陶工房らぼ便り from旭川      Welcome to my pottery studio!

水~土;主に陶芸関係。日~火;My趣味や興味・関心事、日々の出来事、スペイン・ポルトガル一人旅(隔週)などをUP中です。

「雪あかりの動物園」へ

2017年03月18日 | 旭山動物園

旭山動物園では2013年から、旭川冬まつりと同期間の6日間「雪あかりの動物園」を冬のイベントとして開催しています。下記は、2015.2/11の「雪あかりの動物園」の最終日のものです。

今日は少し暖かいので、散歩がてら行ってみるか!と決断し、17:00出発。動物園は家から30分のところにあります。入園は正門または西門のみで、正門の駐車場は殆ど満車でした。早速三脚をカメラに取り付け、見学開始です。どんな光景と出会えるでしょうか?


    
 まっすぐ向うが正面入口です。

 


 
 このアイスキャンドル、どのように作ったのかな?


 17:40の気温が-1.5℃でした。あまり寒くありません。


  
 ホッキョクグマの雪像です。


 カバ館に行って見ることにしました。


 
 アイスキャンドルで、中央に「カバ」と描いてあります。


  
 カバ館の中に入ってみました。


 
 カバ館の出口近くにあるライトアップされた木です。


次はペンギン館へ。


 左端っと右の鉄格子近くにいる茶色のペンギンは、今年誕生。


 
 
 アイスキャンドルで「旭山 ZOO」と描かれています。


 
 「旭山 ZOO」と描かれていた上からみた旭川の夜景です。


猛獣館へ


  
 トラは散歩したり、休んだり…。もう眠たくなったのかな?


 
 「おしりを 向けたら 要注意‼」と。Why?➡答:オシッコ


 アザラシのもぐもぐタイム中でした。



   
 6:20ころで―2.0℃。指先が少し冷たくなりました。


   
 18:30、そろそろ帰ることにしました。

   旭川市では、冬に夜行性の動物を観察してもらおうと、開園時間を4時間延長しています(19:30まで)。職員の勤務は大変ですが、いいアイディアでなかなか人気があります。寒い中、スタッフが生き生きと動いている姿に好感をもちました。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 381.スペイン型染付大皿 | トップ | 旭山動物園号~「極寒の銀世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。