絵本とおはなしと子ども英語♪ゆったり・まったり・ドキドキしよ♪

「昔むかしあるところに」今ではない此処ではない別の世界
わくわくするお話の世界に行って、自由に心をひろげてみない?

おおみやラボ村のこどもの日

2017年05月05日 | 英語教室
皆さんはもう、ツバメを見ましたか?

ふんわりピンク色の桜の花は
鮮やかな緑の葉に変わり
強い日差しが煌めいて降る
ゴールデンウィーク。

こどもの日が来ることもあって
埼玉大宮地区の「ラボこども英語」では
集まっておはなしや歌を楽しもう! ということで4月末、恒例のイベントが開かれます。

今年は「おおみやラボフェスタ」として
ラボ・ライブラリー(絵本とお話の音声教材)の『こつばめチュチュ』を題材にした遊びの広場でした。

『こつばめチュチュ』はツバメの男の子のおはなし。小学校1年生です。
電線に止まって授業を受けたり、運動会で競争したり、事故にあったりと、楽しくてドキドキして子どもらしくて
《こどもの気もち》にぴったり来るおはなしなのかなと思います。

このラボフェスタで、子どもたちがチュチュのお話を楽しむようにと、大人として企画したつもりでした。

でも、余計なお世話だった。
子どもたちは、自分たちで遊びを考え出し
こちらが楽しませてもらいました。

簡単な材料でできる、チュチュのクラフトはよく飛ぶし!

自分がツバメになって障害物競争もするし!

南の国、オーストラリアのフォークソングを
お兄さんお姉さんによ〜く教えてもらってダンスをマスターしたり。

ステージで英語のライムを発表するドキドキ体験もする。

100名こえる、大勢の子ツバメ達が集まって遊ぶ、最高のフェスタになりました。

リンドグレーン作『やかましむらのこどもの日』のように

子どもたちが自ら工夫をして
小さい子たちを楽しませ
自分たちも楽しい。
危ない時だけ大人がセーブする。

こういう場を作れて、大満足(╹◡╹)♡

リンドグレーンの時代と違い
いまの子どもたちは時間がなくて
可哀想だけれど
大人が少し、こどもに自由を返してやれば
こんなに楽しむし学ぶんですね!



ツバメが少なくなったと言われます。
あまり見なくなったかな?
私は昨日、小旅行の店先で
巣作りしているらしいツバメ夫婦を
見かけましたよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かふぇ絵本講座「絵本の部屋」 | トップ | 英語であそぼうスクール5月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。