La Ermita の記録

隠遁生活拠点つくりの、私的記録                      メキシコ、ユカタン半島にて。

2017年06月19日 | 日記

ここんとこ、あまり作業がはかどらない。ほぼ毎日にわか雨が降るため、地面が湿っていて穴も掘りづらいし貝殻も拾いづらいのだ。

ちなみに貝殻は、洗濯場前の砂利敷き用。家の建設工事で使ったきれいな砂利を拾い尽くしてしまい、地面から貝殻くらいしか出てこなくなった。砂利なんか買うのもなんだしどうようかと考えていたんだが、発想を逆転させてやたらと出てくる貝殻を敷くことにした。敷地内のを取り尽くしても、ビーチまで行けば腐るほどある。

 

第2浄化槽の穴は、こんな感じ。

掘ること自体より、掘り出した土を運ぶほうが大変らしい。前からネコ車を買おうと提案していたのに、なぜか買いたがらない。今さら、今さら…と言いながら、結構運ぶものはあるんだが。

 

そして、雨の影響は地面だけではない。もっと大きな問題が、蚊の大発生。

雨の季節になると、保健省や市役所の啓蒙活動が増えてくる。「デング・マラリヤ・ジカ熱などの原因となる蚊を発生させるから、水溜りになるものを作るな、置くな」。メリダだと市役所による殺虫作戦も始まるが、ここでは何も起こらない。プログレソは貧乏市なのでそんな予算はない。しまってあった「水溜り作るな」ポスターを貼り出す程度。

チェレム村は例によって、なーんも気にしてない様子。というのも、とにかく緑が豊かなので、ちょっと殺虫剤を撒いたくらいでは効果は望めないから。以前、代々木公園での散布作業のニュースを見たが、植物があんなもんじゃないので意味がないのだ。

 数日放っておくとこんな感じ。

先月はきれいな砂地だったところ。普段から手入れをしていても、芝生がガンガン芽を出す。道沿いの木も剪定したいんだが、蚊の餌食になるのが目に見えているので手を出せないでいる。晴天の日中で風が強いと比較的少ないのでどうにかしたいが、まあ来月まで待っても変わらんだろう。

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2浄水槽 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。