ラブラドール・トリプルスター『昨日・今日・明日』

ラブラドールブリーダーの気侭な「雑記帳」へようこそ。

★★★ ついに大晦日になってしまいましたね~火曜日・・・

2013年12月31日 | トリプルスターの日常

    

ついに大晦日になってしまいました。
大掃除こそしませんでしたが、水道の蛇口を交換しました。
お湯も水も勢いよく出て、今までの不便さは何だったんだろうと、、、、。
交換した新しい蛇口は、去年の今頃ホームセンターのバーゲンで買ったものでした。
ゆく年2013年は、横着を極めた一年だったような気がしています。

「酔っぱらい猫」

ひひひ、、、甘露甘露。

何はともあれ、今日もWanサービス。
早朝五時からのお世話に始まり、夕方の六時までみっちりサービスさせて戴いた大晦日。
Wanたちもジジイも、それはそれは気の抜けるほど疲れた一日でした。


 気温も高く、風も吹かず、一年の締め括りの日が良いお天気で
本当に良かったですね。


Wanたち、今日は無礼講です。

朝から美味しいものをお腹いっぱい食べて、何の制約も無く遊びました。

一番張り切っていたのはフラッティーのお嬢さま。

そろそろ「お年頃」だと言うのに、元気に楽しそうに悪戯三昧の一日を過ごしました。

マリアはお気に入りの娘ミスティーと半日を過ごしました。

二頭とも只今ダイエット中で、水腹が重そうに揺れていました。

マリアのもう一頭の娘ジュリアは、性格の良く似ている叔母さん(父親の妹)のレモン
と遊び、満足出来た様でした。


◇2013年を振り返って、今年も病気や怪我も無く飼主思いの犬達に恵まれた一年で
した。
100まで生きようと頑張っていたジイサマの父親が98歳で亡くなったのは残念でした
が、最後に冗談を言って旅立ってくれて、子供思いの親にも感謝する一年になりました。
我が家のメンバー達も大方がシニアの域になっていて、老犬多頭介護の始まりそうな
兆しですが、臆することなく新たな勉強の出来る有意義な一年を迎えたいと思っています。
読者のみなさま、心底呆れながらも毎日のご愛読に感謝申し上げます。
何が励みになるか一寸先は読めませんが、来年も毒にも薬にもならない事を書き殴っ
て楽しませて戴こうと思っていますので、日々お付き合いの程どうぞ宜しくお願い申し上
げます。 2013年 大晦日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
忙しさの余り、コメントやのご質問などに返事が書けていません。いま暫らくお待ちください。

出来るだけ忘れずに、お返事するようにいたしま~す(謝)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 数頭のLaBが優しい里親さんを募集中で~す。    無 償 譲 渡
 ☆ 新たにブラックの牡が入舎しています(5歳去勢済み)既にリハビリを終了しお渡し可能です。
      明るく元気で 誰でも朗らかにしてくれる 良い子(LaB)達ですよ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    カレンダーにご注意 Triplestar Labradors Calendar トリプルスターの予定表です。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お疲れさまでした
一息つかれましたらWanクリック 御願いいたしま~す。

そして此方にも
にほんブログ村ポチッと一押し願います。
≪大震災関係参考サイト≫ 

東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。

Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

ご質問やご相談は此方まで ⇒lab@triplestar.jp    
   情報発信中 

 

Websiteへは    此方から*

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★★★ 大掃除しましたか?いいえ、しませんでした。~月曜日・・・

2013年12月30日 | トリプルスターの日常

    

週末から寒くなったと思いましたら、犬舎側(山側)のランは表土が凍ってガチガチ
になっていました。
この場所の気温はず~っと低くく、二度以上にはならないので、土は来年の春まで
カチンカチンに凍ったままです。
イワユル、ツンドラ状態なんですね。Wanも足を滑らすことがある位です 




≪年末休みくれ~≫
早朝に運動場に到着したWan達は、順番にウォーキングに出掛けたり裏山の中で
遊んだりします。
遅くまで待っている子達は、車の中が太陽の光で温められて30℃以上の温かさの中
で眠っています。
イワユル 二度寝状態なのです。
順番が来て車から降ろそうと思っても、なかなか重い腰を上げてくれません。
特に「若年寄り」のミスターは、露骨に嫌な顔付きになってテコでも出てこないので本当
に困ります、、、。

いやいや、、、今日はほんとうに出たくないようですmumumu。

隣りで寝ているフラッティーのお嬢さまにまで、「横着病」がうつってしまうのにも困りもの
です。
試しにそのまま寝かせておくと、午後の二時頃まで(陽の陰り始める)平気で寝ていま
すから、大したもんです。(何が?)




≪ジャスティン 午後の散歩≫
散歩が大好きなジャスティンと田圃道を歩きました。


突然立ち止まったジャスティン、興味深そうに凍った水溜りを見ています。
そうです、彼は凍った水溜りを踏んで歩くのが初めての経験だったのですね。

今では会うことが出来なくなった宮城県の知人が、つるつるに凍った道を指差して、
たしか「たっぺ」と言っていたのを思い出しました。
春の渓流釣りではいつも朝の道路が凍っていて、その頃の車は未だスパイクタイヤ
を履いていました。
※夜中もしくは早朝は、道路が「たっぺ」になってっから気ぃつけねっかなんねな。
たっぺんなってっから、気ぃつけでんげ、、、
凍って道路がツルツルになっているから、気をつけて行きなさいよと言う意味。


一時間ほど歩いたでしょうか、あちこっちの薄氷を踏んで遊んだジャスティン。
余程楽しかったのでしょう、夜になってもなかなか寝付かれない様子でした。


2013年暮、田舎に住む犬達は色んな経験が出来て、楽しい毎日を送っています。
明日は「大晦日」 休養日にして、焚火でも盛大に楽しもうかしら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
忙しさの余り、コメントやのご質問などに返事が書けていません。いま暫らくお待ちください。

出来るだけ忘れずに、お返事するようにいたしま~す(謝)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 数頭のLaBが優しい里親さんを募集中で~す。    無 償 譲 渡
 ☆ 新たにブラックの牡が入舎しています(5歳去勢済み)既にリハビリを終了しお渡し可能です。
      明るく元気で 誰でも朗らかにしてくれる 良い子(LaB)達ですよ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    カレンダーにご注意 Triplestar Labradors Calendar トリプルスターの予定表です。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お疲れさまでした
一息つかれましたらWanクリック 御願いいたしま~す。

そして此方にも
にほんブログ村ポチッと一押し願います。
≪大震災関係参考サイト≫ 

東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。

Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

ご質問やご相談は此方まで ⇒lab@triplestar.jp    
   情報発信中 

 

Websiteへは    此方から*

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★★★ 今年最後のお客様(ココちゃん)~日曜日・・・

2013年12月29日 | トリプルスターの日常

    

いよいよ今年も終わりになります。
最後のお客さまがやって来ました。
都内から、ココちゃんがやって来ました。
都会の子らしく痩せていて、月齢なりの元気さがありません。
毎日散歩しかしていない子の典型的なプロポーションに見えました。



姉妹犬のジュディーとミスティーを連れて来て、三頭を比べてみました。
飼主さんには、ココちゃんと二頭との明らかに違う部分が良く判らない様子です。
どうやらLaBを見る目が曇ってしまっているようです。

母親のマリアと遊んで貰ったココちゃんは、表情が明るく変わって行きました。


 一日に一度でも、心から楽しく、夢中で遊べる時間が無いと
LaBは上手く育たないですね。(毎日の散歩は楽しい訳では無く、お義理で尾を振って
いるだけなんですね

流石に飼主さんの目にも、楽しく遊ぶ愛犬の姿は活き活きとしたものに写ったようで
した。

仔犬の頃に育てて貰った、お婆ちゃんのアンジェラにも会うことができました

楽しそうなココちゃん。里帰りした事が、今年一番のプレゼントになったようです。
◇思春期以降の遊び方、躾けの仕方、給餌の工夫、日常の接し方等々、、、、
飼主さんにとっても、良い勉強になったようです。



≪特別育成犬のこと≫
10月の半ばにやって来たフラッティーのお嬢さんは、思惑通りシッカリとした身体に
育ってくれました。

このお嬢さんの育成に関しては、飼主さんの希望が複数あって迷いも有る様に思えま
した。(ショーでも、オビディエンスでも活躍させたい)
この子が先々どんな道に進もうが、身体がシッカリと出来上がっていなくては思う通りの
目標には到達しにくい事でしょう。
育成の目標は、身体の弱い部分を補強することと強い部分を目立たなくする事を先ず
念頭に置きました。
結果として、育成開始後2ヶ月が経った現在、見た目も機能面でもバランスの良い身体
になって来たと感じています。(ほゞ目論見通りに体幹が強化出来た)
※同齢の個体に比べて見ると、特に中躯の部分の力強さが際立っています。

成長期にある個体の育成で気をつけていることは、「躾け」「十分な休養」「栄養価の
高い給餌」「翌日に疲労を残さない程度の運動」「他の犬との協調性」等であり、結果と
して誰の指示にも従える事や、飛びつき引っ張りなどと言った良くない行動をとらない事
等が挙げられます。遊びの途中で、栄養価の高い水分を摂る育成犬たち。



≪手術後のリハビリを行う≫
毎朝きまった時間に運動場にやって来るMr.X君。
午前中は北風を遮った日溜まりで日光浴に没頭しています。

気温の上昇し始める11時頃からランに入って、リラクシング(自由歩行)を開始します。

この時は注意深く見守って、決して走らせたりしない事が大事です。
※特にミスターは、狂ったように走りだしたり、その場で猛烈な勢いでクルクルと回った
り、膝の障害の原因になる様な行動をとりますので要注意なのです。

この日も手術した側の足は殆ど使っておらず、無理はさせられない状況にありました。
冬と言うことで、気温の低い(6℃)事も回復を留まらせる原因となっているのかもしれ
ません。 特別なミルクを飲むミスター。


リハビリを終えたミスターは、温かな車中のクレートに収まりますが、患部は細く切った
アクリルの布でグルグル巻きにして冷やさないように気をつけます。
敷物や包帯のように巻いた布を噛んだりしないWanなので助かります。
※休止後、再度クレートから出した直後に跛行が見られなければ朝投与した痛み止め
は適量であったと判断しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
忙しさの余り、コメントやのご質問などに返事が書けていません。いま暫らくお待ちください。

出来るだけ忘れずに、お返事するようにいたしま~す(謝)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 数頭のLaBが優しい里親さんを募集中で~す。    無 償 譲 渡
 ☆ 新たにブラックの牡が入舎しています(5歳去勢済み)既にリハビリを終了しお渡し可能です。
      明るく元気で 誰でも朗らかにしてくれる 良い子(LaB)達ですよ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    カレンダーにご注意 Triplestar Labradors Calendar トリプルスターの予定表です。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お疲れさまでした
一息つかれましたらWanクリック 御願いいたしま~す。

そして此方にも
にほんブログ村ポチッと一押し願います。
≪大震災関係参考サイト≫ 

東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。

Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

ご質問やご相談は此方まで ⇒lab@triplestar.jp    
   情報発信中 

 

Websiteへは    此方から*

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★★★ 仔犬(七つの子)面会の日~土曜日・・・

2013年12月28日 | トリプルスターの日常

    

生後三カ月(90日)を過ぎて、ボーディング期間に入った仔犬たち。
今日は二組のオーナーさん達がやって来て、面会の一日となりました。



 毎朝運動場にやって来て、陽だまりを作って十分に日光浴をしてからリハビリを
開始するMr-X、今日は声をかけてくれる人が沢山来て嬉しそうでした。
※手術後17日目になりますが、依然痛みを感じている様子で、足を地面に完全には
着けない状態が続いています。(痛み止めの一定量投与が欠かせない状態)


其々のオーナーさん達が、仔犬を抱いて記念写真を撮りました。
体重は13キロを超していて、今後は抱っこ出来ない重さになる為、最後の抱っこ写真
になるでしょう。

SATOU家に行く予定のジョイ君は、先住犬のフィオちゃんやジェシー嬢に甘えました
来年のSATOU家の春は、さぞ賑やかな状態(家庭)になっていることでしょう。



女の子の希望を、男の子に変更したKURODAさんは、久し振りの面会でした。

思いもよらない成長ぶりに、嬉しい悲鳴を上げました。
此方の家庭は二頭飼いになります。(先住犬はイエローの牝)


≪オリバー君-11ヶ月齢≫
年末のお休みを利用して、秩父の温泉に行く予定のオリバー君が立ち寄ってくれました。
成長最盛期に一月半ほどボーディングした身体は、思った通り逞しさを増してバランス
良く育っていました。(体重は38キロ・皮下脂肪が少なく重さを感じさせていません
来年の秋頃にはショーリングに立てるかもしれません。依然スタッド候補生です。


≪甘えるジェイク≫
遊ばせ上手なSATOUさん。今日のジェイクは大満足の一日でした。



≪お預かりのWanたち≫
○シャンプー前のフラッティー、
早朝の裏山トレキング(7時~8時)~お昼寝(9時~13時)~ランでのハンドリング
(13時~14時)~リラクシング(解放・14時~15時)~収納・休止(15時~17時)


○Mr-X君のリハビリ
三歩前進、二歩後退、四歩前進、三歩後退、五歩前進、三歩後退、、、焦りは禁物です。
  
◆膝の手術に限って考えてみますと、執刀医(獣医師)から手術の後、患犬の飼主さん
達へ伝えられる情報(術後の管理と注意点など)は、非常に軽い内容のものが多いよう
に感じられます。
私なりに、リハビリを依頼される患犬の飼主さんから聞く内容を纏めてみますと、
「抜糸が済み10日も経てば、手術後の患部が痛むことは無く、歩くことに関してはほゞ
不自由なく歩ける様になります。」
と言うように獣医師さん達から説明されている例が多く、(中には、走っても大丈夫とま
で仰った獣医師さんもいました)飼主さんに代わってリハビリを行う側の人間としては
戸惑いを禁じえません。
◇今迄に20例以上の膝手術(主にTTA)後のWan達の経過を見守ってきた経験から
思い返してみますと、獣医師さん達が思っているほど簡単には(順調に)回復が進んで
行かない現実を見続けて来た経緯があります。
※人間の外科手術の場合、患者は痛みや不具合などの不調を(言葉で)訴える事が
出来ますが、Wanの場合は本能的に痛みや不調を隠す傾向を見せる患犬を多く感じ
ます。(Wanを対象としたリハビリを行う場合、痛みを感じているか否かを敏感に感じ
取って、先ず第一に疼痛管理(ペインコントロール)に腐心する気持が大事であると考
えます。)
※膝関節疾患の特異性として、反対側の膝の疾患に至り易いと言う特徴があります。
跛行(はこう)が起こった場合、必ず反対側の膝に関しても充分な注意を払い、診断を
行っておく事が望まれます。
手術後においては、反対側の障害発生がより強く促される傾向がありますから、注意深
くリハビリを行うことはもとより、障害発生に至った原因を、専門家(獣医師ではない)の
意見として聞いておく必要が有ると考えます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
忙しさの余り、コメントやのご質問などに返事が書けていません。いま暫らくお待ちください。

出来るだけ忘れずに、お返事するようにいたしま~す(謝)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 数頭のLaBが優しい里親さんを募集中で~す。    無 償 譲 渡
 ☆ 新たにブラックの牡が入舎しています(5歳去勢済み)既にリハビリを終了しお渡し可能です。
      明るく元気で 誰でも朗らかにしてくれる 良い子(LaB)達ですよ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    カレンダーにご注意 Triplestar Labradors Calendar トリプルスターの予定表です。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お疲れさまでした
一息つかれましたらWanクリック 御願いいたしま~す。

そして此方にも
にほんブログ村ポチッと一押し願います。
≪大震災関係参考サイト≫ 

東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。

Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

ご質問やご相談は此方まで ⇒lab@triplestar.jp    
   情報発信中 

 

Websiteへは    此方から*

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★★★ フラットコーテッド Liz'ちゃんのこと~金曜日・・・

2013年12月27日 | トリプルスターの日常

    

お預かりのLizちゃんは、年が明けて11日まで我が家で暮らすことに決まりました。
11日にお引き取りになってから、19日のドッグショー(千葉インター)に出た後は
訓練所での育成が決まったそうです。

     この犬種は、きまった家庭で愛されながら育てられると
良い味わいを持った愛すべき家庭犬に育つと思うのですが、将来を嘱望される余り
普通の生活からはややかけ離れた道を歩まされる運命にあって、少し不憫に思います。


我が家で暮らす間は、沢山のラブラドールと猫に囲まれて伸び伸びとした毎日を送らせ
てあげたいと思ってここまで辿りつきました。

入舎当初(10月)は小さくて頼りなかった身体でしたが、二ヶ月間の内に弾力のある
しなやかな筋肉を被った強い身体に変身できました。

残りの一ヵ月間は更に成長を目指して、市街地フィールド(野外)での行動を多く
経験させる事を計画しています。時間と手間のかかる仕事になるでしょう。

毎日の日課:早朝(現在は5時)給餌~排泄を済ませ小休止の後(この犬種には胃捻転
の危険性が有ると言われています)、家を出て運動場にやって来ます(ほゞ毎日)。

運動場に来てからのLizちゃんには、特別な仕事が待っています。
ペースメーカーとなって、育成中のラブラドールのリラクシングの手伝いをしてくれます。

サークルの中のラブラドールを挑発しながら、グルグルと何周も周りを駆けたりするだ
けで、自分の身体造り(適度な負荷運動)にもなっているんですね。

伸び伸びと楽しく無理なく行う運動が、成長期の身体には不可欠なのです。
 愉しみを与えながら育てる犬種フラットコーテッドレトリーバ。
ラブラドール以上に育成の面に心を砕く必要性を感じる犬種の様に思えます。



一日の日課を終えて帰宅の道すがら、遠くに見える荒川に掛かる橋を眺めながら一休み。
後ろの荷室では、Lizちゃんを含めたWan達の安らかな寝息がかすかに聞こえます。
今年も残すところ五日、充実した師走が送れていると思えた瞬間が光の様にありました。      

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
忙しさの余り、コメントやのご質問などに返事が書けていません。いま暫らくお待ちください。

出来るだけ忘れずに、お返事するようにいたしま~す(謝)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 数頭のLaBが優しい里親さんを募集中で~す。    無 償 譲 渡
 ☆ 新たにブラックの牡が入舎しています(5歳去勢済み)既にリハビリを終了しお渡し可能です。
      明るく元気で 誰でも朗らかにしてくれる 良い子(LaB)達ですよ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    カレンダーにご注意 Triplestar Labradors Calendar トリプルスターの予定表です。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お疲れさまでした
一息つかれましたらWanクリック 御願いいたしま~す。

そして此方にも
にほんブログ村ポチッと一押し願います。
≪大震災関係参考サイト≫ 

東日本大震災によって被災した方の犬や猫の救援情報特設掲示板です。

Google 震災情報特設サイト   Yahoo 復興支援サイト   

ご質問やご相談は此方まで ⇒lab@triplestar.jp    
   情報発信中 

 

Websiteへは    此方から*

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加