陶工房らぼ便り from旭川~陶芸関係を主に、四季折々、旅行記etc.

カテゴリーは多岐・多彩!といった感じです。なお、失礼ですが、コメントは基本的に対応していません。緊急時は、メッセージを。

(3) カヌーのココロえ

2017年07月11日 | カヌーの部

カヌーで、特に未知の川を下るには、事前の情報収集が大切です。
カヌー雑誌やHP、ブログなどから、その川の特徴やレベル度、
どこに危険な箇所があるか、ある程度調べておきます。
しかし、川の様子は、その年その年によっても変わるし、その地域が
それまでどのような天候だったかなどにも注意をはらっておきます。
そして、当日の天気予報、
さらには、現地に行っての情報交換も必要です。

天気図

危険を回避する一番大切なことは、危険!と判断したら取りやめることです。
岸にカヌーを着け、カヌーをかついで下り、安全な場所から再度川下りをします。
このことを「ポーテージ」といいますが、
川を下っていけば何十秒で下れる所を、
その何倍もの時間をかけ、ブッシュをこぎ、道なき道を歩き遠回りすることにも。
そして、自分が危険かな!?と想定した場所を観察し、ポーテージしてよかった!
または、これだったら大丈夫そう!と、その経験が次の決断に生かします。


「カヤック gekir...」の画像検索結果

しかし、早瀬から抜け出せなく、どうしても激流に突進して
行かなくてはならないケースも当然発生してきます。
大波にカヌーの先(バウ)を突っ込み、頭からザンブと水がかかってくることも。
頭には、沈した時川底の岩に頭を保護するためのヘルメットを付けています。

ラフティングやカヌー、カヤック、ヨットなどのウォータースポーツに。 フリークライミングやボルダリング... 水がすぐ出るように穴がー。

また、体とカヌーの間には、カバー(スプレカバーといいます)があるので、
船体に水が入りませんが、一瞬なれど人力潜水艇!のような状態もあります。



カヌーは、スキーと似ています。
スキーの場合、急斜面を滑るときスピードが出ると
怖くなって重心が後ろになりがちです。そうするとスキーの先が上がるので
押さえがきかなくなり、
スピードが更に出て、転倒する場合があります。
この現象は、カヌーも同様です。大波が次から次に来ると(=自分がその波の中に
入っていくのですが)、どうしても体重が後ろ加重になります。
この状態は、バウ(船首)が上がり直進性がなくなり、沈(チン)することがあります。

そのときこそ、まず体を前傾姿勢にし、パドルを交互に積極的に前に前に出し、
水をしっかり捉え、バウを波に垂直に向け集中して漕いで行くのです。

「カヤック gekir...」の画像検索結果

沈は、少し練習すれば、ボートから脱失しなくても、オールを使って
復元させることが出します。
この技術がマスターできると沈はあまり気にする必要がありません。
もし、川底が浅かったり、まだ十分復元できなければ、
スプレカバーをはずしカヌーから足を抜き、
岸でボートの水を捨て、再度セットして川下りを続けます。

「カヤック gekir...」の画像検索結果

川下りで危険な場所は、えん堤などの人工物の場所です。
一方、舟底が川底に着くような水の少ないところも要注意です。
ま、自分のスキルを客観的に捉え、「君主危うきに近寄らず!」を
心して行動すれば、自動車やバイクの事故より少ないと思います。
特にカヌーの場合は、冷静な判断力・決断力、スキルUPとともに、
自然に対する畏敬の念・謙虚さ・感謝などをいつもココロしています。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (2) カヌー体験から学ぶ | トップ | (4) カヌーとの出合い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。