甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

二本ぼそ倶良尊山にて花粉泣き

2017年04月23日 06時49分55秒 | 三重さんぽ
 山に登ってから、もう3週間くらい経ったでしょうか。でも、4月の下旬というのに、今日も夕方からすごい花粉症で、もう何も考えられません。お風呂に入ったら少しはましになると思われますが、まだやらなきゃいけないことがたくさんあります。すべてがドッチラケのままじゃないですか。でも、山登りしたことを書いておきます。

 友人に誘われて、花粉いっぱいの山へチャレンジしたのは3月末でした。もうそれほどではないと高をくくっていたというのか、花粉をなめていたのですね。それに友人に誘われたら、イヤと言えないし、頑張れば大丈夫、それよりも山の展望を楽しみたいという気持ちに負けたのでした。

 めざす山は、倶尊良山(くろそやま)でした。普通は奈良県側から入り、曽爾高原(そにこうげん)というススキの名所から上がっていくのがメインルートです。でも、私たちは三重県民なので、三重県津市の太郎生(たろう)という集落から入りました。まあ、サブルートですね。

 でも、聞くところによると、登山道を這い上がると、いっぺんに視界が開けるそうで、そのドラマチックな展開を楽しみに黙々と林の中を進みました。



 杉林は、丁寧に間伐がしてあります。でも、切った木がそのまま転がされているのがなんだかもったいない。何か使い道はないのだろうか。たぶん、ないのでしょうね。これをふもとの街へ持って行く方がお金がかかるなんて、森林管理も大変です。もっと何かのお金になればいいのになあ。



 さあ、待ちに待った亀山峠に出ました。たぶんここは三重県と奈良県の境目で、眼下の草原はみんな奈良県のようです。ものすごい展望です。

 南に稜線をたどれば、亀山というところに出るようです。とんがっているのが亀山なのかな。でも、私たちは、稜線を北へたどります。この尾根はすごく細くて、今登っている山のピークはこんなにうすっぺらです。転げたら、もうとどまるところがありません。



 この一つ目のピークを二本ぼそというそうで、そこを過ぎると料金所があるらしい。そこには取り立てのお婆さんがいて、入山料の五百円を収めなくてはならないそうです。

 それで、お婆さんはどうしてそんな山のてっぺんにいるの? 歩いてくるの? という疑問が起きるそうで、答えは料金所に行ってからということでした。



 東側にチラチラと大洞山が見えます。あちらは三重県の名峰で、見上げるともっとドッシリしている感じなんだけど、同じ高さから見ると、ふつうの山の連なりに見えます。何だか少しザンネンな感じです。まあ、大洞山の価値が下がるわけではないし、私は大洞山は好きなんだから、まあ、いいですね。

 料金所にお婆さんはいませんでした。寒かったからか、シーズンじゃなかったからか、とにかく小屋を除いてみたら、下にモノレールが敷かれていて、このモノレールで登ってくるということでした。

 二本ぼそという頂から、一度ぐっと下がって、しゃくなげの群生地を抜けて、ふたたび倶良尊山をめざします。そう、二本ぼそからやっと山頂が見えます。今までずっと稜線ぞいに歩いて、向こうにあるお山が見えてなかったのです。



 こんなに両側が崖になっている絶壁のお山がめざす山頂なのです。最後はとてもゴツゴツしているということですが、もうこうなれば行くだけです。峠に出てからものすごい風で、その中にたくさんの花粉がまじっていて、それはもう苦しくはなっています。でも、友人たちにおくれをとるわけにはいかないし、もとから足でまといの私ですから、ここは無理しなくてはならない。

 そして、山の頂には、親子連れがひと組だけでした。2人はお湯を沸かしてカップラーメンを食べるところでした。ああ、優雅で、これぞ山の頂の感じです。

 私たちは、持ち込んだお菓子を食べて、我慢します。北の展望はあまり開けていなくて(私が印象がうすかっただけ? いや、何だかずっと森になっていました)、南に開けた展望を楽しみました。



 花粉まみれでボロぞうきんのようにズブズブになった私は、ごまかし笑いとささやかな感動で、思い切りは喜べなかったけど、とにかくクロソ山を制覇したと、もと来た道を帰ったのでありました。



 このかすむ霧の上が絶壁で、山になっているのです。どうしてこんな地形なんだろう。カルデラかな? それとも両側の力がぶつかっているのかな……。
ジャンル:
やっちゃった
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンバン好き 2017 | トップ | 春の恵みの…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

三重さんぽ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。