甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

宇都宮でのメモ

2017年03月20日 06時13分34秒 | 空を見上げて
1 朝、6時前に起きましたが、何だかさやわかではありません。睡眠不足のせいでしょう。とはいっても、23時には寝ました。でも、ハナ水で1時、2時と目が覚め、本を読んで薬を飲んでようやく眠れたからでした。それでも、6時前には自然と目が覚めました。まあ、これは旅先だからかな。落ち着かないのだと思います。




2 朝ゴハンは、ハムカツサンドとシュークリームパン。ああ、私は油っこいモノ・天ぷら系とカスタードやデニッシュ系が好きなんですね。いつかとんでもない目に遭いそうです。もっと淡泊なものを食べなくちゃ! コーヒーはなく、秋田の白神山地の水を飲みました。昨日、一ノ関の待ち時間で買ったヤツがまだありました。クスリ用に買ったんでした。一ノ関も昨日はしんどかった。おとといは花粉を感じなかったのに、東北の春を感じに、私は来たんですね。知らなかった。



3 束稲山(たばしねやま 私のパソコンでは変換できないです)、栗駒山など岩手の山を電車の中から見ました。白石あたりでは蔵王連峰を見ることができた。これはビックリでした。福島あたりでもチラッと雪を頂いた山々が見えましたが、寝ていたり、人がずっといっぱいだったりして、ちゃんと見られなかった。

 それで、1984年の秋、初めて彼女のふるさとへ、東京まわりで出かけた時、確かまだ快速とか急行とかが残っていて、それでワクワクしながら、福島あたりの山々をながめたのを思い出しました。あの時、松島は雨でした。どこかで泊まったんだろうか。1日かけて観光しながら岩手まで行ったんだったか、たぶん、新幹線は走ってたはずだけど、あの時の福島の山々、あれはよかった。残念ながら、山の名前がわからないけど、何だかうれしかった。

 まあ、好きな彼女と旅ができたら、それだけでしあわせかな。山があれば、もっとしあわせです。


4 宇都宮は巨大な街だと思います。夕方に着いたら、たくさん街を歩く人たちがいました。本当なら私も、その人たちと一緒にお酒でも飲めたらいいのに、どこにも寄れず、コンビニでおろしうどんとサラダと缶ビールを買って、ホテルの部屋で食べました。それはそれでよかったのだけれど、ギョーザを食べられなかったのは残念でした。どこもすごい行列で、並んでも食べるという強い意志はないので、あっさりとあきらめてしまいました。ザンネン!



5 今日は、これから川上澄生美術館に行き、サッと見て、はるばる三重県まで帰ります。ちゃんと乗り継ぎできるかどうか、それが心配です。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北上から宇都宮へ 18キップで! | トップ | ヨーグルトからひょうたん島へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。