陶工房らぼ便り from旭川 Welcome to my pottery studio!

水~土;主に陶芸関係。日~火;My趣味や興味・関心事、日々の出来事、スペイン・ポルトガル一人旅(隔週)などをUP中です。

旭山動物園号~「極寒の銀世界号」

2017年03月18日 | 旭山動物園

 毎年開催されているある「絵画展」に行ったときのことです。掲示された解説の一節に、「山を描いて 山を描かず」「雪を描いて雪を描かず」と。これには、深い意味があり、言わんとしていることはある程度わかります。陶芸でも、「これは焼き物でなく 焼け物だ」という言葉と重なる部分があります。これらのことは、ある何かを追求していく場合の永遠の課題ともなるでしょう。    

       その後、旭川駅に見送りのため行ったとき、「旭山動物園号」がー。

 ~この絵は「あべ 弘士」さんの作品です~

    ~「極寒の銀世界号」と題して~

 ~「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」で旭山動物園が映画に~

   ~フラミンゴといえば、数年前動物園を脱走!で、お騒がせしました~

  ~全部撮ろう!と撮っていましたがー~

    ~あっ!電車が動き出しました・・・・~

  ~構内は暗いし、動いているし大変!~

    ~ピンボケですが、ライオンということはわかります。手持ちブレ~

   ~だんだんスピードが上がってきます~

  ~旭山動物園には現在ゾウはいません~

     ~これで全車両を写すことができました~

旭山動物園は現在も創意工夫し、常に新しいことにトライしています。機会があればぜひお立ち寄りください。旭川市長・スタッフ一同に代わりまして、熱烈歓迎!です。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「雪あかりの動物園」へ | トップ | (47) スペイン 「サラゴサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。