ラブが行く!

家族と自分自身のための、愛犬ラブの平凡な日々の記録

「ペットショップにいくまえに 2016」展

2016-09-19 15:20:44 | 
先日の はしもとみおさんのグループ展ですが、

本来のこのグループ展は




これです。

主旨に賛同された10人以上の作家さんが参加されているようです。

売り上げの一部は動物保護団体に寄付されるそうです。

(売り上げの全額を寄付という作家さんもいらっしゃいました。私がネコ飼いだったら欲しいような可愛いネコの小さな絵画。。なんと作家さんは獣医さんでもありました。)

10月3日まで開催されています。ご興味のある方は是非。

西荻窪駅から徒歩5分ほど「ウレシカ」という小さなギャラリーです。


ラブを迎えた時代は、まだインターネットもそれほど一般的でなく、犬はブリーダーかペットショップで手に入れるのが普通であり、他の選択肢があるなんて知りませんでした。

今は人々の意識も変わり、私の回りでも保護犬を迎える人が増えています。

息子が大学に入学して直ぐに連れて行かれた保健所。

その様子を見た息子が

「お母さん、犬は買うものじゃないよ。

行き場のない犬が山のようにいるから」

と話していたことが強く心に残っています。





手のために3ヶ月位は休んだ方が、、と言われましたが、

少し良くなったので、




またぼちぼち・・・(^_^;)


だってせっかく




お手本の写真が目の前に〜!

のんびり、のんびりね。




我が家のカメゴン、




ちょっと水が白っぽく油っぽいでしょ、、、

ここ数日、タマゴ産んでます (ー ー;)

もう4、5個産んだ模様。。。

う〜む・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BOX | トップ | 散歩道 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りず)
2016-09-19 17:06:49
え~っ!どうするんですか?
いやいやどうなるんですか?そのたまご…
私の人生でその経験はないし聞いたことない!

どうなるんだろ………
りずさんへ (labmama)
2016-09-19 19:25:41
名前は「カメゴン」ですが、もう10年位前に卵を産んで、メスだと判明!
1匹で水槽にいるから無精卵ですよね〜
うずらの卵の大きさです。毎年のように春から秋の間に産みます(^_^;)
産んで直ぐに自分で蹴飛ばして破れてしまうと、水が油まみれです。
画像あります、2013年11月8日の記事です。よかったら見てくださいませ(^_^;)
りずさんへ、追伸 (ラブ)
2016-09-19 19:28:52
食べませんよ〜!!(^_^;)
捨てます(ー ー;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。