絵本とおはなしと子ども英語♪ゆったり・まったり・ドキドキしよ♪

「昔むかしあるところに」今ではない此処ではない別の世界
わくわくするお話の世界に行って、自由に心をひろげてみない?

めんどり・ひつじ・くま

2017年04月21日 | 絵本で子育て
お題「印象に残ってる絵本は?」に参加中!
4月23日は、子ども読書の日。

子どもも大人も、本を読むことから離れがちな現代ですが、
特に子どもには、本はすごい効果をもたらすんですよ。
親にもですよ。

「絵本で子育て」センター 絵本講師のあっこちゃんとしては、
子ども読書の日にちなんで、絵本を紹介しないわけにはいかない、ということで
つれづれ、書かせていただいています♡

さて、きょうはラジオに出演しました。
エフエム茶笛(チャッピー)77.7khz
「絵本大好き」コーナーです。
今日の絵本は、先日の図書館おはなし会でも、おはなしで語りました。

内容の記録をここに。

紹介したのは
「おかあさん だいすき」

「おかあさん だいすき」、優しい感じのすることばですが、じつはバン!とした直球、ストレートが飛んできますよ。
こどもの一途なきもちがおかあさんにバン!と伝わります。

小さな絵本で、パッと目をひく明るい黄色は、とても目を引きつけます。
表紙の絵は、金髪の男の子と、オレンジ色のめんどりと、白くて頭と翼が灰色のガチョウが、走っています。
絵は動きませんが、走っていることがわかる、スピード感のある絵は、この作家さんの特徴なんですね。
活動的な幼児期のこどもが、見てすぐに一緒に走っているきもちになるのかな、と思います。

この本には2つのおはなしが入っています。
編集の光吉夏弥さんが「おかあさん だいすき」をテーマに二つ収めているのですが、きょうご紹介するのは一つめの「おかあさんのたんじょう日」です。

文と絵はアメリカの作家、マージョリー・フラックさんですね。なんと1800年代の生まれなんですよ。
日本語の訳は光吉夏弥さん。初版は1954年、おばあちゃん世代になりますね。
どの時代でもこどもとお母さんのきもちは同じだなと思います。

絵本の始まりは…
 あるところに、ダニーという おとこの子が いました。
 きょうは、おかあさんの たんじょう日です。
 そこで、ダニーは かんがえました。
「おたんじょうびの おいわいに なにを おかあさんに あげたらいいかなあ」

*ここのダニーのことばは、わたしは少し変えて読んでいて、本の訳文と違います。

このあと、ダニーはお母さんにあげるものを見つけに出かけ、出会う動物たちに聞いて回ります。
そのときの言葉が、
「おかあさんの たんじょう日に、なにか あげるもの ないかしら」
これを繰り返して、ダニーは動物たちに聞いていきます。

少年ダニーが丁寧にたずねて、動物たちが丁寧に答えます。こんなふうです。
「それじゃ わたしが うみたての たまごを ひとつ あげましょう」
「どうも ありがとう。でも、たまごなら もう あるの」
「それじゃ、いっしょに なにか さがしに いきましょう」

このやり取りが次々と、めんどり、がちょう、やぎ、ひつじ、めうしと繰り返されます。
同じ繰り返しが、こどもは大好きですから、読んでいくうちに自然と「もうあるの」と言って楽しみますよ。先回りして。

言葉遣いもそうですが、絵もとても丁寧なタッチです。
男の子ダニーと同じ目線で動物たちが描かれて、まるで友達のよう。
こどもの気持ちに沿っておはなしが進んでいきますよ。
めんどりが「こっ、こっ、こっ」とか、がちょうが「があ、があ、があ」なんて鳴いているところも面白く、絵から声がきこえるよう。
読むときに鳴き声を真似ても楽しいと思いますよ。

単純な繰り返しなのに、次々と動物たちに会って、どんどん駈けていく躍動感が、絵からも文章の配置からも感じられて、ページをめくるたびに楽しくなっていきます。

こうして駈け続けるダニーたちは、あるところでピタッと止まります。動物たちはそこから動きません。何がおきたんでしょう?
ダニーが行こうよと言っても「わたしは、ごめん!」「わたしも、ごめん!」「わたしも、ごめん!」っていうんです。
ダニーはそこから一人で進むことになります。さあ、スリルですよ!

このおはなしの原題は「ASK MR BEAR」で直訳すれば「くまさんに聞いてごらん」です。ダニーが一人で会いにいったクマさんが、お母さんへの一番いい贈り物を教えてくれるのです。

ダニーはお母さんのところへ帰って、この素敵な贈り物をあげるんですよ。きっとあなたのお子さんも、同じプレゼントをくれるはずです!
うちの子もそうでしたし、沢山の親子さんがそうなんですもの。愛は不変。時代も場所も問わない、って本当に実感します。

みなさん、どうぞこの絵本を、手にとってお子さんに読んであげてくださいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひつじ・くま・かえる | トップ | どんなに きみがすきだか あ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。