エルの日常

黒ラブを友として、のんびり気ままに、時々ハッピーな日々

時間潰しの寄り道

2017年04月20日 | 日記

伊香保・ルビーガーデンへの遠足は、現地集合でしたので、時間に余裕を持って出掛けました

上武大橋の手前で渋滞に遭うも、十七号の上武道路をひたすら走り、二時間余りで現地到着

十一時集合でしたが、到着は九時半過ぎだったので、近くの水沢観音に行って見ました

     

仁王門の下に車を止めて、近くでお掃除をしてた方に、犬連れで参拝できるか確認を...

階段を使わずに左に回り込む道で、本堂まで行けると、親切に教えて頂きましたが

上りはチャレンジと、階段の苦手なエルさんを誘導して、赤門の仁王尊と雷神・風神の元へ

     

が、更に奥にも急な階段が...(ノ_*。)

何故か、三段跳びのような登り方をするエルさんに、『ユックリ!ユックリ!』と、言い聞かせながら

内心ハラハラの思いで、階段を上がって行きました

     

坂東札所十六番

歴史ある古いお寺で、最近では、パワースポットとしても有名ですね

本尊の十一面千手観音菩薩が安置された、 本堂です

     

中でも、最強のパワースポットと言われる、 六角堂です

     

六体のお地蔵様の台座を左に三回、願い事を唱えながら回すと、ご利益が有るそうな!

エルさんを片手に、台座を回して見たのですが、これが結構重くて、三回はしんどかったぁ~

細やかな願い事、叶いますでしょうか?

     

飯綱大権現と記された、赤い鳥居の先にも奥社が...

エルさんとの階段下りは、危険すぎるので、下で手を合わすだけにしました

     

金運をアップさせるには、一回百円で、鐘楼堂の鐘を突くことだそうですよ(*^∀^*)

     

大駐車場へ続く道は、お土産屋が並び、美味しそうなお饅頭が...

有名な、水沢うどんのお店も有りましたよ (食べ物ばかりに、目が行ってしまいますね)     

     

広い駐車場を囲むように、満開の桜やモクレンが咲いていて、とっても綺麗!

     

     

駐車場の反対側には、公園のような広い緑地帯が広がっていて、枝垂れ桜も見事でした

     

     

たっぷり一時間程の散策を楽しんで、そろそろ集合時刻が近づきました

『さぁ~!本番のドッグランだよ、エルさん!』



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泥んこクラブ・伊香保に遠足♪ | トップ | 花のオアシス »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
内臓の重みからも腰痛になります (実はプロのガムのパパ)
2017-04-20 22:07:43
腰痛は治るとも、治らないともいえると思います(本人の心がけ次第)。簡単な言い方が許されるなら、腰痛のなかった子供時代の体を取り戻せばいいのだと。
最近では、「寝返り」を打てるような柔軟性を持つことにより(寝る前に、いくつかのストレッチをする)、腰痛もちの70%近くの方が治ったという東大医学部の発表もありました(nhkためしてガッテンでも、紹介されました)。これは大変面白い腰痛治療であり、予防法でもあると思います。
ただ腰痛に限ったことではないのですが、誰も彼もいっしょの治療法で済むはずもないとはおもいます。骨粗鬆は女性について回る問題です。体を支える屋台骨である背骨がもろくっては、その周辺の筋肉が骨のように固くなり、弱った背骨の代わりに体を支えようとします。当然固くなれば、神経管、血管を圧迫して、慢性的なこり感、痛み、しびれ、体のこわばりが生じます。こういう場合は、骨粗鬆の対策が必ず必要になります。具体的には、飲み薬、注射などです(でもこれが、合わない方もいらっしゃる)。そのうえで、体を冷やすようなものをあまり食べすぎないということも重要です。これは体の代謝を悪くして、骨のつきを悪くする・・・というより、骨の親分であるところの腎臓、副腎は冷えに弱く、働きを低下させてしまうらしいのです。 
お二人とも、歩く量は十分でしょうから、食べた骨の素は、効率よく、骨に回っていると思われますが、いまいち数字がよくないようでしたら、この、冷える食べ物っていうのに気を付けてください。生魚、生の野菜、緑茶などが有名です。温野菜、ほうじ茶、紅茶にすれば、だいじょうぶです。
前回のサバイバルなコースの良い所は、人間も地下足袋で歩けるという点です。底の厚いトレッキングシューズでは足裏に痛みを感じないから、大股で、雑な歩き方になってしまい、骨盤周辺の筋肉を固めてしまいます。地下足袋なら、大股に歩くわけにもいかず、自然と足裏から情報を集めるべく歩幅も慎重になります(坐骨神経痛に効果的)。こういうコースで疲れる最大の要因は履物にあるそうなのです・・・これも、だいぶ前に「ためしてガッテン」でやっていたんですけど・・・ 鴻巣ランでも北本ランでも、状況が許されるのなら、地下足袋をお勧めします。あっ、それと腕を大きく振って歩くのは、良くないようです。体がねじれ、腰痛の元になること、肩に力が入り、肩こりのもとになること、重心が不安定な上半身に移ることがその理由です。歩くことの師匠は、よちよち歩きの赤ちゃん・・・これは、古武術で言われていることです。薄氷を踏むが如く。
長くなりすみません。まだまだ言い足りてはいないのですが、今回はこの辺で。ご質問がありましたら、ぜひにも。


Unknown (エルまま)
2017-04-21 13:15:04
ガムのパパさん、明快な説明有難うございます
心当たりが数々あれど、アイスやソフトは冷える食べ物と解っていても止められず、珈琲で帳消しオーライと...
曾て山登りを楽しんでいた頃、テント泊では30キロ超の荷物を背負い、腰・膝への負担は半端ではなかったかと、今になって、その時の無理が出ていると思います
一時仲間内で、地下足袋登山が、ブームになったことが有りましたよ(笑) とても歩き易かったのを、覚えています
土踏まずを作る裸足が、一番良いと聞いたことがあります
私の課題は、正しい姿勢に尽きるかも
やっぱりプロ (福かぁちゃん)
2017-04-21 21:47:38
うーむなるほど。
ガムちゃんパパはプロだったんですね。
ご心配いただきありがとうございます。
説明が理論的で理に適ってます。
それにしてもウォーキング時は運動量を増やす+肩廻りを柔軟にするため大きく腕を振った方が良いと思ってました。

身体を温めるのが一番も納得です。
問題は毛皮を着た暑がり犬がエアコン見て、わざとの如くはぁはぁの季節がやってきます。
飼い主は夏でも靴下をはき長ズボンで防衛。
エル君家同様ソフトやアイス、そして冷たいビールは、一生の伴。
卒業はできそうにないので、せめて温かいものを食べて、夏でもゆったり湯船に入ります。

水沢観音、ずいぶん昔何度も訪れたことあるはずなんですが、階段の記憶がいまいち。
若かったので苦も無く登れたのか、どこかに楽な道があってスルーしたか・・・。
それにしてもエル君ママも行動力にはいつも脱帽です。
Unknown (エルまま)
2017-04-22 15:38:04
福かぁちゃんさん、階段の記憶が無いのは、恐らく大駐車場に止めたからだと思います
大駐車場からは、土産物屋の並ぶ通りを抜けると、真直ぐ本堂に辿り着きます
反対側に有る階段も、仁王門も、気付けなかったかも知れませんね
もっと時間があったなら、榛名湖を回って来たかったのですが、十七号が直結と知ったので、秋にでも行って見ようかな♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。