善に、燃えたい人に朗報です!

もともと、ダイエットは、我慢をしていたら決して成功することはありません!

それはきっぱりと断言します。

hadareya


我慢に我慢に重ねているとそれがストレスになり、ドカ食いの原因になり、それでリバウンドしてしまいます。

 ですから、好きなモノを我慢したり、スポーツの嫌いな人が、それを無理やりしようとすると挫折してしまいます。
ではどうすればいいか?


 「つじつまを合わせる」


これに尽きます!

 運動が苦手なら、速足で走る。

 好きなモノを食べてもいいから食べたら、その他の食べ物のカロリーを減らす。

 こういうことでつじつまを合わせて、頑張るしかないのです。

kuvire


 また、サプリメンㇳでそれを補う、という手があります!

 今回ご紹介する【マルチスリムワン】に配合されているものとして、1つ例を挙げます。

 まず、キトサンには、

 「脂肪分や体の有害物質を包み込んで体外へ排出するという働きがある」

ということです。

 これは、食べたいモノを我慢しないということに助けになりますね?

 あとの、

ダイエット
美容
お通じ改善


 の3項については、それぞれの有効成分がはいっているということです。

 ということは、このサプリメントは、多分野にわたって貴女の生活をサポートするということです。

yasebara


 ですが、間違ってはいけないのは、


 「このサプリメントを飲むだけで、ダイエットに美容に成功するということはあり得ない」


ということです(苦笑)


どうしても人間の体の構造上、そういうような簡単なものにはなっていない、ということです。

 ダイエットの成功のためには、


体内部をよくするために、食べるもの、飲むもの、エクササイズ…etc

 体外部をよくするために、マッサージ…etc

そして精神論…etc


とその詳細についてすべてをここで書くことはできませんが、やはり日々の行動の積み重ねが、ダイエットを成功を導くのです。

こういった日々の行動に加え、このサプリを摂ることによって、ダイエット効果を相乗させるのです。

 決して、このサプリを摂るだけで…ということにはなりませんから、お断りしておきます。

 そのことがわかった貴女にはこの【マルチスリムワン】をお勧めいたします。


 【マルチスリムワン】の公式サイトはコチラ!



まず、ダイエットに励むためにはきちんとした整序づけられた情報が必要です。

その際に最適な本を以下に紹介しておきます!
 ↓
 
どうしてもヤセられなかった人たちが「おデブ習慣」に気づいたらみるみる10kgヤセました プレミアム


フェルナン.ブローデル「地中海」に関する著作は、歴史学会に大きな波紋を寄せた大作であったことは間違いないようです。

大部分の人が注目している間に、違う視点で物事を見てきて、その視点からユニークな視点を提示して、それが多くの人に説得力を持たせ、愉しませることができると、非常に注目されるのは歴史学以外のどの学問でも同様ですね。

switsland.JPG

ブローデルの視点は、視点を陸地から海洋へと変えたところが有意義であるようです。

そこで提示されているのは海洋史観というものですが、その海洋史観は、海外から押し寄せる外圧を社会変容の主因とみる歴史観のことですね。

ブローデルの『地中海』の舞台は主に16世紀ですが、地中海はその時代のギリシア.ローマと近代の西ヨーロッパとを直線で結ぶための歴史舞台であるとしているのです。

それまでは海を領土として支配しない時代であったのが、15~16世紀になると、西ヨーロッパの火薬革命によって海域支配がはじまるのです。

鉄砲、大砲、要塞、戦艦など海に運べる予見可能な状況を作ることが、交易の発展に重要になったということですね。

ヨーロッパでは、海と川をつたって穀物、木材を運んだのです。

それによって広域的なまとまりをもった1つの経済圏である「経済=世界」という概念ができたのだといいます。

その「経済=世界」という概念はブローデル独自の概念ですね。

francais.JPG

こういった新しい視点によって多くの歴史家や歴史研究家を覚醒し、この本には16C日本の歴史状況との類似性が描かれていたり、海洋国家である日本の海との関係を洗い出して新たな歴史観が説明されていたり、ヨーロッパはもちろん他のあらゆる国や地域の交易においていかに海の歴史において変化があったかを書かれていたりと、興味の深くなる議論が多々書かれています。

その内容を読むと非常に目が覚めて、また興味が深くなる思いがします。 その内容に興味の出た方はこの本を読むことをお勧めしますね。

ここまで議論を進めさてしまったのはひとえにブローデルのカリスマ性によるのは言うまでもないでしょう。 ここまでそうさせてしまうブローデルのカリスマ性には脱帽しないわけにいきません。

歴史学に限らずどんな学問でも同じですが、やはりその書いた人の集めた情報がどんなに頑張っても、全部をくまなく網羅することは人間であるからにはできない話で、やはりどんな精巧な学者の書いた本でも批判が出てしまうものです。

しかし、このブローデルの出した海から見る視点は、無視できない存在になり今も多くの歴史家にとって無視できない視点になったのは間違いようです。

歴史を論じるにあたり、重要な視点になり、大きな影響を及ぼすようになることは間違いないでしょう。

この本に出ている論者さんの中には、「これから日本の〇〇の時期を、海洋史観から研究していく」と書いているかたもいるくらいですし、それについての本が出たらぜひとも読んでみたいと思います。

また、歴史を海という視点によって論じるならば、私は気候の歴史もあってしかるべしと思います。

経済大国と呼ばれる国は、概して温暖湿潤気候という地域の国がほとんどですし、逆にいつまでも経済大国になれない国は、熱帯だったり、寒冷すぎる国である場合がほとんどです。

minpaku.JPG

やはり気候が人が働くものに適していないと経済発展は難しいです。

私が大学時代に勉強したカナダのケベックは、カナダの中で唯一フランス語を話す州で、ゆえにカナダから独立しようという動きがありましたが、雪に閉ざされる時期が多く、ゆえに財政的に苦しくなり、中央政府の支援がないと州を運営できないので独立は難しいということを知りました。

こういうように、気候が人間の活動に及ぼす影響は大きいので、やはり無視できない対象でしょう。

そういった研究を果たした書があれば、これも是非とも読みたいなと思います。

何はともあれ、ブローデルの著作はユニークな視点でかつ説得的なので、その意義について論じ、いろんな派生した議論まで書かれているこの本は、ブローデルについて興味のわいた人にはぜひとも読んでほしい本です。

●この本は以下よりどうぞ!

海から見た歴史―ブローデル『地中海』を読む


【PR】 これまでの置き換えダイエットの常識を覆した『ソイスリム』はいかが? 

このサイトに来ていただき感謝します。

また、置き換えダイエットのご紹介いたします。

 置き換えダイエットとは、1日3食のうち1食をサプリメントなどで置き換えにすることです。

今回紹介する【ソイスリム】は、これまでの置き換えダイエット食の不満をすべて解消したものに開発されました。


soisuri


1番の不満は、やはり お腹がへりやすいということです。

 この【ソイスリム】は、1食135キロカロリーと低カロリーにもかかわらず、ビタミンミネラルを多く含んでいますから、食欲中枢が満足されてお腹がへらないのです。

食べても食べてもお腹がへる、というのは、同じ物をずっと食べていると起きる現象です。

 ラーメンの早食い競争とか、蕎麦の早食い競争とかありますね?

 あれは、ずっと同じ物ばかりを食べているから可能なのです。

 食べ物にバリエーションをつけたら、あのような早食い競争は不可能です(笑)

すぐにお腹いっぱいになってしまいますから。


2つ目は、同じ味だから毎日食べていると飽きてしまう、ということです。

 しかし、その不満を解消すべく、7つの味を用意しました。

毎日違うものを摂っていれば、飽きることなく続けられることは間違いないでしょう。


 
3つ目は、単調な食感ということです。

 味と同じく、同じような食感では毎日摂るのは億劫になりますね!
 
その不満を解消するよう、しっかりとした咀嚼感に仕上げました。

koudoudaie


 
他のページでも書きましたが、ダイエット用のサプリや酵素ドリンクは、

 「ただそれだけを摂っているだけで成功できるものではない」

ということを心してほしいものです。

 ダイエットの成功のためには、

体内部をよくするために、食べるもの、飲むもの、エクササイズ…etc

体外部をよくするために、マッサージ…etc

そして精神論…etc

 とその詳細についてすべてをここで書くことはできませんが、やはり日々の行動の積み重ねが、ダイエットを成功を導くのです。

 こういった日々の行動に加え、このサプリを摂ることによって、ダイエット効果を相乗させるのです。


daizu


 サプリ等を摂っているだけで…ということには残念ながらなりません。

 人間の体が構造上そうなっているのです。

 そのことがわかった貴女には、この【ソイスリム】をやりながら、ダイエットに励んでいただきたいものです。


 【ソイスリム】の公式サイトはコチラ!


今回はこれにて失礼いたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川端基夫 『アジア市場のコン... | トップ | 佐伯啓思 『さらば民主主義』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。