陶工房らぼ便り from旭川~Myスローライフの記憶の記録

陶芸関係を主に、四季折々の見・聞き・感じた体験や趣味、旅行記など。連絡等は「メッセージ」でお願いします。

55.My花弁形小皿

2017年05月11日 | My陶芸作品

花弁をイメージした小皿を作り、絵付けしました。
まず4mm厚のブレンドした赤土をタタラ状にし、花弁の紙型を当て切り取ります。
下部の白い山の形は3mm厚の上信楽粘土を、型紙通り切りとり接着します。
接着で注意することは、ドベをしっかり付けることと、
接着部分に空気が入らないように手押しのローラーで軽く圧縮します。
次に、石膏型に押し付け形を整え乾燥後、750℃で素焼きをします。 

 
① 花弁形小皿(スズメ)    高3.5,径11.7 


② 花弁形小皿(チョウ)    高3.5,径11.7

 
③ 花弁形小皿(北キツネ)    高3.5,径11.7 


 ④ 花弁形小皿(千鳥)    高3.5,径11.7
 
⑤ 花弁形小皿(赤トンボ)    高3.5,径11.7


⑥ 花弁形小皿(サケ)    高3.5,径11.7

下絵は、鉄絵で骨描きし、下絵具を塗ります。釉薬は緑色は織部釉、
青色はルリ釉、下絵の描いてあるところは長石釉を筆塗りしています。
なお、焼成最高温度は1250℃、19時間30分かけて酸化焼成しています。

『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 383.素焼きOK! | トップ | 56.Myイッチン描き四方皿 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。