黒ラブ、LOVEの保護預かり日記

飼主さんはどこ?
2007年6月初めに京都木津川の泉大橋付近にて保護された黒ラブのLOVE(仮称)♂の保護預かり日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

迷子の黒ラブ 保護しています。

2007年06月05日 | Weblog
迷子の黒ラブを保護しています。


当初保護してくださった方より保護された状況を教えていただきました。
黒ラブ保護の経緯

京都府木津川市山城町にある木津川にかかる泉大橋付近の畑にて、5月26日早朝、1頭の黒ラブが畑のネットにかかっているのを近くの住民が発見、警察に連絡し警官が黒ラブをネットから出す。 その後も近隣の住民が何日も同じ場所にいるのを目撃し近隣の市役所、警察に通報。
この時すでにガリガリでアバラが浮き出している状態で食べ物欲しさに畑の農作物を食べて生き伸びていた。
住民の幾度の通報により市役所から数人が捕獲に来るが、捕まえられず。
田畑を荒らされた住民達が怒り出し黒ラブが被害に会うのでは?と思い、31日ご飯をあげる。その後2日間ご飯をあげていると、黒ラブの警戒心が薄れ寄って来るようになり、保健所で殺処分にされる事を恐れそのまま連れ帰り保護しました。



当初保護された方の先住犬と相性があわず6月3日より当方でお預かりすることになりました。
1歳~3、4歳くらいの黒の去勢済みのラブラドールレトリーバーです。
フィラリア検査は陰性、コマンドも入っていて、かなり大事に飼われていたのではないかと推察されます。

現在は体重も21kgしかなくあばら骨も浮き出て骨格見本に近い状態でしたのであるていどの期間放浪していた可能性があります。
食欲も旺盛ですので、序々に体重も体力も回復していくと思われます。

以上のような経緯です。5月に木津川流域に遊びに来られていてそのまま迷子になった可能性が高いと思われますが、現在、近隣の保健所、警察には届けがでていないようでですので、遠方からの可能性もあります。お心あたりの方がおられましたらご一報くださいますようお願いいたします。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加