陶工房らぼ便り from旭川~陶芸関係を主に、四季折々、旅行記etc.

カテゴリーは多岐・多彩!といった感じです。なお、失礼ですが、コメントは基本的に対応していません。緊急時は、メッセージを。

41.My幾何文小皿の器たち  

2017年04月20日 | My陶芸作品

中央にシンプルな幾何文を描いた小皿たちです。
まず、6mm程度のタタラを作り、型紙に合わせてカットします。
その時、剣先で粘土をきれいに切らないでおき、後は手でやさしくちぎります。
ガタガタ感を強く出したいときは剣先を浅く入れます。
粘土は信楽白粘土、焼成は酸化焼成(1250℃、19時間30分)です。


①幾何文小皿      高1.8、径8

 
②幾何文小皿     高1.8、径8

 
③幾何用小皿      高1.8、径8

 
④幾何文小皿      高1.8、径8

 
⑤幾何用小皿       高1.8、径8

 
⑥幾何文小皿        高1.8、径8

これは、タタラ作成機で作っていますが、タタラ板を使っても同様にできます。
あまり角が鋭いと危険ですので状況を見て判断してください。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40.My没骨法で描いた器たち... | トップ | 42.My鉄絵・上絵あゆ皿    »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。