星のひとかけ

音楽、文学、映画、、etc.
好きなもののこと すこしずつ…

奇麗な風の…

2017-06-23 | 文学にまつわるあれこれ(猫の篭)
きょうは、 役所にとある更新手続きに行って来ました。

駅から少し歩く距離があり、 きのうに引き続き30度近くになるという予報だったので、 くらくらするのではないかとちょっと気にしながら出掛けたのですが、 日傘の下を風が吹き抜け、 思ったよりもずっと心地良く歩けました。

… いつも迷ってしまう 役所の中の目的の場所(3ヵ所まわるので)、、 上階へ行ったり、 下へ行ったり、、 それでも各所で優しくしてもらえて、、

 *** 

2月から続けていた 『吾輩は猫である』の本読み&日々のツイート。 ようやく来週から最終章に入ることができそうです。

今までのツイートのまとめを 載せてあります。(twitter 登録外の人でもこれは見られるのかな?)

『吾輩は猫である』第六章「昼寝」と 漱石・子規往復書簡

『吾輩は猫である』六~八章 上田敏の批評「戦後の文壇」との関係を中心に

#夏目漱石 と #トマス・ド・クインシー (Thomas De Quincey) ツイートまとめ(追加中)

『吾輩は猫である』七章 ♨️洗湯見学とカーライル『衣装哲学』

『吾輩は猫である』第十章 己を知るという事

『吾輩は猫である』 同時代の社会・時事への暗示(河上肇、幸徳秋水、伊藤博文など) (6/26 追加)


小説であれ、、 音楽であれ、、 映像であれ、、 初めての作品には作者のすべてがあらわれるような、、 そんな気がいままでもしていましたが、、 漱石が 本格的な職業作家になる以前の、 初めての小説『吾輩は猫である』にも、 その後の作家人生のすべてにわたる根源がふくまれていたのだな、と そう気づき始めています。。

まだ、 最終章がありますから、、 このあともひきつづき、、


読みとおすことが出来たらまたご報告を。。

 ***

、、今日でかけた理由もそうですけれど、、 誰かのお役に立つというより、 誰かの助けを頂くことのほうがずっと多い、 自分の身体。。 おもうがままにならない悪い日々が続くと、、 一体どう生きるのが正しい道なのかな、、と 自問してしまうことも多々あり…



「六月を奇麗な風の吹くことよ」

昨日、 見た記事のなかの、子規さんの句。
ぶんかのミカタ
生誕150年 子規巡る断想/上 名句たどれば節目に「関西」=俳人・坪内稔典(毎日新聞)



病の療養中の句だったそうですが、、

いのちがどのような状態にあっても、そこに尊さを見い出せる、、 子規さんとは そういう稀有な強さを持ったかただったのでしょう。





きょうは… そのような風が吹いていました。

この記事をはてなブックマークに追加

深緑の杜へ…

2017-06-18 | …まつわる日もいろいろ
お散歩に行きました。

高い高い樹のある、 深い深い森のある、


季節が 春から初夏へたったひと月半ほど経っただけなのに、 緑のいのちは空を覆い尽くしていて、 足元の翳は太古の鎮かさを伝えるかのよう…

そんな深い杜の緑につつまれて、 天鵞絨の毬のような紫陽花が 天上の光を受けて、 ひっそりと呼吸していました。







白いのは 柏葉紫陽花。 葉が柏のかたちをしています。






いちめんの 蒼い 蒼い 額紫陽花。

 ***

樹齢百年あまりの大樹を見上げれば、、 太い幹の上は誰の眼もとどかない秘密の寝床があるようで、、

繁った葉蔭の冥さと、 風が起こすさざめきに隠れて、 誰にも知られず樹上で暮らしていけそうな、、 


そんな森の妖精の夢をみました。

この記事をはてなブックマークに追加

ロックの日♪ YOU ARE HERE...

2017-06-09 | THE YELLOW MONKEY / brainchild’s
6月になりました。 梅雨入りもしましたね。。

少しご無沙汰している間、、 身体がしんどかったり、、 心もしんどかったり、、 なかなか思うようにならない日々だったけれど、、 一生懸命生きてました(笑)




ずっと ずっと、 このこと書きたかったんだ。。。

THE YELLOW MONKEY の新録ベスト「THE YELLOW MONKEY IS HERE.」

発売日の2日前くらいに届いていたよ、、 すぐに聴きました。 ちゃんと全部、聴いたよ、、。

 ***

、、前に書いた「砂の塔」のボーナストラックで入っている昨年のライヴ録音もすごく嬉しかったけれど(>>

あの夢だったんじゃないかと今では思うような驚愕の一年が過ぎて、 「帰ってきたTHE YELLOW MONKEY」じゃなくて、 「今ここにいるTHE YELLOW MONKEY」の4人がスタジオで新解釈で作り上げた音を、 とってもとっても楽しみにしてた。。。

一曲一曲、 書こうと思えばいくらでも書ける、 好きなところ、 笑ったところ、、。 いままでの長い長い時間、、 何度かMONKEY のCDを聴くことはあったけど、 ずっと頭に浮かんでくるのは、 白い紙吹雪を蹴散らしている吉井さんの姿だったり、、 厳しい表情でバンドメンバーを振り返っているエマさんの姿だったり、、 気持ちを殺して叩き続ける短髪のアニーの姿だったり、、 放心したように空(くう)を見上げているヒーセさんの姿だったり、、

新録の 「ASIAN BOY」が流れ出した時、、 見えてきたのは やっぱり「今」の4人の姿だった。
それがすごくすごく自分で嬉しかった~~~

今の吉井さんの声を聴いて、 今のエマちゃんの音を聴いて、、 ね! こんなにぴったりの音ってある? こんなに合うギターの音、歌との掛け合い、、 もうひとつの歌声みたい。 ね? こんなことできるバンドほかにある? こんな歌謡曲みたいな、 グループサウンズみたいな、 こんな祭囃子みたいな、、 こんな怨念みたいな、、 こんな最高のロックバンド、、 ほかにある? こんなカッコいい男たち、 ほかにいる? 、、って。。 

、、いろいろ好きだけど、、 ジャッ、ッツ、ジャジャーー♪とスタイリッシュなビートと、鶴ちゃんのシンセが新鮮な「SPARK」好きだな。。 ジュリーみたいな「マーメイド」も。 大瀧風「SUCK」は、、噴いた(笑) サックの鶴ちゃんも好きだ。
で、なんといっても ぶいぶい響くヒーセとアニーのリズム隊は最高。。 ふたり共 ちょっとJazz系な要素が加わった、、

 ***

アルバムタイトルの「THE YELLOW MONKEY IS HERE.」を目にした時、 すぐ想い出したのが 2008年に FLOWER TRAVELLIN' BAND が再結成した時のアルバム「WE ARE HERE」だった(>>) 全員で307歳だった60代、日本のロックを創った人たち、、 ジョーさんには もっともっと 歌っていて欲しかった。。 あのあとの時間が、FTBにはもっと続いて欲しかった、、けと、それは叶わなかった。

MONKEY にいさんたちは鶴ちゃん入れて250歳くらい? 

アニー、、 遅れてごめんなさい。 お誕生日おめでとう♪ 50代へようこそ。
(いま見てきた、あにーぶろぐ>>


 ***

コンサート会場でのテロや、 いろいろ、、 すごく心がしんどくて、、 ついでに体調もしんどくて、、 辛かった時、、 なぜか LOVIN'が夢に出てきてくれて すごくいいことを言ってくれた(おやじギャグじゃないよ)、、 とっても長い夢で、 起きてからもずっと覚えていようとしたんだけど、、 今ではほんの短い部分しか思い出せない、、 

でも、 夢のつづきは、 また逢いに行けばいいんだよね コンサート会場へ。

、、そこにいてくれるんだから。。 4人とも。


、、それまで またかんばって生きていよう。。


自分のつづきを…




この記事をはてなブックマークに追加

カイ・ニールセンの挿画本

2017-05-28 | 文学にまつわるあれこれ(林檎の小道)
前回 ちょっと触れた本のこと・・・




カイ・ニールセン絵 岸田理生訳 『太陽の東・月の西』1979年 新書館

北欧伝説に材をとった絵本。 、、いまは絶版です。


右の本は、『挿絵画家 カイ・ニールセンの世界 (ビジュアル選書)』 平松洋監修 2014年 KADOKAWA/中経出版

 ***

19世紀末からのイギリスに興った 美しい挿画本。 ビアズリー、 アーサー・ラッカム、 エドマンド・デュラック、、などは見たり読んだりしたことありましたが、 このカイ・ニールセンという画家については名前の記憶がありませんでした。 絵などは、 もしかしたら昔、見たことがあるのかも・・・

、、かも・・・ というのは、 先日、やっとこの本を手に取り 絵を眺めた時、 とってもとっても懐かしい感じがしたのは、、 それは 昔見たことがあったからなのか、、 それとも、 1970年代の日本の少女漫画家さん、 特に美大系の 内田善美さん、 山岸涼子さん、 そして前にも書いた(>>) おおやちきさん など、 自分が子供の頃に見た絵の記憶と重なるからなのかもしれません。

特に、 内田善美さん(wiki>>)が 漫画というより ポスターなどのイラストレーションで描いた、 すごく細密で 幻想的な絵の雰囲気にとても似ていると思って、 それですごく懐かしさがあって…

、、本当は 逆なのですよね。 70年代の日本のこれらの漫画家さんが影響を受けたのが、 ラファエル前派の細密画であり、 アール・ヌーボーの曲線であり、 アール・デコの様式美であり、、 その影響下の少女漫画で育ったかつての少女が、 原点となった イギリスの挿画本の作家に遡って 同じ系統にある美しさと懐かしさを発見しているのですから、、、

 ***

この カイ・ニールセンの1979年の本の扉には、 荒俣宏氏の推薦文が載っていて、、

 「…挿絵とは決して書物の下僕(しもべ)ではなく、活字の海の渡し守なのです。 なかでも、イギリスの挿絵黄金期は、夢の世界へ旅する筏を造る名匠たちの時代でした…」 と。


そして、 装丁を手掛けられた 宇野亜喜良氏による カイ・ニールセンの紹介文では

 「かくも多き混淆を生活したイラストレーターも少ないであろう。
  コペンハーゲンで演劇人の子として生まれ、パリで長い舞台生活していた母からはフランスやデンマークの古い唄を聴いて育ち、18歳のとき、パリで美術を学ぶうちビアズレーの様式美に感激し、北斎、広重、歌麿の版画に出会い、やがてニールセン独特の画風を完成させた後…」

、、と、 経歴が簡潔にまとめられています。 そうなのです、 演劇人の父の舞台美術の構図、、 それから 女優の母から聞いた伝説の物語の幻想、、 そして 貿易商だった祖父が持ち帰った日本の版画、、 それらが 1910年代のバレエ・リュスの舞台芸術などとも混ざり合って、 ニールセンの挿絵が生まれたのです。 絵を見ると、 まさにそのことがよくわかります。

北欧伝説の王子や姫は、 妖精族のようにすらりと長身で、 バレエ・リュスに似た衣装とポーズで立ち、、 背景の海は 北斎の富嶽三十六景の青い波、、 

 ***

上の写真の右に載せた本でも、 ニールセンの挿絵と、 北欧伝説の物語はあらすじとして読めるのですが、 挿画のサイズが小さいのと、 物語はあらすじだけなので、 どうしても「言葉」と「絵」の美しさをセットで味わうには足りません。

『太陽の東・月の西』には 6篇の物語が収められていますが、 訳者の岸田理生さんの「語り口」が美しく、、

 「さあさあ、ばあやの夜語りは、一人の兵士と姫君の、数奇な恋の物語。坊やも嬢やも、ねむうなるまで、おききなされ。」 (「青い山の姫君」)

といった感じに始まり、 途中には 物語が「詩」になり、、


 「馬にのって なん日すぎた?
  草の褥(しとね)にいく夜寝た?
  ようやくついた 風の家
  ・・・・・    」
     (『太陽の東・月の西』)

、、このように語られていくのです。 寺山修司などの舞台戯曲を手掛けられた 岸田理生さん(Wiki>>)ならではの言葉の効果的な構成なのかと思います。

 ***

、、と、、 いろいろ紹介しましたが、、 

ひとことで言えば、、 ただただ その絵と 王子と姫の恋物語に 心奪われただけ、、です。


こんな美しい絵と、 うつくしい物語の本が いまはなかなか読むことが出来ないなんて、、。


、、 あ、、 カイ・ニールセンという人は、 イギリスの挿絵本の時代やバレエ・リュスの時代が去っていくと共に、 仕事の場を失い、 ディズニー映画の隆盛の時代がやってきて 誘われてハリウッドへ行き ウォルトの元で働き始めましたが、 (想像しても明らかなように) 絵の傾向がまったく異なりますものね、、 意見の相違などでニールセンは去り、 晩年は忘れ去られて 大変困窮した生活だったと、、、。 悲しいことです。

でも、 日本の少女漫画家たちが 英国挿絵本の作家らの影響を受けた緻密で幻想的な漫画のブームを起こした70年代の終わりに、 こうして ニールセンの絵本が荒俣宏さんの紹介で復活していったというのも、 よくわかる気がしますね。


時代に取り残されても、 時代がどう変わろうと、、


自分が美しいと思う言葉を話し、、 美しいと思うものを求めて

そうして生きていたい。。


あ、、 前回の 「王子さま 助けにきてよ」、、 というのは わたしの独り言ですのでね、、

あの図像の姫さまは、、

 「ひとしきり泣いたあと、 娘はようよう起きあがったのでございます」

 「きっとまいります、 あなた」




、、太陽の東・月の西・・・へ


  強い姫さまなのでありました。。 



*こちらでカイ・ニールセンのイラストの一部が見られます。
Nielsen's Fairy Tale Illustrations in Full Color (Amazon.co.jp)

この記事をはてなブックマークに追加

West of the Moon…

2017-05-19 | 音楽にまつわるあれこれ
きのうは ビリー・ハワーデルさんのお誕生日で、、 でもそうとは知らずにただ twitter の彼のところを見にいったら色とりどりの風船がいっぱい画面に上がっていって… (な、何?)って。。 初めて見ました、 そういうサービスがあったの知らなかったので、、 それでお誕生日だと知って嬉しくなって。。

 ***

きのうはもっと素敵なこと、 楽しいこと、、 書こうと思ったのに。。(ビリーさんのこと以外にも、、わくわくすること、、 大好きなこと)

なのにかなしい知らせ。。




なんで? なんでなの…?

わからないから、、 よけいに かなしくて、、


あなたを愛してくれる人がたくさんいたはずなのに、、 待っててくれる人がたくさんいたはずなのに、、

それに何よりも あなたには素晴らしい 誰にもない才能が神さまから与えられていたのに

なんでそれを手離してしまうの?


よくわからない。。


 ***

なんだか かなしいから、、 いつもの本読みもする気になれなくて、、

さっきからラジオの音楽を聴いてたら、、(そんな気持ちだったのに…)


すごいかっこいいギターが聞こえてきて、、 誰だろう…?って 思わずプレイリスト見にいったの。。 プリンスの Deliverance って曲だった。。 もう一度聴きたいな、、と思って検索したら、、 この曲、 彼が亡くなってからの未発表曲のEPだったんだね、、


なんだか、、 かなしいんだけど、、 でもやっぱりこの世界には美しいもの、 美しい音楽、、 心が塞いでいてもどきっとするような、、 好きになってしまうもの、、 まだまだあるのに。。 

 ***





王子さま、、 助けにきてよ、、、

そんな図像の中にいます。。。


この絵は この方の絵だそうです>>Amazon.co.jp

わたしが見ているのは、 こちらの画集から>>


この記事をはてなブックマークに追加