精神分析家のセラピー日記:ラカン精神科学研究所 福岡

精神分析家の進志崇献(しんしそうけん)が日々の雑感を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年)の考察(File.293)

2017-02-12 00:12:55 | 映画批評
こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

Amazonプライムで映画の過去作をチェックできるのがありがたい。たまたま観た映画は「阪急電車 片道15分の奇跡(2011年)」昨今流行のテレビドラマの焼き直しかと思って勘違いして観ていたのですが、なめてーたぁ~(宇多丸師匠ふう)です。

映画『阪急電車 片道15分の奇跡』のキャスト

冒頭から、結婚準備中だったのに、彼氏を会社の後輩に寝取られた悲劇のヒロイン高瀬翔子役に中谷美紀。で、彼氏が・・どこかで観たぞと思ったら鈴木亮平さん。直近では「海賊とよばれた男」で出光の社員役を好演。受験をひかえた女子高校生:門田悦子役に有村架純さん。もののわかったオバサン萩原時江役が宮本信子。その孫:萩原亜美役が芦田愛菜。DVの彼氏に振り回される女子大学生:森岡ミサ役に戸田恵梨香。・・これって豪華キャストです。・・・芦田愛菜は魔性の女である・・・凄すぎるこれは断言できる。ちなみに愛菜さまは2年後、菊地凛子さんとパシフィック・リムで共演される。リアル出身も西宮でドンピシャの布陣。

もう6年前の映画なので誰一人スマホを持っていません。みんな携帯電話です。日常の風景さえも否応なくあっという間に変わっていくんですね。

原作の小説「阪急電車」。原作は有川浩さん。有川さんの原作小説で映画化されたのは「図書館戦争」などなど-観ました!

九州人の私からすると、今でこそ「博多阪急」があるものの、基本、九州人には縁のない阪急さんだったのですが、私は物販の仕事をしていた時に、阪急うめだ本店で催事のお仕事をした事があります。たしか開店時には宝塚の音楽が鳴っていた様な・・記憶違いだったら申し訳ありません。

で、小説「阪急電車」の舞台は、阪急電車の今津線。

今津線(いまづせん)は、兵庫県宝塚市の宝塚駅から兵庫県西宮市の今津駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。駅数8駅で距離にしたら7.7キロ、片道15分の路線である。

宝塚駅-宝塚南口駅-逆瀬川駅-小林駅-仁川駅-甲東園駅-門戸厄神駅-西宮北口駅-阪神国道(阪急線)-今津(阪急線)

不特定多数が乗り降りする都会の電車の風景・・・。人はそれぞれみな、色んなやりきれない気持ちを抱えて生きている。死ぬほどつらいわけではないけれど、どうにもならない思いを抱えていきている。そして、その気持ちは誰にも言えないのだ。だれかに言っても仕方がないことだと諦めるしか無い。みなそう思っている。自分自身で解決するしかないんだ。この世界にはこんなにも沢山人がいるのに同じ場所で同じ時間を一緒に生きている人がこんなにもいるのに。それは何の意味も持たない。名前も知らない人達は私の人生になんの影響ももたらさないし私の人生も誰にもなんの影響も与えない。世界なんてそうやって成り立っているんだ。そう思っていた。でも・・・。

この映画オ・ス・ス・メです。


心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋下徹vs小林よしのりの考察 ... | トップ | <宮崎3人殺害>再審請求の... »

コメントを投稿

映画批評」カテゴリの最新記事