la mia dolce vita

おべんきょう・ワイン・パン・お菓子・旅・・・などなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旅のこころ

2013-06-19 15:15:37 | viaggio (たび)


もう先月になってしまったけれど、休暇に訪れたポルトガル・リスボンで思ったことをひと言。

2月に長崎に行って出島を見てきたこともあって、あの安土桃山や江戸という時代に、ヨーロッパという遠い土地から、東の果て(いわゆる極東)のそのまた端っこにある日本という国にまでよく来たものだ、と思っていたけれど、リスボンへ行って海に面したその街を見てみると、この海からその一歩を漕ぎ出し、やがてはアジアの地まで行き着くことになったのか、と何となくその道のりが少しわかるような気がした。

目の前に海があり、そして船があり、やがてそこに人やものを載せてはるかな地をめざす。そんな、今で言う「旅」をして、世界に文化や文明は広がって行ったのだと思うと、はじめに一歩を踏み出した人の勇気が、そして希望が見えてくる。

旅をしながら、そんな思いにこれからも出会えれば、とまた新たな旅への一歩を考え始めているところ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リンカーンの真実 | トップ | シニアテイスター講座 »
最近の画像もっと見る

viaggio (たび)」カテゴリの最新記事