la mia dolce vita

おべんきょう・ワイン・パン・お菓子・旅・・・などなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三大貴腐ワインの飲み比べ

2009-06-27 23:18:52 | vino (わいん)

今回の古酒クラスは、世界三大貴腐ワインの
飲み比べ。

ドイツのトロッケン・ベーレン・アウスレーゼ、
ハンガリーのトカイ・アスエッセンシア、
ボルドー・ソーテルヌのシャトー・イケムを
それぞれ飲んだことはあったけれど、
味わいや香りの違いを比べながら
飲んだことはなかったので、どんな発見が
あるのかを楽しみにテイスティングへ。

まずはトロッケン・ベーレン・アウスレーゼ
2007 ヴァイングート・アンクリッヒ。
収量は多いけれど、あまり高級とはされない
ショイレーベという品種のぶどうを使った
このワイン。

柑橘系の酸味と甘みがバランスよく感じられて、
デザートワインとしては秀逸の1本。

次にテイスティングをしたトカイ・アスエッセンシア
2000 シャトー・エニュは、甘さが最も強く
感じられ、(1リットルに800グラム相当の
糖分という話も)その強い甘みに喉がひりつくような
感じがする。

そして今日の目玉はシャトー・ディケム 1986。
20年以上が経っているこのソーテルヌの特級貴腐ワインは
トロッケンやトカイに比べると、
かなり糖分をおさえた造りで、そのエレガントなバランス感、
余韻の長さ、ワインとして料理にも合わせられる
上品な味わいは「さすが」のひと言。

最初は甘口ワインばかりで、ちょっとどうかな・・・と
思っていたのだけれど、このように比べてみると
それぞれの美味しさ、合わせたい料理やチーズ、
デザートなどが思い浮かんでくる。

やはり甘口ワインも、ただ「甘口」とひと言で済ませて
しまうのではなく、良いものを飲み比べて
その魅力の違いを感じながら、ゆっくりと楽しんでみて
みたいと思う。

蛇足ながら、この日残念だったのは、甘口ばかりでは、と
用意されたデュジャックのエシェゾー 1996を、
初めに半分だけ味わって、あとは甘口を飲んでから、と
思っていたものの、甘口をさんざん飲み比べてから
それではエシェゾーを再び、と思って飲んでみると、
既に口の中と喉が甘口にたっぷり浸されてしまって、
エシェゾーの味わいが、全く違うものに
変わってしまっていたこと。

食事の際も、当たり前ながら甘口は最後に、
決して繊細なブルゴーニュの赤などを残したまま
飲まないようにお勧めしたいところである。

この記事をはてなブックマークに追加

「神の雫/今日から使えるワイン講座」

2009-06-19 16:55:47 | vino (わいん)

先週末、戸田文化会館で開かれた
「神の雫 今日から使えるワイン講座」へ。
とだわらび青年会議所が主催のこの講座、
場所がちょっと遠くてどうしようかと思ったのだけれど、
講師がDRC斉藤と日本リカー本間氏(本間チョースケ)で
お土産にリーデルグラス&「神の雫」1&2巻が
いただける、というおいしい企画にひかれて
申込みをすることにした。

「モーニング」で告知をしたこともあって、
講座の数日前には満席御礼となっており、
やはり「神の雫」効果はまだまだ衰えていないようである。

当日、戸田駅への電車の乗り継ぎがよくわからずに
途中の駅で待たされたり、
駅から会場まで、けっこうな時間を歩いたりと
予想通り(?)かなり大変な思いをしてようやく会場へ。

講座は会館の中の宴会場を使うため、
中に入ると、丸テーブルに7-8人座れる席が配置され、
部屋の前方には2人分の講師壇がどんと置かれていて、
どことなく結婚式の披露宴の雰囲気。

参加者も、青年会議所の関係者が多いようで、
あちこちで挨拶をしている姿をみていると
同窓会に出席したような気分に。

そんな、何となくなごやかな中で始まったワイン講座。
オードブルやパンなども出てきて、お腹を満たしながら、
斉藤氏と本間氏の説明とともに、今日のワインを味わっていく。


今回のワインは次の6種類

テタンジェ/ノクターン

ルイ・ジャド/
シャブリ・セリエ・ド・ラ・サブリエール2007

ドメーヌ・マビー/リラック・ブラン2007

プピーユ/レゾー・ド・プピーユ

ピオ・チェーザレ/バローロ2001

ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール/
エシェゾー2006


テタンジェのノクターンや、プピーユのロゼである
レゾー・ド・プピーユは以前から注目していたので
やはりこういうセレクションか、と納得。

普段は食後酒に飲んでいる甘口のノクターンを
今日ははじめに飲んでみたけれど、これはこれで
優しい味わいでスターターとしても十分においしい。

レゾー・ド・プピーユは、ロゼだけれど
あまりロゼらしくない、やはりプピーユの特徴が
良く出ている、ロゼにしては味わい深いワイン。

そしてルイ・ジャドのシャブリは、本間氏によると
「神の雫」効果で売れに売れて、ついには
空輸までして取り寄せることになってしまったと
いう話題の1本。やはりキリリとした味わいが印象的。

そして斉藤氏のオススメ、ドメーヌ・マビーの
リラック・ブランは、グルナッシュ・ブランを
はじめいくつかのぶどうがブレンドされた
南仏らしい、まろやかで口当たりの良い
これからの季節に良さそうな白。

そして今回の目玉であるピオ・チェーザレのバローロと
ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールのエシェゾー。

バローロは、もう少し強い味わいを予想していたけれど、
若いヴィンテージということもあってか、
果実味とエレガントな香りが心地よく、
どんどん飲めてしまう軽快な1本。
熟成したバローロも良いけれど、
こんな若々しいバローロも夏には良いかも。

そして最後に回ってきたグロのエシェゾー。
参加した人も一番期待していたこのワイン、
2006は夏が暑かったので、濃くてしっかりした
ワインに仕上がっているとのことで飲んでみると、
やはりアルコールと果実味がたっぷりの
ボリューム感のあるワインで、
スパイスやミントなどの香りも感じられる
パフォーマンスの高い1本。
デイリーにするには少し高いけれど、
ちょっといいワインを飲みたい時には、
ぜひ選んでみたいワインである。

全体的に和やかな雰囲気の中、
参加者が講師に握手を求めたり、写真を撮ったりと、
何となくファンの集いのような雰囲気に・・・。

でも、よくワインセミナーにあるような
何となくフォーマルな感じではなく、
笑いながら話を聞いて、おいしいワインを
たくさん飲むことのできた、
「コストパフォーマンスの良い」セミナーであった。

講師のお2人と、主催のとだわらび青年会議所の方に
ぜひお礼を申し上げたい。

この記事をはてなブックマークに追加

ARINCO・塩キャラメルロール

2009-06-12 02:11:45 | dolce (おかし)

『東京駅のお土産』に買ってきてもらった
ARINCOの塩キャラメルロール。

最近、巷に氾濫している『塩キャラメルもの』に
少し辟易していたところだったので、
この塩キャラメルロールもどの程度のものなのか、と
あまり期待せずに食べてみたのだけれど、
口に入れると、とにかく生地のきめ細かさにびっくり。

どうやってこの軽さとしっとりさの残る
生地を作っているのか謎なところだけれど、
ふんわりしていながら口の中で溶けていく
この不思議な感触が心地よい。

生地の表には、塩味のきいたキャラメルソースが
たっぷりかかっていて、中に入っている
甘さをおさえた生クリームの味わいとの
バランスがとてもいい。

他にも、真っ白い生地のバニラロールや
京ロールなるものもあるようなので、
次回はぜひこちらにも挑戦してみたい。

この記事をはてなブックマークに追加

3つのルロワ

2009-06-07 01:01:31 | vino (わいん)

ピノ・ノワールクラスで、造り手別にいくつか飲んできて、
今回はブルゴーニュ「3つのL」の一つ、
ルロワのワインを飲むことに。

さすがに人気・値段ともDRCに負けずとも劣らないと
言われるルロワ。テイスティングするアイテムをそろえるのも
一苦労だったとのこと。

今まで飲んだことがあったのは、白キャップのメゾン・ルロワの
シリーズだけ。

それがこの日は、赤キャップのドメーヌ・ルロワから
ニュイ・サン・ジョルジュとヴォーヌ・ロマネ、
そして『気高い女当主』ラルー・ビズ・ルロワが所有する
ドメーヌ・ドーヴネからシャンボール・ミュジニー。

しかもヴィンテージはどれも2004。この年のメゾン・ルロワは
村名のみで、特級および一級のワインもブレンドされているという
豪華なもの。

ブラインドで、メゾン・ルロワのワインも合わせて
テイスティングを行う。

しかし、やはりドメーヌ・ルロワとドメーヌ・ドーヴネは
メゾンものとは全く違い、力強くそれでいて繊細さも兼ね備える
複雑な味わいと香りで余韻も長い。

そしてこの日、一番印象に残ったアイテムは、
ドメーヌ・ドーヴネのシャンボール・ミュジニー。

こちらもヴィンテージは2004だけれど、ドメーヌものと違って
ブレンドはされていないそう。
しかし、果実味とタンニン、ローストの雰囲気などが混じりあい、
骨太でパワフルな味わい。

ルロワの哲学が一番反映されているというドメーヌ・ドーヴネ。
独自のバイオダイナミクスを追求しつづけ、これだけのワインを
造り上げるマダム・ラルー・ビズ・ルロワは、
いろいろと逸話はあるけれども、やはりその手腕は
恐るべしである。

この記事をはてなブックマークに追加

新緑の保津川

2009-06-02 00:08:18 | kyoto (きょうと)

とにかく緑のきれいなこの季節の京都。

特にどこに行くともなく、嵐山から歩いている途中、
電車の音に誘われて、何となく乗った初めてのトロッコ電車。

車掌さんの案内もよく聞こえないほどの
列車の走る音と車窓を横切る気持ちの良い風。

ほんの一瞬、停まってくれた保津川の緑の絶景に
初夏の水音と緑の匂い立つ香りを感じて、
しばし立ち止まるような京都の絶景。

この記事をはてなブックマークに追加

京都、とっておきのバルへ

2009-06-01 23:50:08 | kyoto (きょうと)

5月はインフルエンザ問題でさんざんだった関西地方。

京都も、観光シーズン真っ只中だったところを、
やれ休校だ、イベントの中止だと
すっかり人の波が途切れてしまったよう。

やっとその騒ぎも一段落してきた先週末、
今度こそは行こうと新幹線に乗って京都へ。

電車内も、既にマスクを外している人の方が多く、
ようやく安心してシートに身体をうずめる。

京都駅に着いても、もうインフルエンザ騒ぎの
あの暗い感じはどこにも見えない。
いつもの少し湿った、初夏の京都の気配に、
安心して街へと繰り出す。

今回も外せないのはお気に入りの店、
三条のスペインバル「ポキート」。

予約しないとなかなか入れない人気の店だけれど、
いつもと変わらず歓迎してくれる。

確かに、インフルエンザ騒ぎで
キャンセルも多少あったそうだけれど、
いつもと変わらない元気な店の雰囲気、
そして温かいスタッフの対応。

カヴァを飲み、おいしいタパスをいただきながら
改めて京都の変わらない良さを感じた夜であった。

この記事をはてなブックマークに追加