精神分析家のセラピー日記:ラカン精神科学研究所 福岡

精神分析家の進志崇献(しんしそうけん)が日々の雑感を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

消費税10%で更なるデフレへ(File.339)

2017-03-07 16:08:47 | 精神分析
こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/


以前「電動自転車 新産業創出 勃興(File.136)」で記述した。

消費税に纏わる過去の動き

2014年04月 消費税率を8%に引き上げ。
2014年11月 2015年10月の税率10%への引き上げを2017年04月に1年半延期。
2016年06月 2017年04月の税率引き上げを2019年10月に2年半延期。

このまま景気が回復しなければ当然・・・

2019年04月 2019年10月の税率引き上げを2021年04月に1年半延期。

東京2020オリンピックは消費税8%でデフレ経済のまま迎える事となる。

2019年04月まで、あと2年しかない?経済がインフレ化する兆候は見えているか?

ちょっと前までは「民間活力」とか「小さな政府」とか言っていたのが嘘の様にアベノミクスは、「財政出動」と「公共事業」の大盤振る舞い。

ところが、現在の日本経済は、統計によると、在庫が増え、消費が減り、景気が良くなるっているかと思うとぜんぜん良い話は出てきません。

あなたの周りで、求人が凄いとか、人手が足りないとか、工場フル稼働とか、消費の為に行列ができたとか聞いた事ありますか?ないですよね。

相変わらず、日本経済は「デフレ」です。

正社員は増えません。ママは0歳児を託児所に預けてまでも働かなくてはなりません。明らかに、本来ならバンバン消費活動をする世帯が貧困化しています。真面目な学生さんが進学の為に借りた奨学金も重い借金のまま脆弱な新生活にのしかかります。

日本経済は既に死んでいるのでしょうか?政府が少々のカンフル剤(アベノミクス)を打っても、一時的にも元気を取り戻す事もなく、意識朦朧状態なのでしょうか?

株価が2万円に戻っても庶民の生活にはなんの影響もない。富裕層が株を売ってバンバン消費活動を開始して、世の中の景気がよくなる?それっていつのことだろうか?

こうなったら、せめて0成長でいいから、治安の良い世の中を維持できる程度の経済状態を継続する事をお願いできないでしょうか?


心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郵便局がJPへ の考察(File... | トップ | 韓国は「恨の文化」の炎上マ... »

コメントを投稿

精神分析」カテゴリの最新記事