精神分析家のセラピー日記:ラカン精神科学研究所 福岡

精神分析家の進志崇献(しんしそうけん)が日々の雑感を綴ります。

レオナルド・ダ・ビンチ同性愛の考察(File.067)

2016-10-18 20:34:36 | 性倒錯
こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

絵画「謎の微笑み、モナリザ」で有名なレオナルド・ダ・ビンチが同性愛者だったと言う話を考察します。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

私の世代でモナリザ、レオナルド・ダ・ビンチ(イタリアのルネサンス期を代表する芸術家)が有名になったのは、モナリザ展、1974年(昭和49年)04月20日~06月10日、東京国立博物館:と記憶しています。11歳の頃で、私にとっては、そろそろ社会的な事に興味関心が向う頃でした。

人気歌手:郷ひろみさんの7枚目のシングルレコード「モナリザの秘密」がリリースされたのは1973年12月で、いわゆる世間はモナリザブーム状態でありました。

「レオナルド・ダ・ビンチ」についても、多彩な人で、モナリザの他にも最後の晩餐、昔の全日空(ANN)のマークの元となったペリコプターの設計図をはじめ各種飛行機の設計図、各種人体解剖図を書き残した人と紹介されていました。

しかし、レオナルド・ダ・ビンチ同性愛者説はまったく知らなかったのです。

性倒錯の構造 フロイト/ラカンの分析理論 著:藤田博史の第2章 男性同性愛の病理 の解説で初めて知りました。興味を持ってネット検索すると、レオナルド・ダ・ビンチのウィキペディアにもその旨の記載がありました。

もちろん、ダ・ビンチは15から16世紀の人なので、残された資料から推測するしかないのですが、ダ・ビンチは0から5歳までは母子家庭で過ごし、父不在であった為、ダ・ビンチにとっては母親が「ファルスを持つ母性」と言う対象となった影響が大きいとの説明がありました。後に、ダ・ビンチは男性でありながら、成長した後に、かつての母の位置に自分を位置づけ、過去の母子関係をイケメン(同性)の弟子との関係性において再現した結果、同性愛関係を持つようになったと言うことでした。

現在、メディアに露出する同性愛者の方々も多彩な才能をお持ちで、びっくりする事が多々あるのですが、なぜに、異性愛でなく同性愛と言う関係を持つに至るのか?精神発達論から解き明かすのは大変興味深い事です。

歴史的には子を宿さない性愛の形としてタブーとされる時代が長かったのですが、精神分析的には、象徴界に登録した文字が「男性」か「女性」か、何も登録しなかったか?と言う線引で解説されています。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの非行など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「聲の形」の精神分析的... | トップ | 沖雅也 日景忠男 同性愛の考... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。