あとりえ60その2sinceFeb2015

古いブログは住居がまちごと接収解体されました。○○がたまっていたので引越を断念、新規一転の新居で再出発・・byぷろんとひ

HonyaClub(本屋クラブ)は開店休業

2017-07-14 18:52:20 | 日記
自分の街に本屋さんがある・・ こんな幸せは滅多にない
が、この本屋さんに行って並んでいる本を買うことはまずない
地図を詳しく調べるのはネットであるが、大きな土地勘やら更に大きな地球規模の国や都市などを見る印刷した地図などは、棚から手に取って選ぶのが実際的
文芸春秋がやっている、何々賞作品などなどのジャンルは文学とは思ってないこともある

実際本を買うときは、アマゾンで書評をチェックし読む価値を値踏みする
そのまま買い物かごに入れれば、明日には、黒猫さんが宅配だ
しかし、それでは、せっかくの本屋さんもそのうち閉店せざるを得ないだろう
黒猫さんも、こまごましたものを宅配しては経営上不都合である・・ パリ協定にも背を向けることになる

我が町の本屋さんに出向いて注文するのは、実にかったるい・・ 自分だけでなく、店員が昔ながらの注文伝票に手書きするのを見るのはつらい
そこで、その店員に聞いたところ、「本屋クラブ」を薦められた・・ ネットで注文、店頭受け取り・支払いである

1.古賀茂明「日本中枢の狂謀」を買い物かごに入れたが、クリックしてもレジに進めない・・ これはこの本が発禁になったのではなく、HonyaClubのホームページがインターネットエクスプロ―ラー最新レベルに適合できていないことが分かった
セキュリティーが甘いグーグルクロームなどを使ってくれと言われたが、そんな邪道に乗るわけにはゆかず、泣いてアマゾンで購入した

2.堤未果「政府はもう嘘をつけない」を未果さんのHPでアマゾンの下にある本屋クラブをクリックした・・ 何と!「販売終了か、ただ今お取り扱いできない商品です」との仰せである
試しに、未果さんのHPの「アマゾン」をクリックしたところ、在庫複数・・ そのまま進めば明日は猫ちゃんが届けてくれる(金額変わらず、自分の肉体の省エネにはなる)
しかし、この本は古賀茂明の本ほどすぐ読みたいわけではない・・ 未果さんが頑張ってるか知りたかったのが主だ・・ 気が向いたら町の本屋さんの伝票手書きをじっと眺めよう


byぷろんとひ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKが 119番をないがしろ  | トップ | Honyaclub 後刻談 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。