甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

十三夜 ユーミンのうた夢で聞く

2016年10月15日 05時39分35秒 | 空を見上げて
 雨が落ちる音がするなあと、目が覚めたのは四時半でした。ほぼ6時間寝たので、もう起きてもいいかなと思いました。でも、いくらなんでも早過ぎるなあと、もう少しフトンの中にもぐってみた。

 起きているのか、寝ているのか、それに昨日見上げた月はどうなっているんだ、昨日は十四番目の月だった。「十四番目の月がいちばんすきー」……、そこしか記憶にないけれど、ユーミンの歌もあったなあ。相変わらずシトシト音がするけれど、どうなっているんだ。

 外を見てみました。星が出ていた。東の空に出ていたので、金星かもしれない。月はもう空になかった。調べてみたら、もう月はしばらく前に沈んでいたようでした。でも、夜中の二時くらいもそんなに明るい感じはしなかったのだけれど……、たぶんその時はまだ月も出ていた。

 ああ、雨ではなくて結露の音でした。窓ガラスにも小さい水滴がついています。それくらい寒さもあるようです。自分は家の中にいるけれど、外にいたら、シャツ一枚ではすごせない感じです。

 鳥たちも鳴き始めました。たぶん、スズメたちだと思われますが、みんな朝の支度を始めている。

 私は、月がもうないことを確認し、メモしてみたら、少し落ち着きました。それにシャツいちなので、何だか寒いです。



 MLBのことを書いておきます。これもメモみたいなものです。

 私はもちろんナショナルリーグのファンなので、ワールドシリーズもナショナルリーグのひいきになります。これはもう二十数年つづけてきたことです。

 だから、ぜひドジャースかカブスにワールドチャンピオンになってもらわなくてはならないのです。そこまで応援すると思います。

 どっちのファンかというと、Tシャツも持っているくらいだから、カブスのファンです。でも、カブスはそこまで勝ち上がれるのかどうか、とにかくそこまで行って欲しいです。結果は見ていないけど、ひょっとしてナショナルズが勝ち上がるかもしれず、そうなるとアメリカンリーグの方を応援したくなるのは、ナショナルズがわざとらしい(という偏見を私が持っている)からでしようか。

 アメリカンリーグは、ワイルドカードから上がってきたブルージェイズが打線好調で不気味な感じです。このままリーグ代表でワールドシリーズに出るかもしれない。そうなると、合衆国の人たちの目はいよいよMLBから遠くなるかもしれません。

 結果はどっちだってよくなるのかも。なかなかムズカシイです。みんなが楽しみにできるワールドシリーズって、ないものかなあ。それは無理なのかもしれないですけど、ブルージェイズは強いかもしれないけど、カナダのチームだし、何だか魅力がないのです。爆発的な打撃力はあるけれど、それでワールドチャンピオンになるのなら、野球のこまごました楽しみがないじゃないですか。

 ホームラン四発で試合を決めたとか、見ている分には派手でいいのかもしれないけれど、それが野球ではないのです。もっと盗塁やら、ピッチャーの投球やら、目立たない内野手の守備やら、そうしたことが浮き上がらないと、細々した物語がないなんて、何だかさびしいです。

 まあ、どうなっているのか、全く情報をキャッチしていないので、わからないまま今の思いを書きました。できれば、インディアンスくらいに勝ち上がってもらいたいけれど、どうなっているのかなあ。

 新聞で確認してみます。


★ ドジャースは最終戦に進出したそうで、カブスと決定戦を行うらしい。アメリカンリーグは、ブルージェイズとインディアンスらしいです。もうこうなったら、カブスかドジャースですね。頑張ってもらわなくちゃ。

 それから、ディランさんに便乗する商売が進行しているようです。でも、そんなに長続きはしないと思います。また、落ち着いたら、安いCD買わなくちゃ!
 

ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の暮れ十四夜と焼酎と | トップ | Inception 2010 ……発端  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。