La Ermita の記録

隠遁生活拠点つくりの、私的記録                      メキシコ、ユカタン半島にて。

ココナツを取る道具

2016年10月10日 | 日記

<本日の工事>

① 床タイル目地(続き)
② 屋根の周り縁(続き)

 

 屋根の周りにブロックを1段。

 屋根の上で見るとこんな感じ。

 壁と面を揃えるためにモルタルを塗る。

 西壁と北壁、完成。

 リビングの床はスラブもタイルも終わっていて、本日は目地。

昨日日曜日も仕事をしていたので、本日はまったりムード。それなら日曜は休んでもいいんじゃないかと思うが、やる気(ノリ)の問題のようです。

 

 気になる道具が転がっていた。

棒の先に半分に切ったペットボトルを刺してある。ペットボトルは、他にも手桶にしたり釘入れにしたりするんだが、この道具は謎。

 答えはこれ!

ココナツの実を(他人の庭から)もぎってくるためのものに違いない。でなければ、「満喫したー!」と言わんばかりの食べカスがこんなに散らばっているわけがない。悪びれずに(これまた)他人の家の脇に放ってあるところもメキシコ。

ちなみに、ココナツがたくさん植わっていて誰も住んでいない土地は、だいたいココナツを商売にしている。ところがうちの斜め後ろの土地だけはそうでもなさそうで、管理もしていないし、納品(取りに来た車に実を積む)しているところなど見たこともない。放っておいて落ちたら腐るか蟻の巣になるか芽が出るだけなので、熟れ頃のをもらったって、別に何の問題もない。(が、ゴミはどうにかしろ)

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JVのアミーゴ | トップ | 中野の御輿くらい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。