甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

6月の俳句(かなり古い!)

2017年06月15日 21時58分04秒 | 詩 短歌 俳句
 ゴハンを食べて、夏みかんヨーグルトを食べたなら、いつもならお風呂です。でも、少しだけ余裕があるのか、それともどういう風の吹き回しなのか、少し散歩してこようと、奥さんを誘って外に出ました。

 遠くに行けるわけではないし、適当ないつものコースです。いろんな花の匂いがしました。夜のクチナシの匂いも流れています。私は馬酔木(あしび)ではないけれど、クチナシの花の香りは、腰砕けになってしまう感じでした。どうしてなのかなあ。力が入らなくなります。巨大神ではありませんけど、力を失うみたいです。どうしてなのかなあ。何か因縁があるのかもしれないけど、とにかくフヌケになってしまう。

 栗の花といい、クチナシといい、今の時期の花は、何だか微妙です。ドクダミは私は苦手ではありませんが、人によってはとてもいやがる匂いのようです。この時期の花は、刺激的なんですね。



 古い俳句を載せてみます。つまらないと思うけど、「父の左手」は今日は休みます。また、明日にご期待ください(だれも期待してないと思いますけど……)

★ 2008年6月11日・水曜
麦秋や薄暮に浮かぶ「きぼう」の灯

伸びすぎた垣根をたき火にする親子

兵たちにことばもなくて火照りけり

夏草や焼かれて虫の居所なし

 きぼうという人工衛星が飛び、戦争のことを何だか考えていたようです。少し独善的。4番目は、少しわざとらしい。あざとい感じかな。



★ 2008年6月22日・日曜
妻にメール雨に降られた噴水

「蟹工船」梅雨空の下買いに行く

夏至が来て名物のたい焼きはうまし

夏至の夜妻の横にて小さく眠ろう

 9年前、「蟹工船」がブームだったんですね。新潮文庫を買いましたが、いまだに読み切っていません。チャレンジはしましたが、挫折してしまいました。ザンネン。

 鯛焼きやさんは、有名なところがあるんですよ。お店でカリカリのを食べるのが最高なんだけど、1回しか食べたことがありません。たいていテイクアウトで、家で日本茶で食べるのです。まあ、おいしいけど、何だかもったいない。



★ 2008年6月29日・日曜
日曜の夜に潰した蚊一匹

チェーホフを読んだら梅雨は中休み

チェーホフを読んでる梅雨の中休み

チェーホフや梅雨中休みフトン干し

紫陽花や笑顔を一つ撮ってみる

被災地に五月雨の来て人は生く

 9年前、どこの被災地をイメージして俳句を作ったのか、いつも世界中に被災地はありますから、どこかでそういう映像を見たのかもしれない。神戸の映像だったのかな? わからないです。

 チェーホフにも興味があったんですね。長い間読んでないですね。こうして昔の俳句を見ていると、チェーホフでも読みたくなります。まあ、今は「ウホッホ探険隊」を読んでいます。母の視点がとてもあたたかで、しんみりしながら読んでいます。



★ 2008年6月30日・月曜

あかね空ヒコーキ雲は百合めざす

蓮の葉や小さく揺れて音もせず

廃坑を花でふさいでヤマアジサイ

化学式スラリと解いて梅雨休み

 ああ、9年前も今も、ブレークスルーができません。そのまんましか書けていないなあ。

 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の左手 その1 | トップ | 朝のあいさつ、やあ、オハヨウ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。