甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

過ぎゆく秋の日のメモ

2016年10月13日 22時13分07秒 | 草にうずもれて
 とぎどき、「かなしい」気分でブログを書くことがあります。もともとションボリするのが好きな私は、口を開くと、ションボリと陰気なことを話してしまうか、それとも無言でブスッとしていることが多いのです。

 昨日は、どういうわけかいつもとキャラが違って、陽気に話をしたと奥さんは言います。声も出ていたそうです。帰りは遅かったのに、何だか元気だったんですね。何があったんでしょう。

 今となっては、はるか昔で、まるで憶えていませんね。帰宅は遅かったけれど、仕事もしていたと思うけど、なんで元気だったのか、いまだに自分というものがわかってないんですね。いいかげん上手にコントロールできそうなものなのに……。

 今夜は、帰宅しても、あまり声が出ていなかったそうです。

 「もっと横隔膜をつかわないと! 横隔膜も筋肉なんだから、使わないと退化するよ! 
だから、シャックリが止まらなくなったりするんだよ」

 そう奥さんに言われてしまいました。確かにそうかもしれない。私はのどをとおる空気を使って、くちびるを上手に使って、音声らしきものを出していました。

 「はーっ」「へーっ」「あっ、そー」「なーんだ」「まー、そうか」どれもちゃんとしゃべっているとは言えないことばばかりで、まともに単語・文を話してないですね。こんなことをしてもう何日・何年過ごしているのでしょう。ものすごくおしゃべりする筋肉・脳力・表情など、すべての面で衰えています。このままいくと魂の抜けたオヤジになりそうです。

 何かリハビリが必要です。だから、カラオケに行け! とは言いません。そんなことより、人と向き合うことですね。わかっているのに、ちゃんとやれていません。



 朝、ラジオで、ネビル・マリナーさんが亡くなって、その追悼番組を聞きました。2曲だけで、あとの方は途中で終わってしまったんですけど、「アイネ・クライネ。ナハト・ムジーク」が1曲目で、これは楽しく聞かせてもらいました。40年前の録音だけれど、しっかり楽しめました。通勤のルートを走りながらで、まるでどこを走っているのか、意識さえふっ飛んでしまって、まるでゲームで運転ゲームをしていて、そのBGMとして聞いているような、一体感がありました。

 というのか、現実が吹っ飛んで、ただ車窓を風景が抜けていくだけみたいな感じでしたね。

 そうですか、いろいろと楽しませてもらったマリナーさんももうこの世におられなくなってしまった。もう、なんだってありですね。ワイダさん(ポーランドの映画監督)も、亡くなってしまいました。私が80年代から今までずっとあれこれ教えていたただいていた、世界の大事な方たちが、次から次といなくなってしまいます。

 私は、後生の人たちに何か伝えられたでしょうか?

 全く私は何も伝えていませんね。ただ、1人でお酒飲んで、1人でいい気になっているだけでした。これでは若い人たちは相手にしてくれないし、若い人に何か働きかけもしていないし、声さえ出ていないのです。ああ、どうしたらいいのかなあ。

 何もできていませんし、二十代の人たちに何も伝えられていないし、そもそも何も伝えるものを持っていません。ただいいかげんなだけです。

 今からでも遅くないから、何か人に伝えられる、自分で見つける何かを探そうと思います。年をとってからでも、いつからでも遅くないから、とにかく何か、探していきます。

 楽器はいいですね。でも、これはもう諦めています。私は右と左が一緒に動くことしかできないですから、笛だってむずかしかったんだから、とにかく楽器はダメ。だったら、絵かな。それしかないですね。



 あともう1つ、帰宅したら、ボブ・ディランさんがノーベル文学賞をもらうことになったそうです。やっと、という感じだけど、ロックの分野から、初の文学賞です。もう彼以外には見あたりません。ジョン・レノンが生きていたら、取れたかもしれないけれど、もう彼はいないですし、ほかには、音楽の世界で取れる人というと、スティーヴィー・ワンダーかなと思いましたが、詩の内容を考えたこともないので、あまり取れそうな感じがしませんね。

 日本だったら、中島みゆきかさだまさしですけど、2人の作品が世界に浸透して、翻訳されているという話など聞いたこともないですし、日本の音楽会から文学賞はないですね。やはり、あと数年後、春樹さんに取ってもらうしかないですね。

 それからあとは、もう誰が取ろうが、ノーベル文学賞は関係ないかもしれません。ボブ・ディランさんは、長生きして、いつまでもロックしていて、声もいいし、好きですね。この前も、タワーレコードで買おうと思ったんでした。でも、お金がなかった。ああ、残念。家にあるCDでも聞いて、明日はお祝いします。

 よかった。よかった。ワイダさんとマリナーさんは、ご冥福を祈ろうと思います。冨田勲先生もお祈りしなくちゃ! もう、いろんな方のことをお祈りして、今生かされている自分をありがたいと念じて行きます。

 
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢頭山初登頂! | トップ | 秋の暮れ十四夜と焼酎と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。