La Ermita の記録

隠遁生活拠点つくりの、私的記録                      メキシコ、ユカタン半島にて。

2017年05月14日 | 日記

またしても両親の渡墨にて、その準備とアテンドのため、更新ままならず。もう数回目なので大した準備はないんだが、猫のために使っていた客間を空けたり(床掃除・臭い消し含む)、カーテンをつけたり、窓&網戸をキレイにしたりと、結構バタバタした。

網戸は、網というより手作りならではの隙間にこびりついた砂の掃除。窓はたまにキレイにしてるんだが、前の週に嵐があったため、これまた砂埃がこびりついて掃除。

その嵐、なんと最大瞬間風速26メートルを超える猛烈な嵐で、かつ雨が一滴も降らない、日本人にはなんとも馴染みのない嵐であった。ユカタン名物トゥルボナダという。そして、トゥルボナダ(嵐)のうち5月上旬に来るものを、コルデナソという。聖なんとかという人が鞭でなんとか…という昔話が語源だそうで(要はよくわからない)、ここは年中聖なんとかの日というのがあるので、嵐が来た日の聖人名をつけて呼ぶ。今年のは、コルデナソ・デ・サンタ・クルスという。こんなの

夕方犬の散歩に行って、海の様子がいつもと違うからとっとと帰ろう…なんて話しながら早歩きで帰ってきたら、家の中に入った途端、猛烈な風が吹き始めた。空も暗くなってきたんだが、結局雨はパラパラのパ…くらいしか降らず、ただ窓の外ではヤシの木がゴーゴーと揺れていて、東南アジアのどこかの島に大型台風上陸みたいな状態になった。

そして、お決まりの停電。ヘッドランプとロウソクを出して、今回のはすぐには復旧しないだろうということで冷凍庫の開閉禁止、冷蔵庫も必要最低限、夕飯は常温のものでテキトーに済ます。

風が少々収まって屋根から近所を見渡すと、玄関の電気が付いているところがある(防犯のため、ドアの上の裸電球を留守中つけておく。留守だと言ってるようなもんだと思う)。地域の停電なら待てばいいんだが、うちだけとなると何か行動を起こさなければならないと思って、ちょっと外へ出てみた。近所のお兄ちゃんとすれ違ったので聞いてみたら、町中停電していると言う。あちこちの玄関の電気は?とたずねたら、みんなソーラーだと言う。

へー、そんなにソーラーシステムに頼ってたんだ。そりゃ、これだけ天気が良ければ、太陽光を利用しない手はない。どうせロクな品質じゃないだろと思って電源としては検討もしなかったんだが、確かに非常灯くらいなら大いに役立つであろう。

翌朝、犬には関係ないのでいつも通り散歩に行くと、東南アジアのどこかの島に上陸した大型台風の被害が半端ないみたいな状態で、ヤシの葉やゴミや建設資材が吹き飛ばされていて、ビーチも木の葉や小枝や打ち上げられた海藻で、すごいことになっていた。

そして、お決まりのなーんも気にしてない村民。ちなみにちったぁ都会のメリダでは、信号機が倒れる/街路樹が倒れて車下敷き/ショッピングセンターの大ガラス割れる…などの被害があり、小都会的な騒ぎになっていた。

そして! 翌日も停電は続き、浄水タンクへの給水ポンプが止まったままなので「こりゃ断水時の不便さ再び…か?」と思って心積もりしていたら、そのまた翌日(嵐の二日後)、近所の人が「公社に連絡しないと電気来ない」と教えてくれた。知らなかった。順に復旧するもんだと思っていた。電話したら、切った30秒後についた。

 

 玄関アプローチ。

風で地表の砂が飛ばされて、いろんなところがハゲチョロになった。もちろん、逆に砂山になったところもある。玄関だけはそのままではカッコ悪いので、改めて石灰と小砂利を敷いた。

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグロ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。