陶工房らぼ便り from旭川 Welcome to my pottery studio!

木~土;主に陶芸関係。日~水;趣味や関心ごと、四季折々、日々の出来ごと、スペイン・ポルトガル一人旅(隔週)などをUP中。

旭川空港→羽田空港へ

2017年03月21日 | 道外紀行

  2015.9/21(日)~、所用で東京へ行った時の写真を載せることにしました。

 台風が台湾から上海に上陸し、その後日本列島にーといった予報もでています。出発当日の旭川は、雲量ゼロ、風ナシの最高のフライト日和です。飛行機から写真を撮ろうと、右の窓側席をゲットできました。さてー。


  2500mの滑走路を只今TAKE OFF!中です。


 稲刈りが始まりましたが、稲作地帯は全体的にはまだ黄金色!の世界です。


 水田は、きれいに区画整理されています。


 旭川市街の方向に飛び上がり、すぐ右に旋回します。シャッターチャンス!


 旋回中に大雪山連峰が真正面に見えることは予期していました。


 大雪山連峰はすっかり雪化粧(9/16;初冠雪)しています。


 こちらは右側に見えた十勝岳連峰です。


 旭川市内の様子です。白い煙は「日本製紙株式会社 北海道工場」です。 


 上空から見ると、旭川も結構広く感じます。



 富良野市の上空近くを飛んでいます。


 中央部の住宅密集地帯が札幌市内。左に羊蹄山が見え、右手の青い所は石狩湾。


 左手は支笏湖、左手に羊蹄山(蝦夷富士)が見えます。


 支笏湖の手前に見える滑走路は千歳空港です。


 左は苫小牧港、その右には北海道の形をしたウトナイ湖です。

 
 苫小牧市街の奥には支笏湖、その奥に羊蹄山、その左に洞爺湖が見えます。


 中央に洞爺湖が見え、中島も薄く見えました。


間もなく羽田空港です 


 富士山が見えました。


 東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリアが見えました。
明日はここで休憩して館山へ。

 飛行機からではグーグルの「航空写真」のようにきれいに撮れません。しかし、今回は、支笏湖や洞爺湖などが撮れたのはラッキーでした。こんな退屈しのぎのことをしながら、1時間50分のフライトを楽しみました。  

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (50) スペイン 「サラゴサ... | トップ | 新宿の都庁舎周辺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。