精神分析家のセラピー日記:ラカン精神科学研究所 福岡

精神分析家の進志崇献(しんしそうけん)が日々の雑感を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓国映画「アシュラ」の考察(File.365)

2017-03-30 11:20:30 | 映画批評
こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

この映画、TBSラジオの宇多丸師匠の「ムービーウォッチメン」の映画評でオススメ映画として紹介されていた。公開劇場をチェックしたところ、私のホーム劇場のキャナルユナイテッド・シネマでは上映してないし、Tジョイ博多でも上映していない。サイトでチェックすると中洲の大洋映劇で上映中との事。京都出張予定だったのだが、当日は月曜日でメンズデイ。お得に鑑賞できる日だったので、出張荷物を抱えたまま劇場に向かった。
まったく予備知識を持たずに鑑賞したのだが、さすが韓国映画。暴力描写が半端ない。カーチェイスシーンも「どうやって撮影したのか?」と考えながらもビビりながら劇中に引き込まれた。

暴力シーンが苦手な方にはこの映画オススメしません。観ていて嫌になります。

劇中の会話は当然韓国語で何を言っているのかわからないので字幕を追うのだが、画面上にいる人はビジュアル的には日本人となんら変わらない人達なので、なんとなく近親憎悪というのか、変に感情が揺さぶられる。

特に、板挟みになってボコボコにされる刑事さんが「吉田栄作」に似ていいるし、検察の課長役の人が太った「渡辺謙」的なビジュアルで、不思議な感じがする。

この「アウトレイジ」よりずーーと暴力映画です。

この映画「アシュラ」を観た一週間後ムービーガチャに入っていた韓国映画「哭声/コクソン」もKBCシネマで鑑賞した。こちらはこちらでエクソシストとゾンビと火曜サスペンスを混ぜた様な作品で観ていて更に嫌になった。笑。

私には「猟奇的な彼女」くらいがちょうどいい。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PL学園、大阪府高野連から... | トップ | 乗車中のパニック 震度6(Fi... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。