まったりのんびり

徒然に

思いつくまま

綴っています。

東電役員の原発事故責任記事

2017-07-01 04:14:51 | 日記
東電の元役員の津波の予測に関して、その津波対策の責任が有るかどうかの裁判が始まったが、日本では先日JR西日本が起こした列車事故で、多くの死傷者が出たにも関わらず、結局当時の役員は無罪になった。

日本では大企業が起こした大事故に対してその管理責任は個人に負わせる事は無理があるのか?
ほとんど最高裁は無罪判決にしている。

今回の東電役員は地震による大津波は予想はできないものとして無罪判決になる気がする。

東電は経産省の原発保安委員会が世界原子力機構から大地震の来た場合のシュミレーションが甘いと指摘され、その報告書を東電も知っていた。
しかしそんな大地震はまだ来ないと無視して、その忠告に対して真剣に送球な対策を講じなかった。

その事は触れないように知らぬ存ぜぬを突き通すのだろうなあ。



アメリカではこんな大事故おこしたら、まずその時の役員は刑事的責任を負うのは当たり、無罪判決なんか判決をだしたら国民が黙ってない!
暴動が起こるのは必須!
だから企業モラルがどんどん下がっていくのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャイナの考えられない食品検査 | トップ | 教育の限界 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。