la mia dolce vita

おべんきょう・ワイン・パン・お菓子・旅・・・などなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サロン・デュ・ショコラ2012

2012-01-29 15:25:57 | dolce (おかし)

日本での開催も今年で10回目となる「サロン・デュ・ショコラ」。

はじめの頃と比べて、開催地も増えて参加するショコラティエの国も増えて、今では毎年恒例のイベントに。

認知度もぐんぐん上がって、人気のある商品ははじめの数日で売り切れになるものも多い。

またいくつかデモンストレーションに参加して、ショコラも仕入れてきたので、少しずつ紹介したい。

この記事をはてなブックマークに追加

冷涼ワインの魅力

2012-01-27 16:38:46 | ristorante (おいしいとこ)

冷涼ワイン(寒い産地で造られたワイン)を提唱する、西麻布「プロヴィナージュ」でディナーをいただく。

季節の素材を生かしたエレガントな料理の数々とそれに合わせてセレクトされた冷涼ワインを堪能。

画像は白子のフリットに、「皇帝の葡萄」と言われるブルゴーニュの樹齢180年のシャルドネから造られたキュヴェ・ランペルールを合わせて。

白子のトロリ感にやわらかい果実感とミネラルがぴったりで、冬の嬉しいマリアージュ。

この記事をはてなブックマークに追加

B級グルメマリアージュ: エスニック料理編

2012-01-23 18:38:38 | vino (わいん)

B級グルメマリアージュのクラス。

一回目は香りの強いエスニック料理とワインをどう合わせるのかがテーマ。

用意された料理は、中華にタイ料理、インド料理とどれもスパイスの効いた個性の強いものばかり。

これらの料理に合うかどうかを試したのが、泡1本、白1本、ロゼ1本、そして赤3本の6種類。

まず泡はアンリオのブラン・ド・ブラン。これは単体で十分すぎる美味しさで、残念ながら料理を引き立てるにはもったいなさ過ぎた。

白はアルザスのゲヴェルツ・トラミネール。これは程よい甘さが中華やタイ料理などによく合う。

ロゼは南仏のバンドール。フランスなどではさまざまなビストロ料理と合わせることが多いけれど、今回は合わせてみると少し渋味が増すようで、うーんいまいち。

赤は異色のピノ・ノワールとの組合せから。少し熟成感のある優しいタイプで、残念ながらスパイスの強さに負けてしまう感じ。

そしてやはりベストマリアージュだったのは、残りの赤2本。

南イタリアのプリミティーボは甘さがあって包み込むように料理の味が穏やかになる。

そしてローヌのジゴンダス。がっつり系でパワフルな味わいがぴったり。

これからも何度か行われるこのマリアージュクラス。思いもよらないマリアージュが発見できれば嬉しいのだけれど... 。

この記事をはてなブックマークに追加

かみしめるように楽しみたい「レシピ本」

2012-01-20 17:01:06 | libro (ほん)

料理研究家の先生からいただいた「小さな食卓」。

スタイリストの草分け、高橋靖子さんが数年前に書かれたもので、彼女のおいしい毎日が綴られている。

はじめレシピ本と聞いていたので、本を開いて「エッセイか~」と思ってしまったけれど
、読み進んでいくと季節や旬に合わせて作られた料理の美味しさや、その料理にまつわる思い出などが、素朴ながら食べてみたくなるような料理の写真と一緒に目に飛び込んでくる。

材料の分量や詳しい手順などは書いてないけれど、一つずつかみしめるように「味わいたい」素敵な一冊。

この記事をはてなブックマークに追加

ショコラの季節

2012-01-15 01:12:34 | dolce (おかし)

今年も案内が来たサロン・デュ・ショコラ。

日本での開催もいよいよ10回目ということで、かなり気合いが入っている様子。

デモンストレーションや新しい商品の内容など、またおってレポートしてみたいと思う。

この記事をはてなブックマークに追加

弥勒菩薩の謎

2012-01-06 23:42:23 | kyoto (きょうと)

国宝第一号としても知られる、京都・広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像。

その「謎の微笑み」に注目が集まるところだけれど、実はこの像、百済から伝来したものか、それとも日本で造られたものなのかもわかっていない。

ただ、あの聖徳太子が信仰していたこと、そしてその像をこの地で力のあった秦氏が賜ってこの寺を建立したことは確かなようで、その頃からのこの仏像に対する強い信仰心が感じられてこちらも敬虔な気持ちになれる広隆寺の弥勒菩薩。

(横には百済伝来の「泣き弥勒」もあるので、こちらもお見逃しなく。)




この記事をはてなブックマークに追加

神戸で見つけたチーズショップ

2012-01-03 21:25:44 | formaggio (ちーず)

トアロード近辺を探していて行き当たったチーズ・生ハム専門店「カーサ・ディ・アレクリア」。

ヨーロッパ直輸入というチーズや生ハムを販売しているだけでなく、店内でワインなどといただくこともできて楽しいショップ。

この日購入したのは、イタリア・オッチェッリ社のチーズセット。

トリュフ入り、ウイスキー漬け、ペッパー入り、バローロの絞りかすで熟成させたチーズなどバラエティー豊かでお洒落なチーズたち。

ワインと一緒に少しずつ味わうのに最適。

この記事をはてなブックマークに追加