甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

河崎(伊勢)一箱古本市 2016

2016年10月18日 20時39分05秒 | 古本探しの旅
 昨年に引き続いて、今年も、伊勢の河崎一箱古本市に参加します。雨の翌日のくもりみたいだから、ひょっとして中止になるかもしれないけれど、一応参加するつもりでちゃんと本を探しておこうと思います。

 とはいえ、うちの目玉は何もないので、得意の絵はがきコレクションを売ってみようか、とか変なスケベー心が湧いています。地図といい、絵はがきといい、映画のパンフ・映画のちらし、どれをとっても、今の若い人たちは興味ないかもしれません。

 じゃあ参加する意味がないですね。どうにかして、参加される人たちの購買意欲を掘り起こす何かが必要です。みんな基本は何もいらないのです。何かおもしろいものはないかと訪れて、何もないから帰って行くわけですから、何か「おっ、これは得したな」と思えるものを、うちの中から発掘しないといけない。

 うちには、ガラクタと役に立たないもの、動かなくなった電化製品など、つまらないものはたくさんありますが、どれをだれが気に入ってくださるのか、それはムズカシイですね。それにほんの少しではダメですね。

 たくさんある中から、どれか1つ、2つを買ってみようという気になるのだから、たくさんお客さんたちの目を驚かせるもの、ないかなあ。

 みんなをシラッとさせるものなら、それなりにあるんだけれど、ワクワクさせるものがありません。ああ、悔しい。

 私のへたくそ写真を大きくしたって、そんなのつまらないです。私の切手コレクション、今も少しずつ増殖中ですけど、これは半額にしても買ってくれないかも。それくらい切手の人気は地に落ちました。

 映画のパンフレット、これはいくつかありますけど、これを持って行っても、みんな買ってくれないでしょう。映画も古すぎます。とてもクラッシックな映画ばかりです。わたしんちの宝物、ないですね。

 そりゃ、宝物は家族だけですからね。何もない。そんな嘆いているよりも、もう少し本箱をあさってみて、そこからいくつか選抜していきます。

 みなさま、どうぞ今週末、もしよろしければ、伊勢市の河崎の方へお越しください。私は奥さんと2人で、ぼんやりしながらお店屋さんごっこしているでしょう。全くもうからないけれど、リサイクルと人とのコミュニケーションのお勉強だと思って、参加します。

 どうぞ、よろしくお願いします。









 これらは昨年の写真です。去年は白黒にチャレンジしていたのに、ちかごろ白黒撮らないですね。いかんなあ。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャラバンは行くよ、どこか... | トップ | 柿たわわ一両列車に客の影 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。