甘い生活 since2013

俳句や短歌などを書きます! 詩が書けるといいんですけど……。

写真や昔の切り抜きなどを発掘していきますね。

イヌマキと三匹のネコ

2016年12月20日 06時13分11秒 | 三重さんぽ
 とりそぼろ弁当が台無しになった後、私たちは熊野市から御浜町へ抜けて、神木地区へ向かいました。

 神川・神上(かみかわ? こうのうえ)、神木(こうのぎ)と、神のつく地名が熊野にはいくつかあるようです。やはり、わりと神様と近しくなれる感じの土地なのだと思われます。

 神木にはみかんを買いに行きました。たくさん買って、スッカラカンになった。

 そして、どこの温泉にも行かないで、サッサと帰ることにしたつもりでした。

 でも、「神木のイヌマキ」という看板を目にしたので、ぜひ行ってみようということになった。

 何かがしたかったんでしょう。

 5分とあったので、すぐに到着できるものと、ノコノコ歩いてみました。それくらいあたたかなお昼過ぎでした。この5分というのは、あとで考えれば「クルマで5分」ということなのだと思いましたが、その時の私たちは歩いてみたかった。

 ネコが三匹日向ボコをしています。ああ、のどかな小春日和。



 私たちは、どんな木かわからないけれど、その木を視界にとらえようとしていました。でも、そのてっぺんは見えてこなかった。どうなっているんだろう。

 川をさかのぼっていくと、ようやく山のとっかかりのようなところに木のてっぺんが集落に囲まれて見えていて、そちらに向かって歩きました。



 木は、川を挟んで道の向こう側にあって、まるで橋を渡ると、木の聖域に入ることができる感じです。

 私は、もちろん木のそばまで行きました。奥さんは、橋を渡ると木の聖域に踏み込んでしまうから、そんな恐れ多いことはできないと、橋の所から見上げています。あいかわらずの奥さんです。いつも神様に対して敬して近寄らずなのです。その意固地なところが彼女らしい。

 私は、感受性は低いのにノコノコ近づくことはできて、木を見上げています。すると、木にはたくさんの鳥がいるみたいで、みんなであれこれおしゃべりしていました。1羽や2羽ではありません。とてもたくさんの鳥の声でした。

 木のありがたさも教えてあげたかったし、鳥たちの声を聞かせてあげなくちゃと、橋の向こうの奥さんを呼んで、彼女もおそるおそるやってきて、鳥の声を聞きました。


1 小春日や神の木から降る鳥の声



2 控えめな妻呼び寄せて冬の鳥
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みみっちい私の情けない話 | トップ | ふるさと、青山、近江の人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

三重さんぽ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。