陶工房らぼ便り from旭川

陶芸関係を主に、四季折々の見・聞き・感じた体験や趣味、旅行記など。連絡等は「メッセージ」でお願いします。

光のイタズラ

2017年07月27日 | 感じ・考えたこと

7/26、15:30、旭川は、快晴で最高気温が27℃の天気です。
庭を歩いていると、不思議な現象に足を止めました。
ブドウ棚下のレンガの歩道と植物の一部が白くなっているのです。
何か白い粉が掛ったのかと思い、レンガを足でこすってみましたがとれません。
もし、白内障!で白く見えるのであれば、きっと全体が白く見えるはずー。
さて、と、一応カメラで撮っておくことにしました。


 太陽の光が向こうから来ているのに、レンガと草が白くなっています。

次に、もう一枚角度を変えて撮ろうとすると、


 ナント、私の影(左側)が写っているのです。

即、答えがわかりました。


 反対側には、窓があり太陽が反射しています。

 窓ガラスに反射した光が、ちょうどレンガや周りの植物に当たっていたのです。
そう、理科で言う、入射角と反射角で説明できる現象なのです。
毎年、この時季、この時刻に同じような現象が起きていたのでしょうが、気が付
きませんでした。世界の大発見か!と大騒ぎすることではなかったことでした。
少しか、「科学のココロ」のある人間か!、と自認していましたが、
すぐそのことに気づかなかったことは・・・。オサワガセしました。

こんなドジ、UPするに値ないことですがー。

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒造会社見学~「男山酒造り... | トップ | 414.My花文様小判型小鉢    »
最近の画像もっと見る

感じ・考えたこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。