la mia dolce vita

おべんきょう・ワイン・パン・お菓子・旅・・・などなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近、こんなことを始めて

2012-05-23 18:04:42 | diario (にっき)

先日から習っているいろいろなお茶のクラス。

1つのお茶について一回しか習わないので、毎回覚えることが多くて大変...。

でもこうやって入れ方を習いながら飲むと味も違ってくるから不思議。

まだまだ先は長いけど、出来るだけ楽しみながら学んでいきたいと思う。

この記事をはてなブックマークに追加

美女の競演

2012-05-16 19:47:05 | vino (わいん)
今回の品種別クラスは、イタリアを代表する黒ぶどうサン・ジョヴェーゼ。

その中での人気の高い「レ・ペルゴール・トルテ」を2種類(1998&2006)、そしてセカンドの「モンテヴェルティーネ」、サードワインの「ピアン・デル・チャンポロ」を合わせて、という豪華なラインナップでのテイスティング。

このうち、モンテヴェルティーネとピアン・デル・チャンポロには、カナイオーロやコリノーロなど別のぶどう品種がブレンドされているけれど、レ・ペルゴール・トルテについてはサンジョヴェーゼが100%使われていて、味わいにもその特徴がよく出ている印象を受けた。

特に前当主の時代に造られた1998年のものは、上質のボルドーのような重厚な雰囲気があり、ただその中にもまだ若さ、きめ細かい酸なども感じられて、まだまだこれから楽しめるワインとのこと。

毎年違う女性の肖像がエチケットになっていることでも知られるレ・ペルゴーレ・トルテ。ヴィンテージをいろいろ集めてみたいとは思うけれど、さすがに1本数万円ではなかなか手が出ないので、こうやってまた時々美女にお会いするのを楽しみにしておこうと思う。

この記事をはてなブックマークに追加

坂の街

2012-05-06 20:32:29 | viaggio (たび)

サンフランシスコと言えば「坂」。

場所にもよるけれど、急なところは勾配が30度以上。スキーのジャンプ台ほどもあるとのこと。

こういうところでは、車は坂に垂直に停めなければならないし、歩くのも息が切れるけれど、それでもこの青空と街並みを眺めると、また訪れたいと思う魅力的な場所。

またしばらくしたら、この街に会いに来たい、と帰国して思っているところ。

この記事をはてなブックマークに追加

カリフォルニアワインの聖地へ

2012-05-01 15:44:08 | viaggio (たび)
一番はじめに覚えたカリフォルニアワイン。

今でもその太陽をいっぱい浴びたぶどうから造られたワインが好きだと感じる。

今回、ナパを再訪して、その太陽と平らな土地と海からの風の中で育つぶどうを見て、その美味しさの意味を再認識。

この記事をはてなブックマークに追加