甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

お餅たべたい! パッケージ!

2017年06月18日 09時15分42秒 | 町並みを行く!
 今年の3月、芭蕉さんと川上澄生先生にあやかって鹿沼市を訪ねました。あちらこちら歩いていけるところをめぐったつもりですけど、たぶんほんのうわべをかすっただけで、何も見ていないような気がします。

 それでも、たまたま見つけた紀州屋さんのやききんとんは、私にしてはヒットでした。まあいいお土産を買ってこれたと思いました。

 そのパッケージは、



 わりと地味な感じです。そこに文字が散らしてあります。色はどうなのかな、もう少しおいしく見せる工夫があってもいいかもしれない。

 おいもさんの色なのかな。だったら、それでいいかな。この無骨な感じが信頼性をもたらすのかもしれないので、ぜひこのままがんばってもらいたいな。

 とにかく、おいしいのだから、このまま前進あるのみです。



 奈良県宇陀市のきみごろもは、大宇陀の町で見つけたお菓子で、パフパフのお菓子です。マシュマロが好きなうちの子はパクパク食べてしまいます。

 きみをころもにして、しろみは泡立てて砂糖をまぶして作るんですね。なかなか食べるチャンスがなくて、この前、又兵衛桜を見に行った時に、何年ぶりかで買えました。また、何年後かに食べられるかな……。



 もち大国の三重県は、もち文化はそれほどではないのだけれど、茶屋で出す餅はたくさんあります。なにしろ参宮のための茶屋ですから、参拝目的のみなさんに楽しんでもらをなくてはならないので、そういうおもてなしは割とあるのかもしれない。



 ここも、二軒茶屋という茶屋の、名物の餅が今につづいています。手作りかどうかはわからないけど、細々とやっておられます。よく似たところはオートメーションの大量生産という茶屋・お餅屋さんもあると思われますが、それはそれです。

 ここのお餅は独特で、リピーターになっていますね。そんなに高くないのもいいなあ。
『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よそのアジサイ、うちのアゲハ | トップ | パッケージ、包み紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

町並みを行く!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。